スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

とうとうバリスタが淹れたエスプレッソやカフェラテが自宅に届く時代がやってきた。スターバックス社が来春から全米規模でコーヒーの宅配サービスを開始する。部屋着のままでフラペチーノが飲めることを喜ぶ人もいれば、コーヒーまで宅配できると外出が減りそうだと心配する声も。同社のこの動きは業界のテクノロジー化に拍車を掛けそうだ。


オフィスや自宅にカフェラテが届く

 米スターバックス社が、米ウーバー・テクノロジーズの食事宅配サービス「Uber Eats(ウーバー・イーツ)」と提携し、2019年春から米国内の直営店2,000店以上でコーヒーの宅配を開始することを発表した。

 日本でも東京にあるスターバックス3店舗で試験的な宅配が始まったが、アメリカではフロリダ州マイアミにある100店舗以上での試験的な宅配が成功し、その結果を受けて春からの全米規模の宅配サービスの開始が決定された。スターバックス社は全米で約8,500店の直営店を展開。その4分の1にあたる店舗で宅配がはじまることになる。

デジタル化が進む中国で「バーチャル・スターバックス」

 宅配サービスを利用するためには、アプリにクレジットカード情報などの支払い先を設定する手間が掛かるが、米スターバックス社ではすでに顧客の半分がモバイルかデジタルで支払っているため、アプリや宅配サービスの普及にはそれほど時間がかからないと見ているようだ。

 同社は中国でも、アリババ・グループと提携してすでに30都市の約2,000店で宅配を実施しているが、さらに先ゆくサービスとして、同グループとの協業によりワンストップのデジタル店舗「Virtual Starbucks(バーチャル・スターバックス)」を開始したばかり。ユーザーは宅配サービスなどを利用できるだけでなく、ポイントも貯めやすくなるという。アリババの中国リテール・マーケットプレースにはすでに月間で6億ユーザーが訪れていることを考えると、バーチャル・スターバックスの中国市場での浸透は難しくなさそうだ。

 自宅やオフィスから出ずにコーヒーが届く宅配デジタル化を推進しながら、もう一方では来店すること自体が「サードプレイス・エクスペリエンス」だというコンセプトを推奨するスターバックス社。同社のこれからのマーケティングの展開にも注目したい。

スターバックス社プレスリリース
https://news.starbucks.com/press-releases/starbucks-virtual-store-to-advance-customer-digital-experiences-in-china

この記事の寄稿者

関連する投稿


スタバ元CEO、米大統領選へ出馬を検討中

スタバ元CEO、米大統領選へ出馬を検討中

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、リベラル派で知られるスターバックス社の元CEO、ハワード・シュルツ氏が、来年の米大統領選に出馬を検討中であるとインタビューで話したことについて。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


視聴覚障害者へのスターバックス社の配慮に全米が称賛

視聴覚障害者へのスターバックス社の配慮に全米が称賛

兼ねてからスターバックス社が計画していた「視聴覚障害を持つ人たちが楽しめる店舗」の全米1号店が10月23日、首都ワシントンD.C.にオープンし、早くも全米中で話題を呼んでいる。


宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。


シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

海に投棄されたプラスチック製のゴミによる環境汚染が大きな問題となるなか、米西海岸ワシントン州シアトル市が7月1日より、市内のすべての飲食店で使い捨てのプラスチック製ストローとプラスチック製スプーンやフォークなどの提供を禁止する措置に踏み切った。






最新の投稿


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング