ダサいほど人気者に? アグリーセーターを着てパーティーへ

ダサいほど人気者に? アグリーセーターを着てパーティーへ

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。12月のアメリカでは、クリスマスやホリデーを祝うパーティーが多いが、なかには「ちょっと変わったドレスコード」を指定されることもある。


クリスマス・マジックに包まれる米南部

 アメリカ南部では、12月に入ると街中がクリスマス・ムードで沸き上がり、「メリークリスマス!」と声を掛けられることが増える。どこかみんなワクワクしていて、クリスチャンではなくても、その華やかな光景と人々の笑顔に触れて心が温まり、自分もワクワクしてくる……いわばクリスマス・マジックにハマるのだ。

 12月の街での挨拶については拙記事で述べたので今回は割愛するが、敬虔なクリスチャンにとってクリスマス、つまりイエス・キリストが降誕した12月25日は1年の中で何よりも大切な日だ。

 そんなクリスマス・イヴやクリスマス当日は、家族・親族が集まって共にイエス・キリストの降誕を喜び、祝う。南部では当日は教会へ行き、プレゼントの交換や特別に用意した料理を囲みながら、皆でその日を迎えることができたことを感謝する。

 クリスマス当日は家族で集まるのが一般的なので、それ以前の12月中には社内や友人たちで集まるホリデー・パーティーが頻繁に開催される。目的別のパーティー毎にセミフォーマル、カジュアルなど「ドレスコード」が異なるが、毎年最低でも一度は指定されるドレスコードに、「アグリーセーター」がある。

やるなら、とことんやった者の勝ち

 「アグリーセーター」とは、クリスマスや冬のホリデーシーズンをテーマにした柄を編み込んだ派手なセーターのことだ。昔はクリスマスのプレゼントにするために手編みしたカラフルなセーターだったが、今ではアグリーな(ダサい)ものと認識されている。しかし、そのダサいセーターが「あまりにもダサ過ぎて可愛い」と再び日の目を見て、カジュアルなクリスマス・パーティーで指定されるドレスコードの定番のひとつになっているのである。

 わざわざ口外しなくても、家の中でそういったクリスマス柄の部屋着やパジャマを着ている人は意外と多く、大手衣料品スーパーなどでも毎年お決まりのように販売されている。パーティーの場合は、ここぞとばかりに注目を集めるべく、よりダサいセーターを着て行くのが「良し」とされる。なかにはクリスマス・ツリーのように点滅する電飾付きのセーターもあり、目立ちたい人に特に人気が高い。

 そのダサ可愛さを褒め合い、みんなで笑う。ダサさの順位を決めることもある。しかし、いかに注目を集めるかが鍵でも、注意するべき点は「下品」にならないことだ。ダサくても派手であっても、品性は保たねばならないという点が、クリスチャンの間の暗黙のルール。クリスマス・パーティーの主役は心から敬われている人(キリスト)であることを、南部では決して忘れてはならないのである。きっとここがアメリカと日本のクリスマスの祝い方が大きく異なる理由だろう。

 もちろん私も、ダサ可愛いアグリーセーターを所有している。「なぜ、こんなものを着なければいけないのか」と呆れるほどダサいが、12月の大切なアイテムのひとつになっている。

この記事の寄稿者

 東京都出身。アメリカ人航空機パイロットの婚約者の米本土転勤に伴い、一般企業を退職。K-1 Visa にて渡米したのち結婚。現在、アメリカ南部アーカンソー州在住。移住後はパイロットを夫に持つ婦人の会や、日本語補習学校を通じての活動、現地日本人や移民•マイノリティーへの支援、生活アドバイス、ネット上でのアメリカ生活に関する相談・コンサルテーション、翻訳、通訳、観光案内など、国際線パイロットの夫のスケジュールに翻弄されながらも、さまざまなボランティア活動に力を注いでいる。

関連する投稿


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


民泊の米Airbnb、殺人事件を受けて民泊先でのパーティー禁止

民泊の米Airbnb、殺人事件を受けて民泊先でのパーティー禁止

民泊ビジネスを世界各国に広めた米Airbnb。誰でも気軽に利用できる民泊の手軽さが大きく支持されている中、宿泊とは異なる目的でレンタルする利用者がいることが以前から問題になっていた。そんな中、家主に「宿泊」と偽ってレンタルした家で開催したハロウィン・パーティーで銃撃事件が起きてしまった。


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。


手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

デジタル化が普及してからは、手書きで手紙やカードを書く機会が明らかに減ってきた。しかし、その「手書きの特別感」に気づいたミレニアル世代たちの間で、いくつかの便利なアプリが人気を博している。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング