モデルたちが細すぎる! 有名セクシー下着メーカー、売上げが減少

モデルたちが細すぎる! 有名セクシー下着メーカー、売上げが減少

アメリカ生まれの下着ブランド、「ヴィクトリアズ・シークレット」(通称VS)。セクシーな下着を身につけた美しいモデルたちの広告で世界的に有名なブランドだ。しかし、最近の欧米女性たちの流れである「リアル・ウーマン主義」に乗り切れず、下着界の王者の座に長年君臨してきたVSが、他ブランドにその座を奪われてしまった……。


痩せたモデルの起用は今のトレンドに合わない?

 今月8日、ニューヨークにて、アメリカ生まれのセクシーな下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」(Victoria’s Secret通称VS )の恒例ファッション・ショーが開催された。ゴージャスな下着と、天使のような大きな羽をつけてランウェイを歩く美しいモデルたちは“エンジェル”と呼ばれ、今や女優としても有名なミランダ・カーや、世界一稼ぐモデルと言われるジゼル・ブンチェンなどもVSエンジェルの出身だ。

 毎年このショーには大物ゲストが招待され、過去にはジャスティン・ビーバー、リアーナ、ブルーノ・マーズなどが舞台に上がった。その様子は後日、全米ネットでTV放映され、NFLスーパーボールに匹敵するほどそれを楽しみにしているアメリカ女子たちもいると言われている。

 しかし、長年に渡ってブランド下着業界を牽引してきたVSに陰りが見えてきた。アメリカでは数年前からVSに対して「痩せたモデルばかり起用し、多様性に欠ける」というバッシングが上がっていたが、「Me, too」ムーブメントの後押しも受けてか、今回のショーの直前には「VSボイコット運動」にまで発展した。

社会の風潮に合わない自社マーケティングを押し通すと……

 昨今のアメリカでは「Body Shaming」(誰かの体型をからかったり、体型にコメントすること)に繋がることや、「多様性」を重んじないマーケティングだとSNSでバッシングされる傾向が高い。特に女性の外見に関しては、「どんな体型の女性も、みんな同じ女性」という主張を尊重しないと、女性から反旗を翻されることも多い。

 これまでは揺るぎない王者の座に君臨していたVSだが、昨年の売り上げはその前年より5%減少し(2016年$78億ドル、2017年$74億ドル)、視聴率の高さでも知られていた恒例のVSファッション・ショーのTV放送も、910万人が視聴した2014年以降、減少を続け、昨年は500万人にまで下がった(今年のショーの放送予定は12月)。

 これとは反対に、VSの姉妹ブランドでティーンネイジャーを対象にした「Pink」の競合、アメリカン・イーグルの下着ライン「Aerie」は、「Body Shaming」のムーブメントに敏感に対応したことで若いファンを獲得している。素人らしさがある等身大のモデルたちを起用して、今年もっともティーンネイジャーに支持された下着ブランドに選ばれただけでなく、好調な売上げの増加に合わせて年内中に全米に35〜40店舗を新たにオープンする計画だ。

 反感の声やボイコット運動を受けて、VSのマーケティングを指揮するエド・ラゼック氏は、「数年前にプラス・サイズのモデルを起用したが、まったく興味を持たれず、今もそれに興味のある人はいない」と反論。しかしそのコメントが炎上してしまい、インスタグラムのアカウントを閉じた経緯がある。売り上げ減少を取り返す策として焦ったのか、今年のショーのモデルには白斑症を持つ注目のモデル、ウィニー・ハーロウを起用したが、少々遅かった感は否めない。

 そんな崖っぷちに立たされたVSだが、美しい“エンジェル”たちによるファッション・ショーは米国時間12月2日、ABC局でTV放映される。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ ファッション業界

関連する投稿


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

巨額の資産を持つドイツの令嬢になりすましてニューヨークの社交界に入り、高級ホテルの宿泊費やプライベートジェットのフライト代などを踏み倒して有罪判決を受けていた女性詐欺師、アナ・ソロキン。今月、同被告に4~12年の禁固刑が言い渡されたことで再び法廷での彼女の服装や、他の女性被告たちの服装に注目が集まった。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?






最新の投稿


奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ大統領に対抗するリベラル派の大統領候補や政治家たちが「過去の奴隷制に対して賠償金を払うべき」と訴えていることについて、保守派の見解を解説する。


今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング