マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


米大手ビール企業らがマリファナ入り飲料市場に参入

 日本でこのニュースを聞くと、ピンと来ないかも知れないが、アメリカでは今、マリファナが熱い。マリファナ入り飲料やスイーツが続々と登場し、新商品が紹介される度に話題になる。そういった商品は、もちろん「マリファナが合法な州」だけでしか消費することはできないが、合法州の増加に伴い、商品数も増え続けている。

 現在、医療目的での使用が合法なのは33州。これにはニューヨーク州、ハワイ州など、医者の推薦状が必要な条件付きの州も含まれる。カリフォルニア州、コロラド州、オレゴン州、ワシントン州などの10州では娯楽目的の使用も合法だ。つまり、全米50州のうち、条件は異なるものの43州でマリファナは合法なのだ。

 たとえば、大企業ハイネケン社が昨年買収したカリフォルニアのクラフトビール醸造所Lagunitasでは、IPAビールに似せたノンアルコール炭酸飲料にマリファナのTHC(気分を高める成分)を入れた Hi-Fi Hopes を販売している。同商品はノーカロリーかつ、炭水化物ゼロ。ヘルシー志向なカリフォルニアンたちを意識している点も見逃せない。

 Coorsで知られるMolson Coors社でも、 Cannabiersというブランドでスタイリッシュなマリファナ入りビール、マリファナ入り缶コーヒーや紅茶などを販売中。また、Corona やModeloなどの人気ビールでお馴染みのコンスタレーション・ブランド社が今年、カナダのマリファナ栽培製造業 Canopy Growth Corp に40億ドル以上(約4,500億円以上)も投資したことも話題になった。すでにカナダでは全土でマリファナが合法化されたため、この Canopy Growth Corp社の株価が急上昇していることにも注目が集まっている。

なんとスムージーですら、マリファナ入り

 マリファナは、スイーツにも使われることが多い。特にクッキーやブラウニーに加えられることが多いが、最近はチョコレートにもマリファナ入りが増えた。また、このマリファナ食品のトレンドに便乗して、合法州にあるレストランではマリファナ入りの料理やデザートを出す店、スムージーやアイスクリームを出す店なども現れた。昨年のYahoo News Marist Pall調査によると、マリファナの最大のファンはミレニアル世代の若者たちで、代替医療などに明るいビーガンやベジタリアン支持者にも嗜好者が多いと言われる。そのせいか、若者や健康志向が強い客層を狙ったマリファナ商品の広告も多く見られる。

 ロサンゼルス国際空港では、今年からマリファナを所持していても28.5グラム以下ならば飛行機に搭乗できることになった。しかし、米連邦政府(国)が決めた法律と、州が決めた法律が混合しているアメリカでは、ロサンゼルスから搭乗できても、到着した先が非合法州であればマリファナ所持は犯罪となる。日本は国としてマリファナを禁じているので、旅行や出張でアメリカに来ることがあっても、好奇心で手を出さないよう注意しよう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング