パーティーを盛り上げるゲームの主役はトランプ大統領?!

パーティーを盛り上げるゲームの主役はトランプ大統領?!

アメリカではホリデーシーズンに集まる親族や友人たちと食後のテーブルを囲んでボードゲームを楽しむことが多い。デジタル化が進んだ今でもその需要は高いが、世相を表すものは特に人気がある。そんな中、特に注目されているトランプ大統領関連ゲームを紹介しよう。


トランプ大統領にまつわるボードゲーム続出

 子供から年配者まで対象年齢や趣向が多岐にわたるため、販売されているボードゲームの数も多いが、“旬”なボードゲームと言えるのはトランプ大統領を主役にしたゲームの数々だ。数ある商品の中から話題のものを紹介しよう。

 The Trump Presidential Wall Game-MAGA
(トランプ大統領の壁:メイク・アメリカ・グレート・アゲイン)
価格$45(約5,000円)

 国境の壁を模したブロックの上に座っているトランプ大統領の人形を落としたら負けというゲーム。ところがトランプ大統領を支持しない人にとっては、早く彼を落としたほうが勝ちというルールがよいのではという声も。彼を落としたくなるアメリカ人が多いのか、落として悔しがるアメリカ人のほうが多いのか……。

 Trump Cards -Real or Fake News
(トランプ大統領のカード:リアルニュースか、フェイクニュースか)
価格$18.99(約2,000円)

 カードに書かれた内容は実際にトランプ大統領が発言したことなのか、はたまた、それはフェイクニュースなのかを当てるゲーム。トランプ支持者もアンチも両者が楽しめたことは調査済みだとの発売元のお墨付きだ。説明書には、「あなたはどれだけフェイクニュースを見破ることができていたか、その知識をみんなに自慢するチャンス!」と記載されている。質問も回答もトランプ大統領のモノマネをしながら遊べば更にウケそうだ。

大統領就任以前のゲームはプレミア扱い

 トランプ大統領がゲームの主役になっているのは、何も今に始まったことではない。例えばアメリカでは「モノポリー」が人気だが、トランプ大統領がビジネスマンだった頃に作られたボードゲームは、プレミア価値がついている。“リアル・モノポリー”とも言うべき商品の名は『Trump the Game』(トランプの“マネー”ゲーム)

 価格は目安で$135前後(約15,000円前後)もする。「不動産王トランプ氏のように成功できるか?」と謳ったゲームで、トランプ氏の顔が印刷されたゲーム紙幣、コマはアルファベットの「T」をアレンジしたものなどと付属品も凝っている。すでに生産が終了しているために入手が困難らしい。

 大手玩具ブランド「LEGO」まで、トランプ大統領のカスタム・フィギュアを販売している。「Donald Trump – miniBIGS Custom Figure」(ドナルド・トランプ ミニビッグ・カスタム・フィギュア)の価格はお手頃の$20.99(約2,300円)。これを何に使うのかわかりにくいが、LEGO収集家にはたまらない商品なのかもしれない。

 日本では、アメリカはアンチ・トランプ優勢の印象が強いかもしれないが、「みんなで楽しめること」をモットーとするホリデーパーティーのボードゲームは、大統領の支持者もアンチも両者が楽しめる内容に仕上げようとした企業努力が見受けられる。ゲームのように、アメリカの誰もが政治的な話題を笑って話すことができる日はいつ来るのだろうか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

米トランプ大統領の顔の色が、「オレンジ色に見える」と思ったことはないだろうか?アメリカでは、彼が大統領に立候補した頃から徐々にオレンジ色が濃くなっていることや、その理由を知りたがる声が継続的にトークショー番組やSNSを賑わせているが、小麦色の肌を手にいれたいのはトランプ大統領だけではないようだ。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?






最新の投稿


有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

巨額の資産を持つドイツの令嬢になりすましてニューヨークの社交界に入り、高級ホテルの宿泊費やプライベートジェットのフライト代などを踏み倒して有罪判決を受けていた女性詐欺師、アナ・ソロキン。今月、同被告に4~12年の禁固刑が言い渡されたことで再び法廷での彼女の服装や、他の女性被告たちの服装に注目が集まった。


今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング