アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンエイジャー6,000人を対象に実施されたアンケート調査。平均年齢16歳のティーンたちが支持するアパレル・ブランドのベスト10、そしてファストフード・チェーン店のベスト5とは?


ティーンは今年もアスレチック系アパレルを支持

 毎年、春と秋に投資会社のパイパー・ジャフレイ社が実施しているアメリカのティーンエイジャーの消費傾向調査。今回は全米6,000人のティーンエイジャー、平均年齢16歳を対象に彼らが今、最も好きなブランドや食べ物などを調査した。まずは、ティーンが選んだアパレル・ブランドのベスト10の結果は下記。

10位:Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)
9位:Vans(ヴァンズ)
8位:Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)
7位:H&M(エイチ&エム)
6位:Hollister(ホリスター)
5位:PacSun(パックサン)
4位:Forever 21(フォレバー21)
3位:Adidas(アディダス)
2位:American Eagle(アメリカン・イーグル)
1位:Nike(ナイキ)

 堂々1位に輝いたのは、ティーンたちからの絶大な人気を誇る「ナイキ」。ナイキといえばスニーカーが有名だが、同調査でアイテムを靴だけに絞ったベスト10では、首位の座を転落。アディダス、ヴァンズ、ルルレモンよりもランキングが下だった。ティーンが支持するアパレルのベスト10には、アスレチック・ウェアを主軸にしたブランドが多く、この数年のティーンのトレンドを踏襲した結果となった。

やっぱりティーンはガッツリ系ファストフードが好き

 ティーンのお小遣いでも行きやすいファストフード店は、毎年の調査項目のひとつ。今回の上位5店には、日本にはまだ上陸していないチェーンも2社入った。

5位:Taco Bell (タコベル)
4 位:Chipotle Mexican Grill(チポトレ)
3位:McDonald’s(マクドナルド)
2位:Starbucks(スターバックス)
1位:Chick-fil-A(チックフィレイ)

 ファストフード店の1位に輝いた「Chick-fil-A」は日本未上陸のフライドチキン店。チキンやバーガーが他のファストフード店に比較して高品質で、カスタマーサービスも良いと米国内で最も利益を上げているファストフード・チェーンだ。

 2位と3位は説明いらずだが、4位のチポトレのブリトーやタコスは目の前で好きなヘルシー具材を選べるだけでなく、モバイルでの注文システムも取り入れたことで若者の支持が増えたようだ。日本上陸を果たしたタコベルも、少しでもヘルシーなイメージを出すべく、なんとビーガン用メニューも始めた点などがティーン女子から注目を得る結果に繋がった。

 このようにファストフード店でも、ビーガンやベジタリアン・メニューがあることが必須となってきたアメリカ。東京オリンピックを控えた日本にも、この流れは波及しそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカで最もビジネスに適した州、2019年の第1位は?

アメリカで最もビジネスに適した州、2019年の第1位は?

今年も米CNBC恒例の「ビジネスに最適な州ランキング」の調査結果が発表された。大手日本企業各社の進出先として全米から注目を集めたテキサス州は、昨年の1位から2位の座へ転落。そのテキサス州を抜いて堂々1位の座についたのは、昨年4位から浮上したバージニア州だ。


こんなに違う! アメリカの「就活」常識

こんなに違う! アメリカの「就活」常識

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届け。今回は日本とは異なる、アメリカの「就活」の常識について。


アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカでは、夏の行楽シーズンや、卒業・学年末などのシーズンになると「SignUpGenius(サインナップ・ジニアス)」というサイトを使ったEメールが頻繁に飛び交う。学校やサークル、ボランティア活動、様々な集会などに欠かせない便利なツールの具体的な使われ方とは?


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

巨額の資産を持つドイツの令嬢になりすましてニューヨークの社交界に入り、高級ホテルの宿泊費やプライベートジェットのフライト代などを踏み倒して有罪判決を受けていた女性詐欺師、アナ・ソロキン。今月、同被告に4~12年の禁固刑が言い渡されたことで再び法廷での彼女の服装や、他の女性被告たちの服装に注目が集まった。






最新の投稿


【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はタイム誌の「共和党はアメリカを白人共和国にするためにトランプを支持し、アメリカを破壊しようとしている」という記事について。


世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港が、8月20日から空港内における使い捨ての飲料水入りペットボトルの販売を禁止することを発表した。世界的にプラスチック製ゴミの問題が大きくなる中、それを減らすために市をあげて取り組む姿勢だ。


今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

先月開催されたアマゾン・ドットコム社による恒例の大バーゲン、アマゾン・プライムデー。毎年、たった1日で爆発的に売れた商品がいくつか出現するので、話題になる。今年アメリカで飛び抜けて売れた商品を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アメリカで家を新築するのはなかなか大変

アメリカで家を新築するのはなかなか大変

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は長年住んだアーカンソー州から、同じく南部のケンタッキー州へ引っ越した話。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング