進化する「Gメール」のジェンダー配慮

進化する「Gメール」のジェンダー配慮

今年5月に発表されたグーグル社の「Smart Compose」機能。Gメールを使った仕事の効率化をバックアップするツールとして、アメリカでは話題になったが、そのツールが今度はさらに進化を続け、ジェンダー配慮を徹底化するという。それはどういうことなのだろう?


現在は英語だけだが、多言語化は時間の問題

 AI技術を駆使したグーグル社の「Smart Compose」。受信メールの内容をAIが読み取り、自動で返信すべき内容を最初から最後まで書いてくれるもので、今年5月に発表されるや否や、アメリカでは大きな話題になった。その機能がさらに発展し、今度はジェンダーへの徹底配慮を行うことになったという。

 現在のサービスは英語だけなので、まだ日本では馴染みがないかもしれない。実際にこの機能を使ってみると驚くほど便利なことが分かる。特に英語がネイティブではない人にとっては、文法的に間違っていない文書をAIがあっという間に書いてくれることは、内容の確認や微調整は必要でも、ありがたいサービスだろう。提案された文書に修正がなければ、TABキーを押していくだけ。このサービスがどんなものなのかを紹介した映像はこちら。

多様なジェンダー時代には、HeもSheの使用も不適切?

 Smart Composeのジェンダーへの新しい配慮は、11月26日に発表されたばかり。今後Smart Composeでは、「彼」や「彼女」など、性別のある代名詞が削除される。同社のプロダクト・マネージャーであるランバー氏は、この削除決定を「代名詞を削除せずに対応する方法も検討したものの、それらが完璧ではないため、完全削除が相応しい」と説明している。

 ことの発端は、ある企業調査科学者が「I am meeting an investor next week」(私は投資家と来週会う)と入力したときに、Smart Composeが「Do you want to meet him?」(あなたも彼に会いたいですか?)いう文書を提案したこと。文書は投資家を勝手に「男性」と判断したが、この投資家は女性かもしれないし、男性でも女性でもない第三の性で呼ばれたい人物かもしれない。そのため、男性代名詞をデフォルトで提案するのは不適切であり、同社としては提供するサービス内で避けるべき性差別だという判断に至ったのだという。

 今後は、たとえばトム、ジョージ、マイケルなど「男性」と思われる名前の人に対してでも、Smart Composeでは「I love him」というような自動提案の表現は選ばれなくなる。どんな返事が提案されるかは、その時々のケースにより何とも言えないが、恐らく「I love it」という形や、性別をニュートラルに表現する単語として認知されつつある代名詞の「ze」などが提案される可能性が高くのではないかと推測される。

 こうした細かな配慮こそが大切という価値観が浸透するのが、現代のアメリカだ。最近話題になった#MeToo運動も記憶に新しいと思うが、グーグル社のようなグローバル企業であるならなおさら、率先して男女平等、そして多様なジェンダーへの配慮ある事業決定は必要ということなのだろう。

https://www.reuters.com/article/us-alphabet-google-ai-gender/fearful-of-bias-google-blocks-gender-based-pronouns-from-new-ai-tool-idUSKCN1NW0EF

この記事の寄稿者

関連する投稿


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?


それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は「ハウジング・ブーム」、つまり不動産ブームに沸く南部における、驚きの家の探し方をご紹介しよう。


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?


全米にじわじわと広がる「食べられるスプーン」ムーブメント

全米にじわじわと広がる「食べられるスプーン」ムーブメント

「食べられるスプーン」がアメリカで人気が出始めている。環境保護の観点から、プラスチック・ストローの使用を違法とする州なども増え、食にまつわる常識が変わりゆくアメリカ。食べられるスプーンは時代のニーズ的にも合っているようだ。


ディズニーの21世紀フォックス買収が完了

ディズニーの21世紀フォックス買収が完了

ウォルト・ディズニー社が映像業界大手の21世紀フォックス社との合併交渉を締結、約7兆9,000億円を支払ったことが業界最大の変化の到来だと話題を呼んでいる。この買収により、ディズニー社は大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」などを持つ21世紀フォックスをはじめ、人気映画の権利や、Foxアニメーションの映画部門やテレビ部門も獲得した。






最新の投稿


成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は世界的な大企業のシェル石油が気候変動抑制を支持し、長年の米国でのロビー活動をやめると発表したことについて。


アメリカにピクルス・ブーム到来? ピクルスで挟むサンドイッチ登場

アメリカにピクルス・ブーム到来? ピクルスで挟むサンドイッチ登場

当サイトでも「どうやら今年のアメリカのトレンドはピクルスらしい」とお伝えしてきたが、それを裏付けるような面白いサンドイッチが登場した。パンの代わりのピクルスに具を挟んだサンドイッチだ。これまでは添え物にすぎなかったピクルスが、最近やけに存在感を増している。


キャッシュレス社会に反発する都市がアメリカで増加中

キャッシュレス社会に反発する都市がアメリカで増加中

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はアメリカでキャッシュレス社会に反発する都市が増えていることについて。現金よりも電子決済という傾向は急速に進展していくのだろうか?


米最大手スーパーのウォルマートが、ドリュー・バリモアと提携

米最大手スーパーのウォルマートが、ドリュー・バリモアと提携

世界最大手のスーパーマーケット、ウォルマート社が、これまでの同社のイメージを向上する戦略に力を入れている。アメリカでは同社のコアファンである客層そのものが同店のイメージとして定着している感が強いが、これまで店に足を運ばなかった客層を取り込むべく、有名女優がデザインするインテリア・ラインを立ち上げるなど新展開を開始した。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング