ディズニーも開発! VR、ARの一歩先を行く特殊技術「MR」とは?

ディズニーも開発! VR、ARの一歩先を行く特殊技術「MR」とは?

VR(Virtual Reality/仮想現実)やAR(Augmented Reality/拡張現実)という言葉はすでに世の中に浸透した感があるが、MRという言葉はまだ耳慣れないのでは? MRとはMixed Reality、つまり「複合現実」のこと。時代は確実にこの「MR」に向かっているという。


驚愕! ディズニーが開発した「マジック・ベンチ」

 昨年ディズニー・リサーチが発表した「マジック・ベンチ」。ベンチに座るだけで、コンピュータグラフィックス(CG)で映し出されるキャラクターと空間を共有できるというものだ。これは仮想現実(VR)と拡張現実(AR)を組み合わせた技術が成し得た技。CG等で作った世界を疑似的に体験させつつ、それを現実に反映、拡張させるという複合現実「MR技術」を使って、ベンチの向かい側に設置された鏡のようなものの中に、そんな不思議な情景を映し出すのだ。

 言葉で説明すると分かりにくいかもしれないが、映像で見るとその凄さは一目瞭然だ。リアルタイムで映し出されるCGと自分。違和感が全くなく、ひとつの空間をキャラクターと共有できるため、今後ディズニーはテーマパークでの運用も検討しているという。そのマジック・ベンチの映像はこちら。

日本でもレンタル開始! マイクロソフトの「HoloLens」

 そんなMRを駆使した技術で市場に参入している代表格は、何といってもマイクロソフトが開発した「Microsoft HoloLens」だろう。開発者向けは日本円で30万円超え、法人向けになると50万円超えと値段の高さが知られていたが、日本でも先月25日から法人向けに「HoloLens」の本格的なレンタルが開始された。

 「HoloLenz」は、ヘッドマウント・ディスプレイ方式を採用。3D表示が可能なホログラフィックコンピュータと専用の頭部装着式のディスプレイ(Head Mounted Display:略HMD)を組み合わせ、現実の空間の中に現れたホログラムの3D映像を見ながら、自分の手や体の動きで操作できる技術だ。

 仕事の現場に「新次元」を取り込めると注目されており、建築や製造、医療、教育、リテール、防衛など、さまざまな分野でHoloLensの活用が可能だという。日本国内では日本航空(JAL)、三菱ふそうトラック・バスなど複数企業が、すでにHoloLensを導入している。

 日本でのレンタル展開は、横川レンタ・リースを介して行われる。レンタル価格は1ディバイスにつき月額6万円(税別)。一般にこうした技術商材が普及するまでには、もう少し時間がかかりそうだが、あっという間に浸透したVR技術を考えると、自宅でMR技術を堪能できる日はそう遠くないかもしれない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

米アップル社が、本社のあるカリフォルニア州の住宅供給危機の緩和に向け、25億ドル(日本円で約2,700億円)という巨額の資金を拠出することを発表した。同州では企業家や大企業従事者とそうでない人たちとの収入の格差が拡大し、それ以外にも様々な要因が重なって、これまで長年住んでいた家のローンやアパートの家賃が払えない人が続出。ホームレスも増加している。


マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

米国防省、通称「ペンタゴン」のクラウド・コンピューティング契約をマイクロソフト社が獲得した。これは破竹の勢いで拡大を続けるアマゾンドットコム社(AWS)が取ると見られていたため、米国防省のこの決定に業界がざわついている。


NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派やリベラル系の新聞が「NASAやディズニー映画は人種差別で男尊女卑だ」と指摘していることについての保守派の意見をまとめた。


空を飛ぶ夢の国、ディズニー・エアラインの誕生か?

空を飛ぶ夢の国、ディズニー・エアラインの誕生か?

子供から大人まで世界中に多くのファンを持つエンターテイメント・ビジネス界のトップランナー、ウォルト・ディズニー・カンパニー社が、独自の航空会社をまもなく設立するという噂が浮上している。これまでにも何度か噂になったことがあるが、今回はかなり信憑性が高いと業界がざわついているらしい。「空飛ぶ夢の国」は実現するのだろうか?






最新の投稿


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング