テキサス州で「6才の男の子の性転換」が裁判に?!

テキサス州で「6才の男の子の性転換」が裁判に?!

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。新年の初回はテキサスで行われている裁判、「6才男児はトランスジェンダーなのか、否か」が全米の注目を集めていることについて紹介しよう。


6歳児が性転換手術を受けるのは、どうなのか

 テキサスではここ数ヶ月、トランスジェンダーだと思われている6才の男の子、ジェームス・ヤンガー君が性転換手術の下準備としての化学的去勢措置を受けるべきかどうかが大きな話題になっている。

 ジェームス君は双子の兄弟ジュード君と、離婚した両親の間を行き来しながら暮らしている。ジェームス君が3歳の時、小児科医の母親が「この子はトランスジェンダーだ」と「判定」し、ルナという名前で呼んで女の子の服を着せ、幼稚園や小学校にも、女の子として登録した。しかし、ジェームス君は父親と一緒にいるときは女の子の服を着ることを拒み、ルナと呼ばれることも嫌がり、普通の男の子として振る舞っている。ジェームス君の友人の親たちも、「父親と一緒にいるときのジェームス君の立ち居振る舞いを見ている限り、彼がトランスジェンダーだとは全く想像つかない」と証言している。

 それでも、ジェームス君の母親は彼をトランスジェンダー専門セラピーに通わせ、彼に性欲抑制剤を使った化学的去勢措置を受けさせようとしている。母親側についている専門家たちは皆、「心の性と身体の性が一致しないことは精神衛生上良くないため、性転換のプロセスはできる限り早くしたほうが本人のため」だと言っている。

もし彼がトランスジェンダーではなかったら?

 一方、父親側についている精神科医は、「ジェームス君は、自分のことをトランスジェンダーだと思い込んでいる母親を喜ばせるためにトランスジェンダーの振りをしているだけかもしれない。本人の意志で性転換手術を希望できる年頃になるまで、薬物使用は待つべきだ」と話している。

 父親が起こした裁判では、母親側の見解が認められた。しかし、父親側は上訴する構えで、その意思を支援するべくテキサス州内の多くの教会でも父親側を援助するための募金が行われている。テキサス在住者の約半数はプロテスタント、2割強はカトリックで、彼らのほとんどが「神は過ちを犯さない=心の性と身体の性が一致しない人間を神が創造することはない」と思っているからだ。

 そして、テキサス人の多くが、保守派の判事が多いテキサス最高裁、さらにアメリカで最も保守的な第5控訴裁判所(管轄州はルイジアナ、ミシシッピー、テキサス)が、一審の判決を覆してくれるはずだと信じている。

 これはまさに「テキサスならでは」の裁判だ。リベラル派が圧倒的に多いカリフォルニア州やニューヨーク州では、子供の性転換手術に反対する人々の意見が地方・最高・控訴裁判所で聞き入れられるはずがないことが分かり切っているため、どの弁護士も勝算のないケースには手をつけたがらない。従って、このような裁判はリベラルな州では起こりえないのだ。

 テキサスにも、トランスジェンダーの権利を認めるべきだと思っている中道派は少なくないが、彼らの多くも「化学的去勢を小学校の低学年から始めるのは、あまりにも早すぎるのでは?」と思っているようだ。トランスジェンダー関連の裁判は前例が非常に少ないため、テキサス最高裁がどんな判例を出すか目が離せない。

ジェームス君の父親派の人々が立ち上げたサイト
http://savejames.com/

ダラス地方裁判所に提出された書類
http://savejames.com/wp-content/uploads/2018/09/Younger-VS-Georgulas.pdf

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


社会的な弱者を決めつける、矛盾だらけのリベラル派

社会的な弱者を決めつける、矛盾だらけのリベラル派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は「社会的弱者として擁護されるべき人々」を、「白人男性以外」、「キリスト教以外」だと決めつけているように見えるリベラル派の矛盾を、保守派はどう見ているのかについて。


アラバマ州で中絶違法が決定 女性たちの権利はどうなるのか?

アラバマ州で中絶違法が決定 女性たちの権利はどうなるのか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先日アラバマ州で中絶が禁止される法案が通ったことについて。リベラル派の著者が「これは女性の権利が取り上げられたも同然」と大反論する法律とは、どんな内容なのか?


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。






最新の投稿


他人と会話が続かない人が増えている?

他人と会話が続かない人が増えている?

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は、ユーザーの質問に答えるAI 搭載の電子機器がアメリカの日常生活に浸透する一方で、他人と会話のキャッチボールができない人が増えていることについて。


年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

演技、歌、料理、映像制作など、世界で一流と言われるプロフェッショナルたちから学べるオンライン・プログラムがある。業界の第一線で活躍している夢のような講師陣が揃うだけでなく、その受講料金の安さで、アメリカで人気に火がついた。


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング