来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


2019年の食トレンドに「カツサンド」が!

 ニューヨークにあるフード&レストラン・コンサルタント会社、Baum+Whitemanが、「2019年のフード・トレンド予測」の報告書を発表した。これは、アメリカのレストランにおけるメニューのトレンドに特化したもので、次なる一年の食のトレンドやレストラン業界の来年の動向などを予測し、分析している。

 それによると、来年は日本でお馴染みの「カツサンド」が、アメリカのレストラン(コンビニではなく)のメニューのトレンドになるらしい。しかも、英語のスペルならば「Katsu Sandwich」になるべきところ、日本語の発音にならって最後尾の発音が力強い「ド」となるよう、最後尾にあえて「O」を加え、「Katsu Sando」と表記されている点も見逃せない。一体なぜ、アメリカでこれほど日本のカツサンドが注目されているのだろうか?

超高級牛カツサンドと、不景気から来る親近感

 ニューヨークのマンハッタンに今年6月にオープンした“超高級”カツサンド専門レストラン「Don Wagyu」では、日本では当たり前の豚カツではなく、あえて牛のカツサンドを1日200食限定で提供している。しかも、この店のメニューは三種類の牛カツサンドのみ。最もお手頃なカリフォルニア産の和牛で作られたカツサンドは、3切れで$28(約2,900円)、A5宮崎和牛カツサンドなら$80(約8,200円)。そして、日本産のA5 Ozaki牛のカツサンドなら、3切れで$185ドル(約1万8,500円)だ。

 たった3切れで2万円近くする「東京からきたビーフカツサンド」は、ニューヨークの同店の人気と共に瞬く間にインスタグラムで話題になった。同様のコンセプト(高額または限定数のみ提供)の類似店がニューヨークはもとより、ヒューストン、ロンドン、シドニーにも広がったことや、米各地にある和食店がこのトレンドに乗って、こぞって日本の喫茶店スタイルのカツサンドをメニューに加えたことも、「カツサンドが2019年のトレンドになる」という予測の一因になっているようだ。

 アメリカ人はそもそも「揚げ物好き」な国民だ。食材に厚い衣をつけて油で揚げるフリッターと呼ばれる料理が一般的なため、例えば日本の天ぷらの普及などは早かったと言われている。シュニッツェル(薄切り仔牛肉のカツレツ)や、ファストフードの定番でもあるフライドチキン・バーガーに少し似ている点も、「カツサンド」がアメリカで受け入れられやすい理由らしい。

 最近はインスタグラムでも、#katsusandoという微笑ましいハッシュダグのもと、美味しそうなカツサンドの写真があちこちで毎日掲載されている。前述のコンサルティング会社によると、「カツサンドのカツの中身は牛肉、豚肉、鶏肉、シュリンプなど何でもよく、千切りキャベツだけでなく、シャルロットや生姜、アリオリを加えるなど様々なバージョンが考えられる」とのことだが、それを聞いて「それはもはや、カツサンドではない!」と憤慨しそうになるのは、きっと日本人だけなのだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

「甘いドーナツとコーヒー」の組み合わせは、アメリカの定番朝食メニューのひとつ。しかし最近のヘルシー志向の影響を受け、ドーナツ屋でさえも、ドーナツ以外の異なるメニュー開発に力を注いでいる。世界展開をするドーナツ・チェーン、「ダンキン・ドーナツ」でも、健康的な「ブレックファスト・ボウル」なるメニューを開始して話題を呼んでいる。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。






最新の投稿


年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

演技、歌、料理、映像制作など、世界で一流と言われるプロフェッショナルたちから学べるオンライン・プログラムがある。業界の第一線で活躍している夢のような講師陣が揃うだけでなく、その受講料金の安さで、アメリカで人気に火がついた。


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

毎度お騒がせのドナルド・トランプ大統領が、「彼とディナーを一緒に食べたい人」を募集している。来年の大統領選挙での再選に備えたPR活動の一環だ。公式HPで応募がスタートされるや否や、ネット上は大騒ぎになっている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング