モデルたちが細すぎる! 有名セクシー下着メーカー、売上げが減少

モデルたちが細すぎる! 有名セクシー下着メーカー、売上げが減少

アメリカ生まれの下着ブランド、「ヴィクトリアズ・シークレット」(通称VS)。セクシーな下着を身につけた美しいモデルたちの広告で世界的に有名なブランドだ。しかし、最近の欧米女性たちの流れである「リアル・ウーマン主義」に乗り切れず、下着界の王者の座に長年君臨してきたVSが、他ブランドにその座を奪われてしまった……。


痩せたモデルの起用は今のトレンドに合わない?

 今月8日、ニューヨークにて、アメリカ生まれのセクシーな下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」(Victoria’s Secret通称VS )の恒例ファッション・ショーが開催された。ゴージャスな下着と、天使のような大きな羽をつけてランウェイを歩く美しいモデルたちは“エンジェル”と呼ばれ、今や女優としても有名なミランダ・カーや、世界一稼ぐモデルと言われるジゼル・ブンチェンなどもVSエンジェルの出身だ。

 毎年このショーには大物ゲストが招待され、過去にはジャスティン・ビーバー、リアーナ、ブルーノ・マーズなどが舞台に上がった。その様子は後日、全米ネットでTV放映され、NFLスーパーボールに匹敵するほどそれを楽しみにしているアメリカ女子たちもいると言われている。

 しかし、長年に渡ってブランド下着業界を牽引してきたVSに陰りが見えてきた。アメリカでは数年前からVSに対して「痩せたモデルばかり起用し、多様性に欠ける」というバッシングが上がっていたが、「Me, too」ムーブメントの後押しも受けてか、今回のショーの直前には「VSボイコット運動」にまで発展した。

社会の風潮に合わない自社マーケティングを押し通すと……

 昨今のアメリカでは「Body Shaming」(誰かの体型をからかったり、体型にコメントすること)に繋がることや、「多様性」を重んじないマーケティングだとSNSでバッシングされる傾向が高い。特に女性の外見に関しては、「どんな体型の女性も、みんな同じ女性」という主張を尊重しないと、女性から反旗を翻されることも多い。

 これまでは揺るぎない王者の座に君臨していたVSだが、昨年の売り上げはその前年より5%減少し(2016年$78億ドル、2017年$74億ドル)、視聴率の高さでも知られていた恒例のVSファッション・ショーのTV放送も、910万人が視聴した2014年以降、減少を続け、昨年は500万人にまで下がった(今年のショーの放送予定は12月)。

 これとは反対に、VSの姉妹ブランドでティーンネイジャーを対象にした「Pink」の競合、アメリカン・イーグルの下着ライン「Aerie」は、「Body Shaming」のムーブメントに敏感に対応したことで若いファンを獲得している。素人らしさがある等身大のモデルたちを起用して、今年もっともティーンネイジャーに支持された下着ブランドに選ばれただけでなく、好調な売上げの増加に合わせて年内中に全米に35〜40店舗を新たにオープンする計画だ。

 反感の声やボイコット運動を受けて、VSのマーケティングを指揮するエド・ラゼック氏は、「数年前にプラス・サイズのモデルを起用したが、まったく興味を持たれず、今もそれに興味のある人はいない」と反論。しかしそのコメントが炎上してしまい、インスタグラムのアカウントを閉じた経緯がある。売り上げ減少を取り返す策として焦ったのか、今年のショーのモデルには白斑症を持つ注目のモデル、ウィニー・ハーロウを起用したが、少々遅かった感は否めない。

 そんな崖っぷちに立たされたVSだが、美しい“エンジェル”たちによるファッション・ショーは米国時間12月2日、ABC局でTV放映される。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ ファッション業界

関連する投稿


「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。ハーバード大学やスタンフォード大学――誰もが知る名門校だが、合格しても、このような名門大学には行きたくない人もいるらしい。


ロサンゼルス発 キャンピングカーで泡パーティーを!

ロサンゼルス発 キャンピングカーで泡パーティーを!

結婚式などのお祝いをはじめ、パーティーシーンで欠かせないのが、シャンパンやプロセッコなどスパークリング系ワイン。楽しいひと時をより楽しくしてくれるだけでなく、インスタ映えする新しいパーティー・サービスとは?


学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

アメリカでは多くの子供たちが学校には通わず、親が自宅で教える「ホームスクール」で勉強している。こうしたホームスクールの多くは、オンライン教育を上手に取り入れており、数あるオンライン・プログラムの中には、『ハリー・ポッター』がテーマの科学の授業などもあり、人気を呼んでいる。


【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は下院リベラル派の新人女性議員、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス氏が全米の注目を浴びていることについて。


賛否両論? ユニバーサル・スタジオのおならショー

賛否両論? ユニバーサル・スタジオのおならショー

フロリダのユニバーサル・スタジオで、ちょっと下品なショーが物議を醸している。問題になっているのは、ドリームワークスの人気アニメーション『トロールス』のトロールたちのダンスショー。日本でも人気のアニメだが、小さな子供を持つ親たちは少々困惑しているようだ。






最新の投稿


「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。ハーバード大学やスタンフォード大学――誰もが知る名門校だが、合格しても、このような名門大学には行きたくない人もいるらしい。


成功への選択「素直な心」2019年2月22日~2月28日

成功への選択「素直な心」2019年2月22日~2月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


ロサンゼルス発 キャンピングカーで泡パーティーを!

ロサンゼルス発 キャンピングカーで泡パーティーを!

結婚式などのお祝いをはじめ、パーティーシーンで欠かせないのが、シャンパンやプロセッコなどスパークリング系ワイン。楽しいひと時をより楽しくしてくれるだけでなく、インスタ映えする新しいパーティー・サービスとは?


大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、保守派が多く住むと言われるテキサス州で、人々はどのように軍人を見ているのかがわかるニュースにまつわる話。


学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

アメリカでは多くの子供たちが学校には通わず、親が自宅で教える「ホームスクール」で勉強している。こうしたホームスクールの多くは、オンライン教育を上手に取り入れており、数あるオンライン・プログラムの中には、『ハリー・ポッター』がテーマの科学の授業などもあり、人気を呼んでいる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング