モデルたちが細すぎる! 有名セクシー下着メーカー、売上げが減少

モデルたちが細すぎる! 有名セクシー下着メーカー、売上げが減少

アメリカ生まれの下着ブランド、「ヴィクトリアズ・シークレット」(通称VS)。セクシーな下着を身につけた美しいモデルたちの広告で世界的に有名なブランドだ。しかし、最近の欧米女性たちの流れである「リアル・ウーマン主義」に乗り切れず、下着界の王者の座に長年君臨してきたVSが、他ブランドにその座を奪われてしまった……。


痩せたモデルの起用は今のトレンドに合わない?

 今月8日、ニューヨークにて、アメリカ生まれのセクシーな下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」(Victoria’s Secret通称VS )の恒例ファッション・ショーが開催された。ゴージャスな下着と、天使のような大きな羽をつけてランウェイを歩く美しいモデルたちは“エンジェル”と呼ばれ、今や女優としても有名なミランダ・カーや、世界一稼ぐモデルと言われるジゼル・ブンチェンなどもVSエンジェルの出身だ。

 毎年このショーには大物ゲストが招待され、過去にはジャスティン・ビーバー、リアーナ、ブルーノ・マーズなどが舞台に上がった。その様子は後日、全米ネットでTV放映され、NFLスーパーボールに匹敵するほどそれを楽しみにしているアメリカ女子たちもいると言われている。

 しかし、長年に渡ってブランド下着業界を牽引してきたVSに陰りが見えてきた。アメリカでは数年前からVSに対して「痩せたモデルばかり起用し、多様性に欠ける」というバッシングが上がっていたが、「Me, too」ムーブメントの後押しも受けてか、今回のショーの直前には「VSボイコット運動」にまで発展した。

社会の風潮に合わない自社マーケティングを押し通すと……

 昨今のアメリカでは「Body Shaming」(誰かの体型をからかったり、体型にコメントすること)に繋がることや、「多様性」を重んじないマーケティングだとSNSでバッシングされる傾向が高い。特に女性の外見に関しては、「どんな体型の女性も、みんな同じ女性」という主張を尊重しないと、女性から反旗を翻されることも多い。

 これまでは揺るぎない王者の座に君臨していたVSだが、昨年の売り上げはその前年より5%減少し(2016年$78億ドル、2017年$74億ドル)、視聴率の高さでも知られていた恒例のVSファッション・ショーのTV放送も、910万人が視聴した2014年以降、減少を続け、昨年は500万人にまで下がった(今年のショーの放送予定は12月)。

 これとは反対に、VSの姉妹ブランドでティーンネイジャーを対象にした「Pink」の競合、アメリカン・イーグルの下着ライン「Aerie」は、「Body Shaming」のムーブメントに敏感に対応したことで若いファンを獲得している。素人らしさがある等身大のモデルたちを起用して、今年もっともティーンネイジャーに支持された下着ブランドに選ばれただけでなく、好調な売上げの増加に合わせて年内中に全米に35〜40店舗を新たにオープンする計画だ。

 反感の声やボイコット運動を受けて、VSのマーケティングを指揮するエド・ラゼック氏は、「数年前にプラス・サイズのモデルを起用したが、まったく興味を持たれず、今もそれに興味のある人はいない」と反論。しかしそのコメントが炎上してしまい、インスタグラムのアカウントを閉じた経緯がある。売り上げ減少を取り返す策として焦ったのか、今年のショーのモデルには白斑症を持つ注目のモデル、ウィニー・ハーロウを起用したが、少々遅かった感は否めない。

 そんな崖っぷちに立たされたVSだが、美しい“エンジェル”たちによるファッション・ショーは米国時間12月2日、ABC局でTV放映される。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ ファッション業界

関連する投稿


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?


それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は「ハウジング・ブーム」、つまり不動産ブームに沸く南部における、驚きの家の探し方をご紹介しよう。


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?


全米にじわじわと広がる「食べられるスプーン」ムーブメント

全米にじわじわと広がる「食べられるスプーン」ムーブメント

「食べられるスプーン」がアメリカで人気が出始めている。環境保護の観点から、プラスチック・ストローの使用を違法とする州なども増え、食にまつわる常識が変わりゆくアメリカ。食べられるスプーンは時代のニーズ的にも合っているようだ。






最新の投稿


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は世界的な大企業のシェル石油が気候変動抑制を支持し、長年の米国でのロビー活動をやめると発表したことについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング