アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


一貫しないメッセージ

 ニューヨークのリバティ島に立つ「自由の女神像」は、その昔、米合衆国移民局が置かれていたエリス島至近にある。その手に掲げられた松明(たいまつ)は、誰にでもチャンスがある国にたどり着いたことを移民たちに示す象徴として高く掲げられ、女神の台座には次の言葉が刻まれている。

 私は疲れ果て、貧しさにあえぎ、自由の息吹を求める群衆を受け入れる
 他国の岸辺でみじめに拒まれ続ける多くの人々
 彼らを私のもとに送りたまえ。嵐の中、身の置き場もない彼らを
 希望の灯を掲げて迎えよう、自由の国はここなのだと

 現在のアメリカは、この言葉とは全く異なるメッセージを世界に送っているようなものだ。ドナルド・トランプは移民をアメリカの敵として描くことによって、彼の支持者を狂乱ともいえる興奮状態に陥れているからだ。トランプは移民を締め出すために、南の国境線に沿って2,000マイルもの壁を建設しようとしている。亡命を求めて国境に到着した貧困層や迫害された移民の多くは、自分の子供と離されて檻のような囲いのある収容所に入れられている。これは移民を望む人たちにアメリカに来ることを断念させるために、トランプ政権が使っている戦術だ。

人民の、人民による、人民のための政治

 1月3日に第116回連邦議会が開かれた。新しい議員の顔ぶれは、これまで議会に選出された中で最も多様だ。その内訳を見てみよう。

 米連邦議会に加わった新議員は111人。そのうちの67人が民主党員、44人が共和党員だ。新議員の42人が女性で、これまでで最多の女性議員数となった。その女性議員たちの38人が民主党員、4人が共和党員だ。新議員の24人は白人以外の人種であり、23人は民主党員、残りの1人は共和党員である。また、今回初めてソマリア系アメリカ人、パレスチナ系アメリカ人、先住アメリカ人が議員に選出された。その3人全員が女性で、民主党員だ。

 民主党と共和党の違いは明白である。民主党員は男性と女性、そして多様な民族や背景の組み合わせからなるが、共和党員は37人の白人男性、4人の白人女性、そして1人のラテン系男性という構成だ。

民主党もしくは共和党は、本当のアメリカを代表しているのか?

 アメリカは常に「素晴らしい人種のるつぼ」を目指してきたが、歴史上、経済的にも文化的にも白人男性によって支配されてきたと言える。しかし、アメリカは人口的にみると、ますます多様化していることは明らかである。民主党員の議員たちも、共和党員の議員たちも、どちらもアメリカを代表している。民主党は多様性への変化を受け入れているが(進歩的)、共和党はこの変化に対し抵抗を続け、まるで後ろ向きに見ているかのようだ(保守的)。

 誇り高く自由主義的で進歩的な民主党員のひとりとして、私はより包括的な変化を受け入れている。また、白人のひとりとして、同志であるアメリカ人の多くがなぜその変化に抵抗するのかもわかる。同一性には強さがあり、整然性には安心感があるからだ。変化は確かに不確実性をもたらす可能性があり、恐怖を感じることもある。政治家は人々のこうした心理を熟知している。人々のその恐怖心を上手に利用し、自分たちとは異なる人々を怖がるのは正しいと言うことによって、票を獲得できることを知っているのだ。

 しかし、私たちは変化が恐怖に屈しないことも知っている。この世にはそもそも変化しないものなどないのだ。我々がどれほど頑張っても時間の進行を止めることはできないし、人々の顔は年齢とともに変化する。若々しい滑らかさは美しいかもしれないが、何年もの間に作られた笑顔や心配から刻まれる深いシワやざらつきも含め、必要な変化なのだ。私たちが一生をかけて経験したことを、その顔に表し続けているのと同じように、アメリカもまた変化の受け入れには柔軟でなければならないはずだ。それが例え今までに経験したことのないような変化でも。それこそがアメリカが国として作っていくべき顔であり、人類の顔なのである。

この記事の寄稿者

1974年生まれ。文学書とコーヒーを愛するコラムニスト。書籍に関しては幅広く読むが、コーヒーに関しては、豆の原産地から流通や焙煎の過程までを詳細にフォローし、納得したものだけを味わうことにしている。温厚で穏やかな性格であるものの、コーヒー豆へのこだわりと同様に理路整然としない、あるいは納得できない社会の動きに対しては、牙をむく活動派的な一面もある。妻と犬一匹と共に、カリフォルニア州オークランド在住。

関連する投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領による渡航禁止令で混乱するアメリカ、事前警告がなかったと困惑するEUの件などについて。


バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の再選を阻止しようとする民主党代表候補バイデン氏の「失言や物忘れがひどすぎやしないか」という件について。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング