マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


米大手ビール企業らがマリファナ入り飲料市場に参入

 日本でこのニュースを聞くと、ピンと来ないかも知れないが、アメリカでは今、マリファナが熱い。マリファナ入り飲料やスイーツが続々と登場し、新商品が紹介される度に話題になる。そういった商品は、もちろん「マリファナが合法な州」だけでしか消費することはできないが、合法州の増加に伴い、商品数も増え続けている。

 現在、医療目的での使用が合法なのは33州。これにはニューヨーク州、ハワイ州など、医者の推薦状が必要な条件付きの州も含まれる。カリフォルニア州、コロラド州、オレゴン州、ワシントン州などの10州では娯楽目的の使用も合法だ。つまり、全米50州のうち、条件は異なるものの43州でマリファナは合法なのだ。

 たとえば、大企業ハイネケン社が昨年買収したカリフォルニアのクラフトビール醸造所Lagunitasでは、IPAビールに似せたノンアルコール炭酸飲料にマリファナのTHC(気分を高める成分)を入れた Hi-Fi Hopes を販売している。同商品はノーカロリーかつ、炭水化物ゼロ。ヘルシー志向なカリフォルニアンたちを意識している点も見逃せない。

 Coorsで知られるMolson Coors社でも、 Cannabiersというブランドでスタイリッシュなマリファナ入りビール、マリファナ入り缶コーヒーや紅茶などを販売中。また、Corona やModeloなどの人気ビールでお馴染みのコンスタレーション・ブランド社が今年、カナダのマリファナ栽培製造業 Canopy Growth Corp に40億ドル以上(約4,500億円以上)も投資したことも話題になった。すでにカナダでは全土でマリファナが合法化されたため、この Canopy Growth Corp社の株価が急上昇していることにも注目が集まっている。

なんとスムージーですら、マリファナ入り

 マリファナは、スイーツにも使われることが多い。特にクッキーやブラウニーに加えられることが多いが、最近はチョコレートにもマリファナ入りが増えた。また、このマリファナ食品のトレンドに便乗して、合法州にあるレストランではマリファナ入りの料理やデザートを出す店、スムージーやアイスクリームを出す店なども現れた。昨年のYahoo News Marist Pall調査によると、マリファナの最大のファンはミレニアル世代の若者たちで、代替医療などに明るいビーガンやベジタリアン支持者にも嗜好者が多いと言われる。そのせいか、若者や健康志向が強い客層を狙ったマリファナ商品の広告も多く見られる。

 ロサンゼルス国際空港では、今年からマリファナを所持していても28.5グラム以下ならば飛行機に搭乗できることになった。しかし、米連邦政府(国)が決めた法律と、州が決めた法律が混合しているアメリカでは、ロサンゼルスから搭乗できても、到着した先が非合法州であればマリファナ所持は犯罪となる。日本は国としてマリファナを禁じているので、旅行や出張でアメリカに来ることがあっても、好奇心で手を出さないよう注意しよう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


今どきのファッションはレンタルが主流!?

今どきのファッションはレンタルが主流!?

アメリカではオンライン・ショッピングが主流となり、名門デパートや専門店が惜しまれながらもその看板を下ろすケースが増えている。それでも景気が良いと言われるアメリカで、突如として頭角を現したショッピング・トレンドが、「レンタル」だ。流行のデザインや色の移り変わりが速いファッション分野に合うこのトレンドが今後の主流となるのか?


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


ミレニアル世代は瓶より、缶入りワインが好き?

ミレニアル世代は瓶より、缶入りワインが好き?

ワインといえば、コルク栓がついた瓶をイメージするのが一般的だが、アメリカのワイン売り場には缶ワインが増えている。高級ワイナリーで缶入りのワインを作り始めたり、スーパーマーケット・チェーンがオリジナル缶ワインを出したりと、ワイン市場に新風が吹いている。






最新の投稿


今どきのファッションはレンタルが主流!?

今どきのファッションはレンタルが主流!?

アメリカではオンライン・ショッピングが主流となり、名門デパートや専門店が惜しまれながらもその看板を下ろすケースが増えている。それでも景気が良いと言われるアメリカで、突如として頭角を現したショッピング・トレンドが、「レンタル」だ。流行のデザインや色の移り変わりが速いファッション分野に合うこのトレンドが今後の主流となるのか?


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング