アメリカでは夫婦で同じ人に投票するのが当然なのか?

アメリカでは夫婦で同じ人に投票するのが当然なのか?

アメリカ人男性と聞いて、あなたが思い浮かべるのはどんな男性像だろうか? 個人の意見を尊重する男性が多そうだが、意外にも……


憂鬱な選挙シーズンと夫婦の会話

 去る11月6日、アメリカの中間選挙が行われた。選挙の時期になると、夫婦の間で話題に上ることの多くが「政治の話」と決まっている。かく言う我が家も、選挙の数週間前から候補者のカタログを片手に激論が開始された。ときには夫婦でも考えが異なるため、話合いにはかなりの労力が必要だった。

 リベラルと保守で国が分断したと騒がれるようになってからというもの、夫婦間で支持する政治的思想が一致していることは重要だと常に感じる。大恋愛の末に結婚したところで、それが一致していないと段々と溝が生じてしまうからだ。

 以前にもこの連載で書いたが、知り合いの中にも支持政党が違うことで、離婚してしまった人たちが数組いる。今年の中間選挙前にも、何組かが離婚協議に入ったが、原因のひとつはやはり「政治」だった。ある友人が「選挙の時は、世の中がすべて発狂気味になるから、夫との会話すら憂鬱になる」と話していたが、それはある意味正しい。私自身も憂鬱だったので、深くうなずけた。

昭和の頑固親父よりも強烈なマッチョ夫たち

 日本には「昭和の頑固親父」という言葉がある。昔、さだまさしさんが歌った「関白宣言」を地で行くような人は、こうした親父の定義になるかもしれない。「俺より先に寝るな、飯は上手く作って綺麗でいろ」と、言葉にするとトンでもない感じだ。「そんな人はアメリカにはいないだろう」とほとんどの人は思うだろうし、国が違うので「ちゃぶ台」をひっくり返すような真似をする人はいないが、「黙って俺についてこい」的なマッチョ男性の比重は高いと言える。

 こうした男性は、総じて優しい。レディファーストを重んじ、とても紳士的で、妻を大事にする。しかし裏返すと、彼らの多くは生活を支え、妻や子供を守る代わりに、「家族」というひとつの単位で何かを決めることを好む傾向が強く、選挙についても、それは何ら変わらない。

 子供の学校のPTAの会合で「夫婦で同じ人に投票するか?」と質問したところ、15組ほどのカップルが口を揃えて「当然だろう?」と言ったのを聞いたときには、驚愕した。「意見が違えば、夫に従う。夫婦はチームなのだから、同じ候補者を支持するのが一番よい」ということらしいが、ある意味スゴイ考え方だと思った。

 こうしたアメリカの意外な一面を知るたびに、日本で語られているアメリカのイメージは、一体何だったのかと思えてしまう。アメリカは自由の国だが、ある部分においては日本よりも保守的で、自由は許されない国でもある。知らないアメリカに出会うたび、「この国は面白い」と、人ごとのように感じている自分に苦笑いしている。

この記事の寄稿者

青山学院大学卒業。コマーシャルなどの映像コーディネーターを経て1998 年、宝塚歌劇団香港公演の制作に参加。その後プロデューサーに転身。株式会社MJ コンテスほか複数企業の代表として、ネバダ州立大学公認のピラティススタジオ日本進出事業や各種研修事業、2007 年に行われた松任谷由実の 「ユーミン・スペクタクル シャングリラⅢ」をはじめとする国内外の舞台・イベント制作など、さまざまな事業を展開。これまでにベストセラー数冊を含む70以上の書籍、DVD 作品を企画、プロデュース。現在も様々な事業を展開しながら“Go Tiny”(大切なものが、すべて半径5メートル以内にあることに気づこう!の意)というライフスタイルの提案も展開中。

関連する投稿


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?


それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は「ハウジング・ブーム」、つまり不動産ブームに沸く南部における、驚きの家の探し方をご紹介しよう。


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?


全米にじわじわと広がる「食べられるスプーン」ムーブメント

全米にじわじわと広がる「食べられるスプーン」ムーブメント

「食べられるスプーン」がアメリカで人気が出始めている。環境保護の観点から、プラスチック・ストローの使用を違法とする州なども増え、食にまつわる常識が変わりゆくアメリカ。食べられるスプーンは時代のニーズ的にも合っているようだ。






最新の投稿


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は世界的な大企業のシェル石油が気候変動抑制を支持し、長年の米国でのロビー活動をやめると発表したことについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング