アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンエイジャー6,000人を対象に実施されたアンケート調査。平均年齢16歳のティーンたちが支持するアパレル・ブランドのベスト10、そしてファストフード・チェーン店のベスト5とは?


ティーンは今年もアスレチック系アパレルを支持

 毎年、春と秋に投資会社のパイパー・ジャフレイ社が実施しているアメリカのティーンエイジャーの消費傾向調査。今回は全米6,000人のティーンエイジャー、平均年齢16歳を対象に彼らが今、最も好きなブランドや食べ物などを調査した。まずは、ティーンが選んだアパレル・ブランドのベスト10の結果は下記。

10位:Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)
9位:Vans(ヴァンズ)
8位:Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)
7位:H&M(エイチ&エム)
6位:Hollister(ホリスター)
5位:PacSun(パックサン)
4位:Forever 21(フォレバー21)
3位:Adidas(アディダス)
2位:American Eagle(アメリカン・イーグル)
1位:Nike(ナイキ)

 堂々1位に輝いたのは、ティーンたちからの絶大な人気を誇る「ナイキ」。ナイキといえばスニーカーが有名だが、同調査でアイテムを靴だけに絞ったベスト10では、首位の座を転落。アディダス、ヴァンズ、ルルレモンよりもランキングが下だった。ティーンが支持するアパレルのベスト10には、アスレチック・ウェアを主軸にしたブランドが多く、この数年のティーンのトレンドを踏襲した結果となった。

やっぱりティーンはガッツリ系ファストフードが好き

 ティーンのお小遣いでも行きやすいファストフード店は、毎年の調査項目のひとつ。今回の上位5店には、日本にはまだ上陸していないチェーンも2社入った。

5位:Taco Bell (タコベル)
4 位:Chipotle Mexican Grill(チポトレ)
3位:McDonald’s(マクドナルド)
2位:Starbucks(スターバックス)
1位:Chick-fil-A(チックフィレイ)

 ファストフード店の1位に輝いた「Chick-fil-A」は日本未上陸のフライドチキン店。チキンやバーガーが他のファストフード店に比較して高品質で、カスタマーサービスも良いと米国内で最も利益を上げているファストフード・チェーンだ。

 2位と3位は説明いらずだが、4位のチポトレのブリトーやタコスは目の前で好きなヘルシー具材を選べるだけでなく、モバイルでの注文システムも取り入れたことで若者の支持が増えたようだ。日本上陸を果たしたタコベルも、少しでもヘルシーなイメージを出すべく、なんとビーガン用メニューも始めた点などがティーン女子から注目を得る結果に繋がった。

 このようにファストフード店でも、ビーガンやベジタリアン・メニューがあることが必須となってきたアメリカ。東京オリンピックを控えた日本にも、この流れは波及しそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。ハーバード大学やスタンフォード大学――誰もが知る名門校だが、合格しても、このような名門大学には行きたくない人もいるらしい。


ロサンゼルス発 キャンピングカーで泡パーティーを!

ロサンゼルス発 キャンピングカーで泡パーティーを!

結婚式などのお祝いをはじめ、パーティーシーンで欠かせないのが、シャンパンやプロセッコなどスパークリング系ワイン。楽しいひと時をより楽しくしてくれるだけでなく、インスタ映えする新しいパーティー・サービスとは?


学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

アメリカでは多くの子供たちが学校には通わず、親が自宅で教える「ホームスクール」で勉強している。こうしたホームスクールの多くは、オンライン教育を上手に取り入れており、数あるオンライン・プログラムの中には、『ハリー・ポッター』がテーマの科学の授業などもあり、人気を呼んでいる。


【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は下院リベラル派の新人女性議員、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス氏が全米の注目を浴びていることについて。


賛否両論? ユニバーサル・スタジオのおならショー

賛否両論? ユニバーサル・スタジオのおならショー

フロリダのユニバーサル・スタジオで、ちょっと下品なショーが物議を醸している。問題になっているのは、ドリームワークスの人気アニメーション『トロールス』のトロールたちのダンスショー。日本でも人気のアニメだが、小さな子供を持つ親たちは少々困惑しているようだ。






最新の投稿


「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。ハーバード大学やスタンフォード大学――誰もが知る名門校だが、合格しても、このような名門大学には行きたくない人もいるらしい。


成功への選択「素直な心」2019年2月22日~2月28日

成功への選択「素直な心」2019年2月22日~2月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


ロサンゼルス発 キャンピングカーで泡パーティーを!

ロサンゼルス発 キャンピングカーで泡パーティーを!

結婚式などのお祝いをはじめ、パーティーシーンで欠かせないのが、シャンパンやプロセッコなどスパークリング系ワイン。楽しいひと時をより楽しくしてくれるだけでなく、インスタ映えする新しいパーティー・サービスとは?


大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、保守派が多く住むと言われるテキサス州で、人々はどのように軍人を見ているのかがわかるニュースにまつわる話。


学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

アメリカでは多くの子供たちが学校には通わず、親が自宅で教える「ホームスクール」で勉強している。こうしたホームスクールの多くは、オンライン教育を上手に取り入れており、数あるオンライン・プログラムの中には、『ハリー・ポッター』がテーマの科学の授業などもあり、人気を呼んでいる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング