銀行にカフェ? Wi-Fiやヨガも提供する銀行の新しいカタチ

銀行にカフェ? Wi-Fiやヨガも提供する銀行の新しいカタチ

クレジットカード社会のアメリカでは、オンラインやモバイル・バンキングが早くから普及したため、銀行の窓口に行く機会は日本に比べて少ない。ところが、デジタルでなんでも出来る時代の裏返しか、「人と人のインターアクション」を全面に打ち出したサービスを提供する銀行がこのところ増えている。その一部を紹介しよう。


まずは来てくれるだけでいい すべてはそこから

 銀行口座をオンラインで操作できる時代になってから、アメリカでは銀行の窓口を利用する客が年々減っていた。例えば米大手銀行のバンク・オブ・アメリカに至っては、無人の完全自動運転支店のテスト中だ。しかし、その無人化への動きとは対照的に、ヒューマンタッチを全面に打ち出す銀行が増えてきている。

 これまで銀行といえば、無機質でビジネスライクな雰囲気が一般的だった。そんな銀行をカフェ風や、モダンなブテッィクホテル風に大々的に改装してイメージを一新し、人々がもっと気軽に集まれる場所を提供する動きが出てきた。

 たとえば大手銀行では、全米750以上の支店を持つキャピタル・ワンが、「Capital One Café」という名称で、カフェを併設した支店を開始している。すでに全米に30店舗以上を展開しているが、ここでは窓口係ではなく、「アンバサダー」や「コーチ」と呼ばれるスタッフが、カラフルなソファやテーブルが配置された明るい店内で、口座開設や個人のファイナンシャルに関する相談を受け付けている。しかも、客から聞かれない限り、営業トークはしない。

 併設のカフェでは地元の人気店のコーヒーやペイストリーを提供し、同銀行のカード所有者は飲み物をすべて半額で購入できる。会議室を2時間まで無料で貸してくれるサービスもあり、客はたとえ銀行を利用しなくても、そこでWi-Fiや電源を使用して仕事しながらお茶が飲めるのだ。そんな銀行の様子がわかる映像はこちら。

銀行なのに、ヨガ・クラスや映画ナイトも開催

 オレゴン州ポートランドを拠点とし、米西海岸に350支店以上を展開するアンプクア銀行(Umpqua Bank)では、支店を「ストア」と呼んでいる。ブティックホテルのロビーをイメージさせる「ストア」の店内には無料Wi-Fiやテーブル席が完備され、コーヒーやチョコレート、クッキーなども無料で提供。その上、無料の図書館と会議室もついている。

 同じくオレゴン州やワシントン州を中心に140店舗を展開するコロンビア銀行(Columbia Bank)も、この流れに乗り、シアトル市街の繁華街にある支店を「Neighbor Hub」という多目的スペース式の銀行に改装した。洗練されたシティーホテルのロビーを彷彿させるスペースには、子供たちが遊べるスペースだけでなく、オープンキッチンを完備。ワイン・テイスティングや展覧会、ファンドレイジングの集まりなどで簡単な食事も振る舞えるスペースとしてコミュニティに貸し出し、大盛況だ。

 銀行はもとより、企業がビジネス寄りのイメージを捨てて、「コミュニティ・ハブ」(地域の拠点)になることを目指す動きは、これからさらに大きくなりそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。






最新の投稿


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング