隠しカメラを探知できる! 「スパイファインダー・プロ」

隠しカメラを探知できる! 「スパイファインダー・プロ」

「隠しカメラで盗撮された映像がSNSで拡散された」という被害が後を絶たない昨今。いつ誰が、どんな目的でプライバシーを侵害するかが分からないという、困った世の中の必需品になりうる商品として注目を集めるのが「スパイファインダー・プロ」だ。一体、どんな商品なのだろう?


手のひらサイズで簡単に隠しカメラをキャッチ

 アメリカのクラウド・ファンディング、キックスターターで話題となった「スパイファインダー・プロ( SpyFinder Pro )」。これは、「持ち運べるセキュリティ・ガジェット」で、部屋などに仕掛けられた盗撮カメラを必ず発見できるという商品だ。手のひらに乗るようなサイズなので、バッグの中に常に入れておいても問題ない大きさだ。

 このガジェットの開発を手掛けたのは、盗聴・盗撮などから身を守るための商材を開発し続けているSpy Associates社。米フロリダ州に拠点をおく同社は、FBIやCIAにも商品を卸しているセキュリティ商材の老舗メーカーとして知られている。

 同社は、どんなに巧妙に盗撮カメラを設置しても、カメラの宿命上レンズが必ず露出することに着目。「スパイファインダー・プロ」は、電源を入れてビューファインダーを覗くと、赤いLEDストロボライトが作動し、極小のレンズに反射する反射光によって、隠されたカメラ位置が把握できる仕組みになっている。このカメラを紹介した映像はこちら。

Airbnbの利用者や出張が多い人の需要期待

 この商品は同社が開発した盗撮カメラ探知機を極端に小さくした改良版だ。先月10日にキックスターターでファンドを募りだしたところ、1万ドルというゴールをわずか二週間で達成。その後も支援は止まず最終額は希望の倍を優に超える額にまで達し、この商品への関心度の高さが注目されることとなった。

 盗撮カメラは、意外なところに設置されているものだ。時計、ランプ、部屋にかかった額縁の中、USB充電器、コンセント、煙探知器、DVDプレーヤーと、隠せる場所をあげたらキリがない。設置される場所もホテルの部屋やバスルーム、仕事場、試着室、ジムのロッカールームなど広範囲に及んでいる。

 アメリカでは、訴訟に備えて証拠固めに隠しカメラを用いるケースも多く、こうした不利益を被らないための自己防衛手段として、同社代表のJeffrey Jurist氏は「一家に一台スパイファインダー・プロを!」と話している。昨今増え続けているAirbnbなどの民泊を楽しむ人や、出張が多いプロフェッショナルたちに、大きな市場の可能性を期待しているそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


GDPRがアメリカにもたらした教訓 いまさら聞けないデータビジネスの心得とは

GDPRがアメリカにもたらした教訓 いまさら聞けないデータビジネスの心得とは

Facebookの個人情報流出事件では、その制裁金の高さに注目が集まったが、アメリカ企業であっても欧州の顧客データがあるだけで「EU一般データ保護規則(GDPR)」に従う必要があり、今、どの企業もデータ管理の再強化を迫られている。


こんなに違う! アメリカの「就活」常識

こんなに違う! アメリカの「就活」常識

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届け。今回は日本とは異なる、アメリカの「就活」の常識について。


アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカでは、夏の行楽シーズンや、卒業・学年末などのシーズンになると「SignUpGenius(サインナップ・ジニアス)」というサイトを使ったEメールが頻繁に飛び交う。学校やサークル、ボランティア活動、様々な集会などに欠かせない便利なツールの具体的な使われ方とは?


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。






最新の投稿


世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港が、8月20日から空港内における使い捨ての飲料水入りペットボトルの販売を禁止することを発表した。世界的にプラスチック製ゴミの問題が大きくなる中、それを減らすために市をあげて取り組む姿勢だ。


今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

先月開催されたアマゾン・ドットコム社による恒例の大バーゲン、アマゾン・プライムデー。毎年、たった1日で爆発的に売れた商品がいくつか出現するので、話題になる。今年アメリカで飛び抜けて売れた商品を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アメリカで家を新築するのはなかなか大変

アメリカで家を新築するのはなかなか大変

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は長年住んだアーカンソー州から、同じく南部のケンタッキー州へ引っ越した話。


今週の神秘ナンバー占い(2019年8月9日〜15日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年8月9日〜15日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング