来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


2019年の食トレンドに「カツサンド」が!

 ニューヨークにあるフード&レストラン・コンサルタント会社、Baum+Whitemanが、「2019年のフード・トレンド予測」の報告書を発表した。これは、アメリカのレストランにおけるメニューのトレンドに特化したもので、次なる一年の食のトレンドやレストラン業界の来年の動向などを予測し、分析している。

 それによると、来年は日本でお馴染みの「カツサンド」が、アメリカのレストラン(コンビニではなく)のメニューのトレンドになるらしい。しかも、英語のスペルならば「Katsu Sandwich」になるべきところ、日本語の発音にならって最後尾の発音が力強い「ド」となるよう、最後尾にあえて「O」を加え、「Katsu Sando」と表記されている点も見逃せない。一体なぜ、アメリカでこれほど日本のカツサンドが注目されているのだろうか?

超高級牛カツサンドと、不景気から来る親近感

 ニューヨークのマンハッタンに今年6月にオープンした“超高級”カツサンド専門レストラン「Don Wagyu」では、日本では当たり前の豚カツではなく、あえて牛のカツサンドを1日200食限定で提供している。しかも、この店のメニューは三種類の牛カツサンドのみ。最もお手頃なカリフォルニア産の和牛で作られたカツサンドは、3切れで$28(約2,900円)、A5宮崎和牛カツサンドなら$80(約8,200円)。そして、日本産のA5 Ozaki牛のカツサンドなら、3切れで$185ドル(約1万8,500円)だ。

 たった3切れで2万円近くする「東京からきたビーフカツサンド」は、ニューヨークの同店の人気と共に瞬く間にインスタグラムで話題になった。同様のコンセプト(高額または限定数のみ提供)の類似店がニューヨークはもとより、ヒューストン、ロンドン、シドニーにも広がったことや、米各地にある和食店がこのトレンドに乗って、こぞって日本の喫茶店スタイルのカツサンドをメニューに加えたことも、「カツサンドが2019年のトレンドになる」という予測の一因になっているようだ。

 アメリカ人はそもそも「揚げ物好き」な国民だ。食材に厚い衣をつけて油で揚げるフリッターと呼ばれる料理が一般的なため、例えば日本の天ぷらの普及などは早かったと言われている。シュニッツェル(薄切り仔牛肉のカツレツ)や、ファストフードの定番でもあるフライドチキン・バーガーに少し似ている点も、「カツサンド」がアメリカで受け入れられやすい理由らしい。

 最近はインスタグラムでも、#katsusandoという微笑ましいハッシュダグのもと、美味しそうなカツサンドの写真があちこちで毎日掲載されている。前述のコンサルティング会社によると、「カツサンドのカツの中身は牛肉、豚肉、鶏肉、シュリンプなど何でもよく、千切りキャベツだけでなく、シャルロットや生姜、アリオリを加えるなど様々なバージョンが考えられる」とのことだが、それを聞いて「それはもはや、カツサンドではない!」と憤慨しそうになるのは、きっと日本人だけなのだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はアマゾン・ドットコム社が、ニューヨークに第2本社を建設する計画を突然取りやめると発表した件について、リベラル派の意見を述べる。


クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

猫好きなアメリカ人の中には、犬と同じように猫を散歩に連れ出したいと願う人がかなりいる。そんな人たちのニーズを満たすべく開発されたリュック型バブル・キャリーバッグに愛猫を入れて出掛ける人たちの写真がインスタグラムを賑わせている。


キーボードのないキーボードが変えるVRの世界

キーボードのないキーボードが変えるVRの世界

ウェアブル型ガジェットには様々な商品があるが、最近アメリカで話題のなっているガジェットのひとつは、ウェアブル・キーボードの「TAP」だろう。特に昨年秋にVRへの文字入力対応を発表してから、そのニーズが高まっているようだ。






最新の投稿


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング