アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


「福袋」ではなく「福箱」?

 「開けてみるまで何が入っているか分からない」というワクワク感を誘う福袋。そんな福袋の発想にかなり近いアメリカの商材が、「サブスクリプション・ボックス」だ。サブスクリプション・ボックスは、定期購買契約をした人だけに届く「お楽しみ箱」のようなもの。契約する商品によってシーズン(四半期)ごとに届くものや、毎月届くものなど頻度はさまざま。各社のボックスの中身も生活雑貨や化粧品などバラエティーに富んでいる。

 種類豊富なサブスクリプション・ボックスの中でも、特に人気が高いのは「FubFitFun」だ。最新の化粧品からファッション雑貨、フィットネス商品に至るまで、女性なら心躍るような商品がぎっしりと箱に詰められて届く。値段は1回49.99ドルで、年4回の契約だが、箱に詰められた商品の総額は200ドルを軽く超える。

 特筆すべきは、箱に入っている商品はすべてファッション誌などで話題になっているような人気商材であること。「FubFitFun」を紹介するチャンネルを立ち上げて、人気を博しているユーチューバーも存在する。その中の一人、クリスティン・マグゴーワンが紹介する、FubFitFunの最新ボックス紹介はこちら。

化粧品を大きめの「お試しサイズ」で楽しめるメリット

 さまざまなサブスクリプション・ボックスの中で、化粧品を扱うボックスの数が最も多い。価格は平均1カ月10ドル〜25ドルと手頃で、箱の中には約5〜10品の化粧品が詰められている。日本でもお馴染みのコスメグッズ・チェーン店「Sephora」の販売するボックス「Play!」(1カ月10ドル)をはじめ、「Ipsy」(1カ月10ドル)、「Allure Beauty Box」(1カ月15ドル)などは特に人気が高い。

 化粧品のサブスクリプション・ボックスに入る商品の8割近くは、大きめの「サンプル・サイズ」だ。サンプルと言っても1回や2回で使い終わる小さなサイズではなく、商品によっては、たっぷり1カ月は使える量のものがほとんど。「高いお金を払って正規サイズを買う前に、商品を試したい」という人には、理にかなっているサービスと言えるだろう。しかも残りの2割の商品は、フルサイズで届けられることが多く、たった10ドルで、総額100ドル分の価値に近い商品を入手できるときもある。

 化粧品以外のサブスクリプション・ボックスで話題なのは、購買者として相応しいかどうかの審査がある男性向け高級品のサブスクリプション「Gentleman’s Box Premium」(1カ月100ドル)や、サンリオ商品などの日本の雑貨を集めた「Kawaii Box」(1カ月19.90ドル)など。残念ながら、これらのほとんどが海外発送は対応していないが、アメリカではこのサブスクリプション・ボックスの需要は年々増えているらしい。

 日本でも、千趣会など「定期頒布」をうたうサービスは以前からあるが、新しいビジネス・チャンスを狙う人は、このアメリカのサブスクリプション・ボックスのビジネスモデルを参考にしてみてはどうだろう?

この記事の寄稿者

関連する投稿


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。


MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

米マサチューセッツ工科大学(MIT)傘下の名門研究所MITメディアラボの所長を務めていた伊藤穣一氏が、少女への性的虐待疑惑で起訴された刑務所で自殺した米富豪ジェフリー・エプスタイン氏との関係を表す証拠メールが公表された直後、メディアラボ所長を辞任した。


こんなに違う! アメリカの「就活」常識

こんなに違う! アメリカの「就活」常識

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届け。今回は日本とは異なる、アメリカの「就活」の常識について。


アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカでは、夏の行楽シーズンや、卒業・学年末などのシーズンになると「SignUpGenius(サインナップ・ジニアス)」というサイトを使ったEメールが頻繁に飛び交う。学校やサークル、ボランティア活動、様々な集会などに欠かせない便利なツールの具体的な使われ方とは?


待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

世界的に有名な米女性歌手、レディー・ガガ。楽曲やパフォーマンスはもちろん、ファッショニスタとしても注目される彼女自身のプロデュースによる初のビューティー・ブランド「Haus Laboratories」がローンチする。しかも、アマゾン・ドットコム社の独占販売になるという。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング