隠しカメラを探知できる! 「スパイファインダー・プロ」

隠しカメラを探知できる! 「スパイファインダー・プロ」

「隠しカメラで盗撮された映像がSNSで拡散された」という被害が後を絶たない昨今。いつ誰が、どんな目的でプライバシーを侵害するかが分からないという、困った世の中の必需品になりうる商品として注目を集めるのが「スパイファインダー・プロ」だ。一体、どんな商品なのだろう?


手のひらサイズで簡単に隠しカメラをキャッチ

 アメリカのクラウド・ファンディング、キックスターターで話題となった「スパイファインダー・プロ( SpyFinder Pro )」。これは、「持ち運べるセキュリティ・ガジェット」で、部屋などに仕掛けられた盗撮カメラを必ず発見できるという商品だ。手のひらに乗るようなサイズなので、バッグの中に常に入れておいても問題ない大きさだ。

 このガジェットの開発を手掛けたのは、盗聴・盗撮などから身を守るための商材を開発し続けているSpy Associates社。米フロリダ州に拠点をおく同社は、FBIやCIAにも商品を卸しているセキュリティ商材の老舗メーカーとして知られている。

 同社は、どんなに巧妙に盗撮カメラを設置しても、カメラの宿命上レンズが必ず露出することに着目。「スパイファインダー・プロ」は、電源を入れてビューファインダーを覗くと、赤いLEDストロボライトが作動し、極小のレンズに反射する反射光によって、隠されたカメラ位置が把握できる仕組みになっている。このカメラを紹介した映像はこちら。

Airbnbの利用者や出張が多い人の需要期待

 この商品は同社が開発した盗撮カメラ探知機を極端に小さくした改良版だ。先月10日にキックスターターでファンドを募りだしたところ、1万ドルというゴールをわずか二週間で達成。その後も支援は止まず最終額は希望の倍を優に超える額にまで達し、この商品への関心度の高さが注目されることとなった。

 盗撮カメラは、意外なところに設置されているものだ。時計、ランプ、部屋にかかった額縁の中、USB充電器、コンセント、煙探知器、DVDプレーヤーと、隠せる場所をあげたらキリがない。設置される場所もホテルの部屋やバスルーム、仕事場、試着室、ジムのロッカールームなど広範囲に及んでいる。

 アメリカでは、訴訟に備えて証拠固めに隠しカメラを用いるケースも多く、こうした不利益を被らないための自己防衛手段として、同社代表のJeffrey Jurist氏は「一家に一台スパイファインダー・プロを!」と話している。昨今増え続けているAirbnbなどの民泊を楽しむ人や、出張が多いプロフェッショナルたちに、大きな市場の可能性を期待しているそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。






最新の投稿


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング