アメリカでは夫婦で同じ人に投票するのが当然なのか?

アメリカでは夫婦で同じ人に投票するのが当然なのか?

アメリカ人男性と聞いて、あなたが思い浮かべるのはどんな男性像だろうか? 個人の意見を尊重する男性が多そうだが、意外にも……


憂鬱な選挙シーズンと夫婦の会話

 去る11月6日、アメリカの中間選挙が行われた。選挙の時期になると、夫婦の間で話題に上ることの多くが「政治の話」と決まっている。かく言う我が家も、選挙の数週間前から候補者のカタログを片手に激論が開始された。ときには夫婦でも考えが異なるため、話合いにはかなりの労力が必要だった。

 リベラルと保守で国が分断したと騒がれるようになってからというもの、夫婦間で支持する政治的思想が一致していることは重要だと常に感じる。大恋愛の末に結婚したところで、それが一致していないと段々と溝が生じてしまうからだ。

 以前にもこの連載で書いたが、知り合いの中にも支持政党が違うことで、離婚してしまった人たちが数組いる。今年の中間選挙前にも、何組かが離婚協議に入ったが、原因のひとつはやはり「政治」だった。ある友人が「選挙の時は、世の中がすべて発狂気味になるから、夫との会話すら憂鬱になる」と話していたが、それはある意味正しい。私自身も憂鬱だったので、深くうなずけた。

昭和の頑固親父よりも強烈なマッチョ夫たち

 日本には「昭和の頑固親父」という言葉がある。昔、さだまさしさんが歌った「関白宣言」を地で行くような人は、こうした親父の定義になるかもしれない。「俺より先に寝るな、飯は上手く作って綺麗でいろ」と、言葉にするとトンでもない感じだ。「そんな人はアメリカにはいないだろう」とほとんどの人は思うだろうし、国が違うので「ちゃぶ台」をひっくり返すような真似をする人はいないが、「黙って俺についてこい」的なマッチョ男性の比重は高いと言える。

 こうした男性は、総じて優しい。レディファーストを重んじ、とても紳士的で、妻を大事にする。しかし裏返すと、彼らの多くは生活を支え、妻や子供を守る代わりに、「家族」というひとつの単位で何かを決めることを好む傾向が強く、選挙についても、それは何ら変わらない。

 子供の学校のPTAの会合で「夫婦で同じ人に投票するか?」と質問したところ、15組ほどのカップルが口を揃えて「当然だろう?」と言ったのを聞いたときには、驚愕した。「意見が違えば、夫に従う。夫婦はチームなのだから、同じ候補者を支持するのが一番よい」ということらしいが、ある意味スゴイ考え方だと思った。

 こうしたアメリカの意外な一面を知るたびに、日本で語られているアメリカのイメージは、一体何だったのかと思えてしまう。アメリカは自由の国だが、ある部分においては日本よりも保守的で、自由は許されない国でもある。知らないアメリカに出会うたび、「この国は面白い」と、人ごとのように感じている自分に苦笑いしている。

この記事の寄稿者

青山学院大学卒業。コマーシャルなどの映像コーディネーターを経て1998 年、宝塚歌劇団香港公演の制作に参加。その後プロデューサーに転身。株式会社MJ コンテスほか複数企業の代表として、ネバダ州立大学公認のピラティススタジオ日本進出事業や各種研修事業、2007 年に行われた松任谷由実の 「ユーミン・スペクタクル シャングリラⅢ」をはじめとする国内外の舞台・イベント制作など、さまざまな事業を展開。これまでにベストセラー数冊を含む70以上の書籍、DVD 作品を企画、プロデュース。現在も様々な事業を展開しながら“Go Tiny”(大切なものが、すべて半径5メートル以内にあることに気づこう!の意)というライフスタイルの提案も展開中。

関連する投稿


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。


「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

アメリカ西海岸にはリベラルな州が集中しているが、なかでもワシントン州は圧倒的にリベラル派が多く住む土地だ。同州在住で、トランプ大統領と共和党の政策にまっこうから反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤が「トランプを支持しない人たちの声」をお届けする。今回は声を上げずに隠れている共和党の政治家たちについて。


MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

米マサチューセッツ工科大学(MIT)傘下の名門研究所MITメディアラボの所長を務めていた伊藤穣一氏が、少女への性的虐待疑惑で起訴された刑務所で自殺した米富豪ジェフリー・エプスタイン氏との関係を表す証拠メールが公表された直後、メディアラボ所長を辞任した。


二極化するアメリカを操るのは富者

二極化するアメリカを操るのは富者

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はここまで分断が進んでしまったアメリカを操るのは誰なのか、リベラルな著者の見解を披露する。


【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はタイム誌の「共和党はアメリカを白人共和国にするためにトランプを支持し、アメリカを破壊しようとしている」という記事について。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング