アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンエイジャー6,000人を対象に実施されたアンケート調査。平均年齢16歳のティーンたちが支持するアパレル・ブランドのベスト10、そしてファストフード・チェーン店のベスト5とは?


ティーンは今年もアスレチック系アパレルを支持

 毎年、春と秋に投資会社のパイパー・ジャフレイ社が実施しているアメリカのティーンエイジャーの消費傾向調査。今回は全米6,000人のティーンエイジャー、平均年齢16歳を対象に彼らが今、最も好きなブランドや食べ物などを調査した。まずは、ティーンが選んだアパレル・ブランドのベスト10の結果は下記。

10位:Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)
9位:Vans(ヴァンズ)
8位:Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)
7位:H&M(エイチ&エム)
6位:Hollister(ホリスター)
5位:PacSun(パックサン)
4位:Forever 21(フォレバー21)
3位:Adidas(アディダス)
2位:American Eagle(アメリカン・イーグル)
1位:Nike(ナイキ)

 堂々1位に輝いたのは、ティーンたちからの絶大な人気を誇る「ナイキ」。ナイキといえばスニーカーが有名だが、同調査でアイテムを靴だけに絞ったベスト10では、首位の座を転落。アディダス、ヴァンズ、ルルレモンよりもランキングが下だった。ティーンが支持するアパレルのベスト10には、アスレチック・ウェアを主軸にしたブランドが多く、この数年のティーンのトレンドを踏襲した結果となった。

やっぱりティーンはガッツリ系ファストフードが好き

 ティーンのお小遣いでも行きやすいファストフード店は、毎年の調査項目のひとつ。今回の上位5店には、日本にはまだ上陸していないチェーンも2社入った。

5位:Taco Bell (タコベル)
4 位:Chipotle Mexican Grill(チポトレ)
3位:McDonald’s(マクドナルド)
2位:Starbucks(スターバックス)
1位:Chick-fil-A(チックフィレイ)

 ファストフード店の1位に輝いた「Chick-fil-A」は日本未上陸のフライドチキン店。チキンやバーガーが他のファストフード店に比較して高品質で、カスタマーサービスも良いと米国内で最も利益を上げているファストフード・チェーンだ。

 2位と3位は説明いらずだが、4位のチポトレのブリトーやタコスは目の前で好きなヘルシー具材を選べるだけでなく、モバイルでの注文システムも取り入れたことで若者の支持が増えたようだ。日本上陸を果たしたタコベルも、少しでもヘルシーなイメージを出すべく、なんとビーガン用メニューも始めた点などがティーン女子から注目を得る結果に繋がった。

 このようにファストフード店でも、ビーガンやベジタリアン・メニューがあることが必須となってきたアメリカ。東京オリンピックを控えた日本にも、この流れは波及しそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。






最新の投稿


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング