パーティーを盛り上げるゲームの主役はトランプ大統領?!

パーティーを盛り上げるゲームの主役はトランプ大統領?!

アメリカではホリデーシーズンに集まる親族や友人たちと食後のテーブルを囲んでボードゲームを楽しむことが多い。デジタル化が進んだ今でもその需要は高いが、世相を表すものは特に人気がある。そんな中、特に注目されているトランプ大統領関連ゲームを紹介しよう。


トランプ大統領にまつわるボードゲーム続出

 子供から年配者まで対象年齢や趣向が多岐にわたるため、販売されているボードゲームの数も多いが、“旬”なボードゲームと言えるのはトランプ大統領を主役にしたゲームの数々だ。数ある商品の中から話題のものを紹介しよう。

 The Trump Presidential Wall Game-MAGA
(トランプ大統領の壁:メイク・アメリカ・グレート・アゲイン)
価格$45(約5,000円)

 国境の壁を模したブロックの上に座っているトランプ大統領の人形を落としたら負けというゲーム。ところがトランプ大統領を支持しない人にとっては、早く彼を落としたほうが勝ちというルールがよいのではという声も。彼を落としたくなるアメリカ人が多いのか、落として悔しがるアメリカ人のほうが多いのか……。

 Trump Cards -Real or Fake News
(トランプ大統領のカード:リアルニュースか、フェイクニュースか)
価格$18.99(約2,000円)

 カードに書かれた内容は実際にトランプ大統領が発言したことなのか、はたまた、それはフェイクニュースなのかを当てるゲーム。トランプ支持者もアンチも両者が楽しめたことは調査済みだとの発売元のお墨付きだ。説明書には、「あなたはどれだけフェイクニュースを見破ることができていたか、その知識をみんなに自慢するチャンス!」と記載されている。質問も回答もトランプ大統領のモノマネをしながら遊べば更にウケそうだ。

大統領就任以前のゲームはプレミア扱い

 トランプ大統領がゲームの主役になっているのは、何も今に始まったことではない。例えばアメリカでは「モノポリー」が人気だが、トランプ大統領がビジネスマンだった頃に作られたボードゲームは、プレミア価値がついている。“リアル・モノポリー”とも言うべき商品の名は『Trump the Game』(トランプの“マネー”ゲーム)

 価格は目安で$135前後(約15,000円前後)もする。「不動産王トランプ氏のように成功できるか?」と謳ったゲームで、トランプ氏の顔が印刷されたゲーム紙幣、コマはアルファベットの「T」をアレンジしたものなどと付属品も凝っている。すでに生産が終了しているために入手が困難らしい。

 大手玩具ブランド「LEGO」まで、トランプ大統領のカスタム・フィギュアを販売している。「Donald Trump – miniBIGS Custom Figure」(ドナルド・トランプ ミニビッグ・カスタム・フィギュア)の価格はお手頃の$20.99(約2,300円)。これを何に使うのかわかりにくいが、LEGO収集家にはたまらない商品なのかもしれない。

 日本では、アメリカはアンチ・トランプ優勢の印象が強いかもしれないが、「みんなで楽しめること」をモットーとするホリデーパーティーのボードゲームは、大統領の支持者もアンチも両者が楽しめる内容に仕上げようとした企業努力が見受けられる。ゲームのように、アメリカの誰もが政治的な話題を笑って話すことができる日はいつ来るのだろうか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


今どきのファッションはレンタルが主流!?

今どきのファッションはレンタルが主流!?

アメリカではオンライン・ショッピングが主流となり、名門デパートや専門店が惜しまれながらもその看板を下ろすケースが増えている。それでも景気が良いと言われるアメリカで、突如として頭角を現したショッピング・トレンドが、「レンタル」だ。流行のデザインや色の移り変わりが速いファッション分野に合うこのトレンドが今後の主流となるのか?


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

猫好きなアメリカ人の中には、犬と同じように猫を散歩に連れ出したいと願う人がかなりいる。そんな人たちのニーズを満たすべく開発されたリュック型バブル・キャリーバッグに愛猫を入れて出掛ける人たちの写真がインスタグラムを賑わせている。


リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

トランプ大統領が唯一、フェイクニュースと呼ばないテレビ局としても知られる「FOXニュース・チャンネル」が、米ケーブル局の視聴率調査でCNNなどの大手局を抑えて、堂々たる1位を継続中だ。なぜ、FOXニュースはこれほど人気が高いのだろうか?






最新の投稿


今どきのファッションはレンタルが主流!?

今どきのファッションはレンタルが主流!?

アメリカではオンライン・ショッピングが主流となり、名門デパートや専門店が惜しまれながらもその看板を下ろすケースが増えている。それでも景気が良いと言われるアメリカで、突如として頭角を現したショッピング・トレンドが、「レンタル」だ。流行のデザインや色の移り変わりが速いファッション分野に合うこのトレンドが今後の主流となるのか?


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング