ビール好きの楽園! ビール飲み放題の醸造所ホテル

ビール好きの楽園! ビール飲み放題の醸造所ホテル

それぞれの作り手によって味や風味が異なるクラフトビールの人気が高まっている。アメリカでは6,300以上のクラフトビール醸造所やブルワリーがあると言われるが、昨夏、世界初と言われる「クラフトビール醸造所の中にあるホテル」が誕生し、ビール好きな人たちの夢のディスティネーションとして話題を呼んでいる。


世界初のクラフトビール醸造所内のホテル

 「好きなビールを、好きなだけ飲みたい」、「酔っ払ったら、家に帰るのが面倒だ」と思ったことがある人は多いだろう。そんなビール好きな人たちにとって、夢のようなホテル「Doghouse」が米オハイオ州コロンバスに誕生した。クラフトビールの人気メーカー「Brewdog」が作ったこのホテルは、なんとビール醸造所の中にある。しかも、同社のビールが好きな人たちがクラウドファンディングで賛同して出資し、出来たホテルだ。

 各部屋にはタップ(栓)がついた季節のクラフトビールの樽が用意されているだけでなく、リビングルームとシャワールームには、BrewDogの缶ビールがびっしり詰まった冷蔵庫が設置されている。熱いシャワーを浴びた瞬間に、冷たいビールが飲める仕掛けは、まさにビール好きな人が考えそうなサービスだ。そのDoghouseの映像はこちら
。 

ビール三昧の休暇が味わえる

 ホテルにチェックインする際には、ロビーにバーテンダーが待っており、好きなビールを無料でサービスしてくれる。その駆けつけ一杯のビールを飲みながら、部屋にチェックインすると、部屋の中には飲みきれないほどのビールが待っているのである。

 ビール・ピンポンなどのゲームやアクティビティー、ビールを醸造する際に使われた材料を使用したマッサージなどが受けられるスパ・サービスもあり、醸造所や隣接したインターアクティブなビール博物館の見学もできる。これほどビール三昧を楽しめて、スタンダード・サイズの部屋でもかなり広く、1部屋1泊$162〜とリーズナブルなのは、オハイオ州という立地ゆえだろう。普段はなかなか行かないような州だからこそ、珍しい体験ができると人気は上々だ。

 ちなみに、このBrewdog社のマスコットは犬。よって、このホテルにはペットの犬も同伴できる。自分たちが泊まりたい夢のようなホテルをクラウドファンディングで作ってしまうというこのような流れは、これからますます広がりそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング