進化する「Gメール」のジェンダー配慮

進化する「Gメール」のジェンダー配慮

今年5月に発表されたグーグル社の「Smart Compose」機能。Gメールを使った仕事の効率化をバックアップするツールとして、アメリカでは話題になったが、そのツールが今度はさらに進化を続け、ジェンダー配慮を徹底化するという。それはどういうことなのだろう?


現在は英語だけだが、多言語化は時間の問題

 AI技術を駆使したグーグル社の「Smart Compose」。受信メールの内容をAIが読み取り、自動で返信すべき内容を最初から最後まで書いてくれるもので、今年5月に発表されるや否や、アメリカでは大きな話題になった。その機能がさらに発展し、今度はジェンダーへの徹底配慮を行うことになったという。

 現在のサービスは英語だけなので、まだ日本では馴染みがないかもしれない。実際にこの機能を使ってみると驚くほど便利なことが分かる。特に英語がネイティブではない人にとっては、文法的に間違っていない文書をAIがあっという間に書いてくれることは、内容の確認や微調整は必要でも、ありがたいサービスだろう。提案された文書に修正がなければ、TABキーを押していくだけ。このサービスがどんなものなのかを紹介した映像はこちら。

多様なジェンダー時代には、HeもSheの使用も不適切?

 Smart Composeのジェンダーへの新しい配慮は、11月26日に発表されたばかり。今後Smart Composeでは、「彼」や「彼女」など、性別のある代名詞が削除される。同社のプロダクト・マネージャーであるランバー氏は、この削除決定を「代名詞を削除せずに対応する方法も検討したものの、それらが完璧ではないため、完全削除が相応しい」と説明している。

 ことの発端は、ある企業調査科学者が「I am meeting an investor next week」(私は投資家と来週会う)と入力したときに、Smart Composeが「Do you want to meet him?」(あなたも彼に会いたいですか?)いう文書を提案したこと。文書は投資家を勝手に「男性」と判断したが、この投資家は女性かもしれないし、男性でも女性でもない第三の性で呼ばれたい人物かもしれない。そのため、男性代名詞をデフォルトで提案するのは不適切であり、同社としては提供するサービス内で避けるべき性差別だという判断に至ったのだという。

 今後は、たとえばトム、ジョージ、マイケルなど「男性」と思われる名前の人に対してでも、Smart Composeでは「I love him」というような自動提案の表現は選ばれなくなる。どんな返事が提案されるかは、その時々のケースにより何とも言えないが、恐らく「I love it」という形や、性別をニュートラルに表現する単語として認知されつつある代名詞の「ze」などが提案される可能性が高くのではないかと推測される。

 こうした細かな配慮こそが大切という価値観が浸透するのが、現代のアメリカだ。最近話題になった#MeToo運動も記憶に新しいと思うが、グーグル社のようなグローバル企業であるならなおさら、率先して男女平等、そして多様なジェンダーへの配慮ある事業決定は必要ということなのだろう。

https://www.reuters.com/article/us-alphabet-google-ai-gender/fearful-of-bias-google-blocks-gender-based-pronouns-from-new-ai-tool-idUSKCN1NW0EF

この記事の寄稿者

関連する投稿


解任された米マクドナルドCEO、退職金のゆくえは?

解任された米マクドナルドCEO、退職金のゆくえは?

ファストフード大手の米マクドナルドは今月3日、スティーブ・イースターブルック社長兼最高経営責任者(CEO)が、部下と恋愛関係を持ったため解任したと発表した。合意の上の関係でも解任された敏腕元CEOの今回のニュースを巡り、現在の米企業各社のコンプライアンス重視の気運が見てとれる。


デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

米デルタ航空は今月6日、パイロットやメカニックなどの全クルーを女性だけで運行させた機体に、120人の女子学生を乗せてヒューストンのNASAへ招待した。その様子を映像に収めた撮影クルーも全員女性という徹底ぶり。その映像リンクも!


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。


MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

米マサチューセッツ工科大学(MIT)傘下の名門研究所MITメディアラボの所長を務めていた伊藤穣一氏が、少女への性的虐待疑惑で起訴された刑務所で自殺した米富豪ジェフリー・エプスタイン氏との関係を表す証拠メールが公表された直後、メディアラボ所長を辞任した。


NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派やリベラル系の新聞が「NASAやディズニー映画は人種差別で男尊女卑だ」と指摘していることについての保守派の意見をまとめた。






最新の投稿


【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は「アメリカには、なぜトランプが必要だったのか?」という米メディア記事について。


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング