卵じゃない卵?! これからの世界を見据えた「植物から作った卵」

卵じゃない卵?! これからの世界を見据えた「植物から作った卵」

肉と魚を食べないベジタリアンや、乳製品も食べないヴィーガンも多いアメリカでは、植物から作った加工食品が数多く販売されている。なかでも注目されている商品が、栄養価が卵と同様に高く、味も見た目も卵にそっくりな「Just Egg」なる商品だ。それを開発・販売するジャスト社が日本の酪農家と組んで新商品を開発中だという。


豆から作った卵の代用品が世界を救う?

 アメリカには、ベジタリアンやヴィーガンを対象とした植物から作られた加工食品がたくさん販売されている。

 ヴィーガン用のマヨネーズやドレッシング、チーズ、バター、アイスクリーム、クッキー生地など驚くほど様々な商品が出ているが、なかでも料理や調理に最も重宝すると言われるのが卵の代用品だ。競合他社が多い中、一線を画しているのが、緑豆から作られた「Just Egg」だ。

アメリカやシンガポールのレストランでもすでに使用されている、豆から作られた卵にそっくりな「Just Egg」の映像はこちら

 この商品は卵のように栄養価が高いが、コレステロールはゼロ。スクランブルエッグやオムレツなどの卵料理だけでなく、フレンチトーストやサンドイッチ、調理のツナギなど様々な料理にも使用できて地球にも優しいため、ベジタリアンやヴィーガンではない人たちにもファンが広がっているという。

日本の赤城和牛の酪農家と協業で「人工肉」を開発中

 様々な植物ベースの商品を開発販売してきたジャスト社には、億万長者のビル・ゲイツ氏やIT長者たちも投資しており、明らかに成長産業だと見られている。注目されるのは、同社が日本の群馬県にある鳥山畜産食品社と組み、昨年11月から、上質な赤城和牛の細胞をアメリカで養殖して人工肉を作る研究開発を開始したことだ。この開発が成功した暁には、シンガポールに拠点を置くグローバルな食品ディストリビューター、Awano Food Groupが世界中への販売を担当する予定だと発表されている。

 ジャスト社のジョシュ・テトリックCEOは、「鳥山畜産が歴史と共に育んだ旨味のある和牛と背景を、ジャスト社のテクノロジー技術を使用して多くのレストランに届けたい。これは地球環境にとって非常に有効なアプローチだ」と話し、鳥山畜産食品の鳥山社長は「この開発が持続可能な肉の生産に繋がってほしい」と話している。

 動物に負担をかけたり、殺さずに肉や卵を味わいたいと考える消費者が多いアメリカにおいて、ジャスト社のような植物ベース食品を開発販売する企業は、今後ますます発展するだろう。同社がアジアのハブといえるシンガポールや、人口増加問題に悩む中国に既に進出していることからも、その流れがつかめる中、環境食品開発に関する日本の今後の対応が気になるところだ。

鳥山牧場
http://akagi-beef.jp/index.html

この記事の寄稿者

関連する投稿


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?


それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は「ハウジング・ブーム」、つまり不動産ブームに沸く南部における、驚きの家の探し方をご紹介しよう。






最新の投稿


年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

演技、歌、料理、映像制作など、世界で一流と言われるプロフェッショナルたちから学べるオンライン・プログラムがある。業界の第一線で活躍している夢のような講師陣が揃うだけでなく、その受講料金の安さで、アメリカで人気に火がついた。


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

毎度お騒がせのドナルド・トランプ大統領が、「彼とディナーを一緒に食べたい人」を募集している。来年の大統領選挙での再選に備えたPR活動の一環だ。公式HPで応募がスタートされるや否や、ネット上は大騒ぎになっている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング