共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカにおける権力の移行は常に平穏で秩序あるもの

 世界史を振り返ると、人々は国民を顧みない王と暴君によって支配されてきたことが多い。権力を得た者は、その力に執着し、その権力を放棄させるために、しばしば血まみれの戦争が起こったのは、周知の事実だろう。

 しかし、アメリカはそうした歴史は踏襲してこなかったと言える。アメリカの政府システムで特に優れていることのひとつは、平穏で秩序ある権力の移行だ。

 アメリカは「自分たちのリーダーは国民が選ぶ権限を持つべきだ」という考えに基づいて成り立っている。従ってアメリカでは有権者が新しい指導者を選出すると、たとえ政治的見解が自分とは大きく異なる人物に権力を移譲する場合でも、そのときの指導者は任期終了と共に権力を新たな指導者に平和的に引き渡す。

 オバマ大統領がドナルド・トランプに権力を譲渡したときも、それは平和的に行われた。オバマ氏は、トランプのような自制心と知性のない人間にこの国の最高職責を務めさせるのは危険なことだと確実にわかっていただろう。しかし、アメリカ人は大統領にトランプを選んだ。アメリカ政府は、新しい挑戦に向かうために信頼されねばならないのだ。

 先月の米中間選挙後、権力移行の準備がワシントンDCで始まった。今年は大統領選挙年ではないので行政機関に権力の移行はなく、上院は共和党が過半数を維持したため、リーダーシップは変わらない。しかし、下院では民主党が過半数を獲得し、1月3日に開催される新議会からは共和党から民主党にリーダーが替わる。たとえ民主党が国民の意思を代弁するために、そのリーダーシップを使う計画を立てていたとしても、この移行は秩序あるものになるだろう。

有権者たちの意思を無視する共和党

 州レベルでは、事情は少し異なる。アメリカ50州には各々に連邦政府のような構造の政府がある。各州には執行役として知事がおり、ひとつの州を除いて全州に連邦レベルの上院と下院に似た2つの立法機関がある(ネブラスカ州だけは単一の立法機関)。そして、多くの州では知事と議会政府全体が一党によって管理されている。それは多くの有権者が全てのポジションにおいて、どちらか一党に投票するからだ。ちなみに、これが「赤い州」と「青い州」という語源の由来でもある(赤は共和党、青は民主党)。

 今回特筆したいのは、ウィスコンシン州とミシガン州だ。過去8年間、これらは共和党が州政府全体を支配する「赤い州」だった。しかし、先月の中間選挙では、この2州の有権者は民主党の知事を選んだ。その両州でここ数週間、議会では次期の民主党知事の権力を厳しく制限する法律を制定するための動きが活発になっている。現在の共和党知事が退任する前に、新しい法律に署名するためだ。

 例えばウィスコンシン州では今月頭に、民主党の新知事が就任以降、知事の権限のいくつかを廃止、民主党が反対していた州における早期選挙投票を2週間以内に制限することなどが可決された。これは、有権者の意思を無視し、権力を保持しようとする恥知らずの試みであり、平穏で秩序ある権力移行というアメリカの理想への攻撃である。

 こうした行動は、共和党がアメリカ民主主義と大多数原理の敵であり、アメリカ残存にとって最大の脅威であるのは誰の目にも既に明らかだ。アメリカの民主主義は守られなければならない。

この記事の寄稿者

1974年生まれ。文学書とコーヒーを愛するコラムニスト。書籍に関しては幅広く読むが、コーヒーに関しては、豆の原産地から流通や焙煎の過程までを詳細にフォローし、納得したものだけを味わうことにしている。温厚で穏やかな性格であるものの、コーヒー豆へのこだわりと同様に理路整然としない、あるいは納得できない社会の動きに対しては、牙をむく活動派的な一面もある。妻と犬一匹と共に、カリフォルニア州オークランド在住。

関連する投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

猫好きなアメリカ人の中には、犬と同じように猫を散歩に連れ出したいと願う人がかなりいる。そんな人たちのニーズを満たすべく開発されたリュック型バブル・キャリーバッグに愛猫を入れて出掛ける人たちの写真がインスタグラムを賑わせている。


リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

トランプ大統領が唯一、フェイクニュースと呼ばないテレビ局としても知られる「FOXニュース・チャンネル」が、米ケーブル局の視聴率調査でCNNなどの大手局を抑えて、堂々たる1位を継続中だ。なぜ、FOXニュースはこれほど人気が高いのだろうか?


キーボードのないキーボードが変えるVRの世界

キーボードのないキーボードが変えるVRの世界

ウェアブル型ガジェットには様々な商品があるが、最近アメリカで話題のなっているガジェットのひとつは、ウェアブル・キーボードの「TAP」だろう。特に昨年秋にVRへの文字入力対応を発表してから、そのニーズが高まっているようだ。






最新の投稿


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング