マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


米大手ビール企業らがマリファナ入り飲料市場に参入

 日本でこのニュースを聞くと、ピンと来ないかも知れないが、アメリカでは今、マリファナが熱い。マリファナ入り飲料やスイーツが続々と登場し、新商品が紹介される度に話題になる。そういった商品は、もちろん「マリファナが合法な州」だけでしか消費することはできないが、合法州の増加に伴い、商品数も増え続けている。

 現在、医療目的での使用が合法なのは33州。これにはニューヨーク州、ハワイ州など、医者の推薦状が必要な条件付きの州も含まれる。カリフォルニア州、コロラド州、オレゴン州、ワシントン州などの10州では娯楽目的の使用も合法だ。つまり、全米50州のうち、条件は異なるものの43州でマリファナは合法なのだ。

 たとえば、大企業ハイネケン社が昨年買収したカリフォルニアのクラフトビール醸造所Lagunitasでは、IPAビールに似せたノンアルコール炭酸飲料にマリファナのTHC(気分を高める成分)を入れた Hi-Fi Hopes を販売している。同商品はノーカロリーかつ、炭水化物ゼロ。ヘルシー志向なカリフォルニアンたちを意識している点も見逃せない。

 Coorsで知られるMolson Coors社でも、 Cannabiersというブランドでスタイリッシュなマリファナ入りビール、マリファナ入り缶コーヒーや紅茶などを販売中。また、Corona やModeloなどの人気ビールでお馴染みのコンスタレーション・ブランド社が今年、カナダのマリファナ栽培製造業 Canopy Growth Corp に40億ドル以上(約4,500億円以上)も投資したことも話題になった。すでにカナダでは全土でマリファナが合法化されたため、この Canopy Growth Corp社の株価が急上昇していることにも注目が集まっている。

なんとスムージーですら、マリファナ入り

 マリファナは、スイーツにも使われることが多い。特にクッキーやブラウニーに加えられることが多いが、最近はチョコレートにもマリファナ入りが増えた。また、このマリファナ食品のトレンドに便乗して、合法州にあるレストランではマリファナ入りの料理やデザートを出す店、スムージーやアイスクリームを出す店なども現れた。昨年のYahoo News Marist Pall調査によると、マリファナの最大のファンはミレニアル世代の若者たちで、代替医療などに明るいビーガンやベジタリアン支持者にも嗜好者が多いと言われる。そのせいか、若者や健康志向が強い客層を狙ったマリファナ商品の広告も多く見られる。

 ロサンゼルス国際空港では、今年からマリファナを所持していても28.5グラム以下ならば飛行機に搭乗できることになった。しかし、米連邦政府(国)が決めた法律と、州が決めた法律が混合しているアメリカでは、ロサンゼルスから搭乗できても、到着した先が非合法州であればマリファナ所持は犯罪となる。日本は国としてマリファナを禁じているので、旅行や出張でアメリカに来ることがあっても、好奇心で手を出さないよう注意しよう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アメリカらしい新ビジネス、社会貢献を定期購入?

アメリカらしい新ビジネス、社会貢献を定期購入?

アメリカでは社会貢献活動が生活の一部に根付いている。寄付やボランティア活動など、多くの人が何らかの形で定期的に社会や地域を良くするための活動を支援しているが、そんなアメリカにおける文化的な慣習に目をつけた、ちょっと変わった新しいビジネスが登場して話題になっている。


マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

昨年、5年間の農業政策などを定めた「2018年改正農業法案」が成立したアメリカでは、全土で産業用大麻(マリファナ草、ヘンプ草)の大規模栽培ができるようになった。こうした動きに押されるように、消費者市場にも様々な動きが出ているようだ。


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


スフィロ・リングで誰もがミュージシャンに!

スフィロ・リングで誰もがミュージシャンに!

 子どもでもプログラミングが可能な球体のロボテック・トイとして知られるスフィロ社の「Sphero(スフィロ)」。アメリカでは小学校や中学校の授業でも使われているテック商品だが、日本でもかなり浸透しはじめた感がある。そのスフィロを作った会社が、ウェアブルな音楽ガジェットを発売して話題になっている。






最新の投稿


奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ大統領に対抗するリベラル派の大統領候補や政治家たちが「過去の奴隷制に対して賠償金を払うべき」と訴えていることについて、保守派の見解を解説する。


今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング