「MAGA」帽子とBTSのTシャツで語る「政治ファッション協奏曲」

「MAGA」帽子とBTSのTシャツで語る「政治ファッション協奏曲」

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、全米で売られている「MAGA帽子」やメッセージTシャツについて。背景を知らずに購入すると、トンデモナイことに巻き込まれるかも知れない。


その帽子をかぶっていたことで事件に

“Make America Great Again”(再び、アメリカを素晴らしくしようじゃないか!)

 ご存知のように、これはトランプ大統領の選挙キャンペーン用語だが、アメリカではこのフレーズの頭文字をとった「MAGA」を配した様々な商品が販売されている。これらの商品はトランプ政権のコアな支持者のためだけではなく、ニューヨークやフロリダなどの世界中から旅行者が訪れる観光地の土産屋などでも普通に売られているため、誰でも簡単に購入できる。しかし、この帽子に書かれたメッセージの背景を知らないと、「知らなかったから」では済まされないようなことに巻き込まれてしまう恐れもある。

 私が住む米南部は共和党が優勢の地域で、共和党支持者たちによるトランプ大統領の評価はとても高い。彼らによると、過去の“政治屋”が荒らしたアメリカの法律を正しい方向に持って行くことができ、「NOにはNOと言える」、つまり「はっきり物を言える」大統領はトランプ以外にはいないそうだ。そういう地域なので、前述の「MAGA Hat」、通称「トランプ帽子」をかぶってトランプ支持を示す人たちも街でよく見かけられる。

 しかし、共和党優勢のどの南部の州でも、州都や都市では民主党支持者が多い。そんな中で起きたのが、テキサス州サンアントニオで、「MAGA Hat」を被っていたティーンエイジャーの男の子が、アンチ・トランプの店員にその帽子を奪われた暴行事件だ。この様子はビデオに残されていたために波紋を呼んだが、似たような事件は各地で頻繁に起きている。

メッセージを身につけることは、それを支持すること

 これまでアメリカでは、たとえばディナーの席での会話には政治と人種と宗教の話題とその歴史的背景も含めた議論はタブーとされ、知らない人にはそういう繊細な話題を振るべきではないという風潮が一般的だった。しかし、昨今のアメリカにおける政治的見解の議論は、両派とも極端に攻撃的なアクティビストたちの声が大きくなり、ちょっと異常な現象ではないかと思うほどの様相になっている。

 日本でもK-POPグループのBTSが原爆のキノコ雲がプリントされたTシャツを着ていたことが議論を呼んだが、同グループはナチス・ドイツ軍を彷彿させるような衣装を着たとして、米ユダヤ系団体からも抗議を受けた。結果、BTSの事務所がメディアを通じ、謝罪を公表したが、これがアメリカ国内で起きていたら、もっと大きな騒ぎに発展しただろう。たとえば、白人でも白人でなくとも、人気アーティストがKKK(Ku Klux Klan白人至上主義団体)のTシャツを着てアメリカのTVに出演したら、どんなことが起きるか想像できるだろうか? 「KKKが何を意味するのか知りませんでした」、「意図はありませんでした」という言い訳をしても通用しないだろう。SNSの炎上だけでは済まないはずだ。

 帽子やTシャツに書かれた英語のメッセージには、政治的・思想的なものや人を揶揄するものが多い。だからこそ、アメリカを旅行中にその背景を知らずにメッセージ・グッズを購入する際には注意してほしい。冗談のつもりで「MAGA Hat」を土産物屋で買って米国内で被っていたら、あなたも前述のティーンエイジャーのような目に遭ってしまうかもしれない。

 それでも「トランプ大統領支持をアピールをしたい!」という方は、この赤い帽子を被って楽しんで頂ければと思う。

この記事の寄稿者

 東京都出身。アメリカ人航空機パイロットの婚約者の米本土転勤に伴い、一般企業を退職。K-1 Visa にて渡米したのち結婚。現在、アメリカ南部アーカンソー州在住。移住後はパイロットを夫に持つ婦人の会や、日本語補習学校を通じての活動、現地日本人や移民•マイノリティーへの支援、生活アドバイス、ネット上でのアメリカ生活に関する相談・コンサルテーション、翻訳、通訳、観光案内など、国際線パイロットの夫のスケジュールに翻弄されながらも、さまざまなボランティア活動に力を注いでいる。

関連する投稿


アラバマ州で中絶違法が決定 女性たちの権利はどうなるのか?

アラバマ州で中絶違法が決定 女性たちの権利はどうなるのか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先日アラバマ州で中絶が禁止される法案が通ったことについて。リベラル派の著者が「これは女性の権利が取り上げられたも同然」と大反論する法律とは、どんな内容なのか?


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。


国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、政敵トランプ大統領に対し国税庁を使って追い詰めようとしている民主党のやり方について、保守派の見解を披露する。






最新の投稿


アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカ中のBBQを食べ歩いて1万ドル貰える、おいしい仕事とは?

アメリカを代表する肉料理のひとつ、バーベキュー・リブ。どの街にも我こそが一番だと名乗るバーベキュー自慢の店があり、独自のスパイスや焼き方を追求している。そんな中、ある大手企業が「1万ドルを貰って、アメリカで最も美味しいバーベキュー・リブを探してくれる人」という求人広告を出し、大きな話題を呼んでいる。


他人と会話が続かない人が増えている?

他人と会話が続かない人が増えている?

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は、ユーザーの質問に答えるAI 搭載の電子機器がアメリカの日常生活に浸透する一方で、他人と会話のキャッチボールができない人が増えていることについて。


年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

演技、歌、料理、映像制作など、世界で一流と言われるプロフェッショナルたちから学べるオンライン・プログラムがある。業界の第一線で活躍している夢のような講師陣が揃うだけでなく、その受講料金の安さで、アメリカで人気に火がついた。


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング