ディズニーも開発! VR、ARの一歩先を行く特殊技術「MR」とは?

ディズニーも開発! VR、ARの一歩先を行く特殊技術「MR」とは?

VR(Virtual Reality/仮想現実)やAR(Augmented Reality/拡張現実)という言葉はすでに世の中に浸透した感があるが、MRという言葉はまだ耳慣れないのでは? MRとはMixed Reality、つまり「複合現実」のこと。時代は確実にこの「MR」に向かっているという。


驚愕! ディズニーが開発した「マジック・ベンチ」

 昨年ディズニー・リサーチが発表した「マジック・ベンチ」。ベンチに座るだけで、コンピュータグラフィックス(CG)で映し出されるキャラクターと空間を共有できるというものだ。これは仮想現実(VR)と拡張現実(AR)を組み合わせた技術が成し得た技。CG等で作った世界を疑似的に体験させつつ、それを現実に反映、拡張させるという複合現実「MR技術」を使って、ベンチの向かい側に設置された鏡のようなものの中に、そんな不思議な情景を映し出すのだ。

 言葉で説明すると分かりにくいかもしれないが、映像で見るとその凄さは一目瞭然だ。リアルタイムで映し出されるCGと自分。違和感が全くなく、ひとつの空間をキャラクターと共有できるため、今後ディズニーはテーマパークでの運用も検討しているという。そのマジック・ベンチの映像はこちら。

日本でもレンタル開始! マイクロソフトの「HoloLens」

 そんなMRを駆使した技術で市場に参入している代表格は、何といってもマイクロソフトが開発した「Microsoft HoloLens」だろう。開発者向けは日本円で30万円超え、法人向けになると50万円超えと値段の高さが知られていたが、日本でも先月25日から法人向けに「HoloLens」の本格的なレンタルが開始された。

 「HoloLenz」は、ヘッドマウント・ディスプレイ方式を採用。3D表示が可能なホログラフィックコンピュータと専用の頭部装着式のディスプレイ(Head Mounted Display:略HMD)を組み合わせ、現実の空間の中に現れたホログラムの3D映像を見ながら、自分の手や体の動きで操作できる技術だ。

 仕事の現場に「新次元」を取り込めると注目されており、建築や製造、医療、教育、リテール、防衛など、さまざまな分野でHoloLensの活用が可能だという。日本国内では日本航空(JAL)、三菱ふそうトラック・バスなど複数企業が、すでにHoloLensを導入している。

 日本でのレンタル展開は、横川レンタ・リースを介して行われる。レンタル価格は1ディバイスにつき月額6万円(税別)。一般にこうした技術商材が普及するまでには、もう少し時間がかかりそうだが、あっという間に浸透したVR技術を考えると、自宅でMR技術を堪能できる日はそう遠くないかもしれない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

米アマゾンドットコム社が、鳴り物入りでオープンした無人精算システム小売店「Amazon Go」の存在を脅かすライバルが登場した。相手はアマゾン本社と同州内に本社を構えるマイクロソフト社だ。マイクロソフトの新開発システムは、アマゾンに対抗できるのだろうか?


【Red vs. Blue】差別ツイートをした人気女優の番組を即打ち切ったTV局をどう見るか?

【Red vs. Blue】差別ツイートをした人気女優の番組を即打ち切ったTV局をどう見るか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、高視聴率の冠番組を持つ女優が人種差別ツイートをした直後に、その女優をクビにしたABCテレビの対応について


絶叫&爆笑必須! 世界一シュール(かも知れない)動物園

絶叫&爆笑必須! 世界一シュール(かも知れない)動物園

シアトルから車で数時間、オリンピック山脈の麓の街スクイムにある「オリンピック・ゲーム・ファーム」。アメリカでも知る人ぞ知る穴場だが、これほど動物との距離が近い動物園はなかなかない?


史上最強か? ディズニーが21世紀フォックスを買収

史上最強か? ディズニーが21世紀フォックスを買収

世界的な大手メディアの米ディズニー社が、同じく大手の21世紀フォックスを買収し、映画やテレビ、ケーブル、ストリーミングなどを引き渡すことに合意。今後、世界のメディアはどう変化するのだろうか?






最新の投稿


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング