マクドナルドの売上げを超える日本未上陸の米ファストフード店とは?

マクドナルドの売上げを超える日本未上陸の米ファストフード店とは?

ハンバーガーやフライドチキンなど全米展開するファストフード店がひしめくアメリカ。マクドナルド、KFC、バーガーキング、サブウェイ、タコベルなど多くの企業が日本でもビジネスを展開しているが、ここ3年連続で「アメリカで最も愛されているファストフード店」に選ばれた「Chick-fil-A」は、日本未上陸だ。その人気の秘密とは?


アメリカで最も愛され、創業以来50年連続で売上げ更新中

 アメリカ南部アトランタに本社を構える「Chick-fil-A」(チックフィレイ)は、揚げたてのフライドチキンと、それを挟んだサンドイッチが根強く支持される大人気店で、全米に約2,300店舗を展開。創業より50年連続で売上げを伸ばし、ここ3年連続で「アメリカで最も愛されているファストフード店」にも選ばれている。

 QSR マガジンの2017年のセールス報告書によると、「Chick-fil-A」は1店舗当たりの平均売上げが440万ドル(約4億9千万円)で、あのマクドナルドと比べても200万ドル(約2億2千万円)、フライドチキンのKFCに比べると330万ドル(3億7千万円)も売上げが上回っている。

 健康志向が高まってきたアメリカで、油で揚げたカロリーの高いフライドチキンやそれを挟んだサンドイッチが健闘しているには複数の訳があるが、最も客に支持されている理由は同社の商品の品質の高さと、カスタマーサービスだという。

 Forbes誌によると、同社は米国内で初めて「抗生物質を与えて育てられた鶏を使わない」と表明した飲食チェーンであり、バンズもグルテンフリー。人気のチキンナゲットには揚げたものに加え、カロリーが低めのグリルのオプションを設ける等、細かい企業努力がうかがえる。また、「Chick- fil-A」の「A」は、「品質A」(Grade A)の商品を提供するという意味合いも兼ねており、シンプルなメニューながら、そのこだわりが売上げ連続更新という勝因につながっていると分析している。

ファストフード店なのに日曜は全店休業

 米南部で発祥した店だけあり、同社のダン・キャシー社長は敬虔な南部バプティスト教徒だ。聖書の教えに従い、安息日である日曜日は、飲食店にとって最もかきいれ時であるにも関わらず、2,300店舗を超える全米の全店舗が休みになる。これは創業時から継続する全従業員を気遣う同社の方針で、たとえ空港やショッピングモールなど日々客足が絶えない店舗でも日曜は閉店。この姿勢は米国内の多くのキリスト教徒から経営理念への共感や尊敬を得ている。

 過去に同社長が同姓婚反対の発言をしたことで、リベラル派が同レストラン利用をボイコットするという事態に発展したこともあったが、クリスチャンが多い保守派の絶大な支持により、その事件があった年の売上げは、その前年度を上回る結果となった。

 「Chick-fil-A」は従業員に手厚いことでも知られ、従業員の学費支援や個人的な緊急事態の際の資金援助だけでなく、もし結果的に同社を離れることになったとしても、従業員が夢を追いかけることを支援している。また、通常だと顧客に対し「You are welcome」(どういたしまして)というような場面でも、「My Pleasure」と答えるよう指導するなど、礼儀作法の徹底も図っている。フライドチキンの品質だけでなく、対応が丁寧な従業員、清潔な店舗、心地よさなど、米南部らしい社風が人気の秘密なのかも知れない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?


それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は「ハウジング・ブーム」、つまり不動産ブームに沸く南部における、驚きの家の探し方をご紹介しよう。


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?






最新の投稿


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は世界的な大企業のシェル石油が気候変動抑制を支持し、長年の米国でのロビー活動をやめると発表したことについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング