モデルたちが細すぎる! 有名セクシー下着メーカー、売上げが減少

モデルたちが細すぎる! 有名セクシー下着メーカー、売上げが減少

アメリカ生まれの下着ブランド、「ヴィクトリアズ・シークレット」(通称VS)。セクシーな下着を身につけた美しいモデルたちの広告で世界的に有名なブランドだ。しかし、最近の欧米女性たちの流れである「リアル・ウーマン主義」に乗り切れず、下着界の王者の座に長年君臨してきたVSが、他ブランドにその座を奪われてしまった……。


痩せたモデルの起用は今のトレンドに合わない?

 今月8日、ニューヨークにて、アメリカ生まれのセクシーな下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」(Victoria’s Secret通称VS )の恒例ファッション・ショーが開催された。ゴージャスな下着と、天使のような大きな羽をつけてランウェイを歩く美しいモデルたちは“エンジェル”と呼ばれ、今や女優としても有名なミランダ・カーや、世界一稼ぐモデルと言われるジゼル・ブンチェンなどもVSエンジェルの出身だ。

 毎年このショーには大物ゲストが招待され、過去にはジャスティン・ビーバー、リアーナ、ブルーノ・マーズなどが舞台に上がった。その様子は後日、全米ネットでTV放映され、NFLスーパーボールに匹敵するほどそれを楽しみにしているアメリカ女子たちもいると言われている。

 しかし、長年に渡ってブランド下着業界を牽引してきたVSに陰りが見えてきた。アメリカでは数年前からVSに対して「痩せたモデルばかり起用し、多様性に欠ける」というバッシングが上がっていたが、「Me, too」ムーブメントの後押しも受けてか、今回のショーの直前には「VSボイコット運動」にまで発展した。

社会の風潮に合わない自社マーケティングを押し通すと……

 昨今のアメリカでは「Body Shaming」(誰かの体型をからかったり、体型にコメントすること)に繋がることや、「多様性」を重んじないマーケティングだとSNSでバッシングされる傾向が高い。特に女性の外見に関しては、「どんな体型の女性も、みんな同じ女性」という主張を尊重しないと、女性から反旗を翻されることも多い。

 これまでは揺るぎない王者の座に君臨していたVSだが、昨年の売り上げはその前年より5%減少し(2016年$78億ドル、2017年$74億ドル)、視聴率の高さでも知られていた恒例のVSファッション・ショーのTV放送も、910万人が視聴した2014年以降、減少を続け、昨年は500万人にまで下がった(今年のショーの放送予定は12月)。

 これとは反対に、VSの姉妹ブランドでティーンネイジャーを対象にした「Pink」の競合、アメリカン・イーグルの下着ライン「Aerie」は、「Body Shaming」のムーブメントに敏感に対応したことで若いファンを獲得している。素人らしさがある等身大のモデルたちを起用して、今年もっともティーンネイジャーに支持された下着ブランドに選ばれただけでなく、好調な売上げの増加に合わせて年内中に全米に35〜40店舗を新たにオープンする計画だ。

 反感の声やボイコット運動を受けて、VSのマーケティングを指揮するエド・ラゼック氏は、「数年前にプラス・サイズのモデルを起用したが、まったく興味を持たれず、今もそれに興味のある人はいない」と反論。しかしそのコメントが炎上してしまい、インスタグラムのアカウントを閉じた経緯がある。売り上げ減少を取り返す策として焦ったのか、今年のショーのモデルには白斑症を持つ注目のモデル、ウィニー・ハーロウを起用したが、少々遅かった感は否めない。

 そんな崖っぷちに立たされたVSだが、美しい“エンジェル”たちによるファッション・ショーは米国時間12月2日、ABC局でTV放映される。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ ファッション業界

関連する投稿


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。






最新の投稿


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング