マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


米大手ビール企業らがマリファナ入り飲料市場に参入

 日本でこのニュースを聞くと、ピンと来ないかも知れないが、アメリカでは今、マリファナが熱い。マリファナ入り飲料やスイーツが続々と登場し、新商品が紹介される度に話題になる。そういった商品は、もちろん「マリファナが合法な州」だけでしか消費することはできないが、合法州の増加に伴い、商品数も増え続けている。

 現在、医療目的での使用が合法なのは33州。これにはニューヨーク州、ハワイ州など、医者の推薦状が必要な条件付きの州も含まれる。カリフォルニア州、コロラド州、オレゴン州、ワシントン州などの10州では娯楽目的の使用も合法だ。つまり、全米50州のうち、条件は異なるものの43州でマリファナは合法なのだ。

 たとえば、大企業ハイネケン社が昨年買収したカリフォルニアのクラフトビール醸造所Lagunitasでは、IPAビールに似せたノンアルコール炭酸飲料にマリファナのTHC(気分を高める成分)を入れた Hi-Fi Hopes を販売している。同商品はノーカロリーかつ、炭水化物ゼロ。ヘルシー志向なカリフォルニアンたちを意識している点も見逃せない。

 Coorsで知られるMolson Coors社でも、 Cannabiersというブランドでスタイリッシュなマリファナ入りビール、マリファナ入り缶コーヒーや紅茶などを販売中。また、Corona やModeloなどの人気ビールでお馴染みのコンスタレーション・ブランド社が今年、カナダのマリファナ栽培製造業 Canopy Growth Corp に40億ドル以上(約4,500億円以上)も投資したことも話題になった。すでにカナダでは全土でマリファナが合法化されたため、この Canopy Growth Corp社の株価が急上昇していることにも注目が集まっている。

なんとスムージーですら、マリファナ入り

 マリファナは、スイーツにも使われることが多い。特にクッキーやブラウニーに加えられることが多いが、最近はチョコレートにもマリファナ入りが増えた。また、このマリファナ食品のトレンドに便乗して、合法州にあるレストランではマリファナ入りの料理やデザートを出す店、スムージーやアイスクリームを出す店なども現れた。昨年のYahoo News Marist Pall調査によると、マリファナの最大のファンはミレニアル世代の若者たちで、代替医療などに明るいビーガンやベジタリアン支持者にも嗜好者が多いと言われる。そのせいか、若者や健康志向が強い客層を狙ったマリファナ商品の広告も多く見られる。

 ロサンゼルス国際空港では、今年からマリファナを所持していても28.5グラム以下ならば飛行機に搭乗できることになった。しかし、米連邦政府(国)が決めた法律と、州が決めた法律が混合しているアメリカでは、ロサンゼルスから搭乗できても、到着した先が非合法州であればマリファナ所持は犯罪となる。日本は国としてマリファナを禁じているので、旅行や出張でアメリカに来ることがあっても、好奇心で手を出さないよう注意しよう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

日本でも各都道府県の名物があるように、アメリカにも50州すべてに名物がある。今回はその中から変わり種のご当地フードをいくつかご紹介しよう。


米大リーグ、マリファナを禁止薬物から除外

米大リーグ、マリファナを禁止薬物から除外

大谷翔平選手や田中将大選手など、日本人の野球選手たちも所属する米大リーグ機構、メジャーリーグ・ベースボールが、日本では大麻と呼ばれるマリファナを禁止薬物リストから除外し、酒類と同等の扱いに変更することが決まった。


米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング