寒い冬の味方、腕時計型の温度調整ガジェット

寒い冬の味方、腕時計型の温度調整ガジェット

底冷えする寒い季節には、部屋の暖房をつけ続けたり、ときには室内でも服を着こまざるを得ない日も多いはず。そんな冬にぜひ手にしたい携帯型の新ガジェットがアメリカで発売された。


暑さ、寒さを感じるメカニズムの真相

 「寒くなると暖房、暑い日には冷房のスイッチを入れる」ことは、現代人の習慣のひとつになっているが、健康面、経済面、環境面のすべてにおいて、その習慣は必ずしも理想的ではないことは誰もが認識しているはず。室内の温度調整にかかるコストはバカにならず、設定温度によっては暑過ぎたり、冷え過ぎたりして体調を壊す人もいるだろう。環境面でもエアコンの冷媒(フロン)が、オゾン層破壊や地球温暖化に影響しているという話は、毎年のように問題になる。

 そんな問題を一気に解決するガジェット「 Embr Wave (エンバー・ウェーブ)」が、今アメリカで注目を集めている。腕時計のように手首に装着して利用するこのガジェットは、気温に合わせて室内の温度をコントロールするのではなく、「気温の感じ方」をコントロールすることで、人がより快適に気温変化に順応できるようにするという優れものだ。その商品を紹介した映像はこちら。

MITの学生プロジェクトが大化け!

 Embr Waveは、MITの学生だったマシュー・スミス氏ら3人が、授業の課題として取り組み、開発を始めたことをきっかけに事業化された。彼らは温度を敏感に感じる神経が手首の内側に集中していることに着目。Embr Waveは装着する局部に対して、ヒートパットやアイスパットを装着しているのと同じ効果が得られるように設計されている。3分間これを装着するだけで、寒さに対して4.6度体感温度がアップし、暑さに対しては5.1度も体感温度が下がるそうだ。開発向上は日々継続されており、専用アプリで新機能を常に更新できる。

 暑がり、寒がりという言葉があるように、気温の感じ方には個人差がある。その感じ方の差異によって、外気の体感温度をパーソナライズできるのは画期的だ。雪山へのスキーに半袖のTシャツだけで出掛けるような極端な環境は作れなくても、特に寒い冬日や猛暑のような夏日には、こうした商品のニーズは高いだろう。また、このような商品が市場に浸透していけば、暖房や冷房を利かせすぎることや、それによって引き起こされる環境問題も防げるようになるかもしれない。今後の動きに注目したいガジェットだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港が、8月20日から空港内における使い捨ての飲料水入りペットボトルの販売を禁止することを発表した。世界的にプラスチック製ゴミの問題が大きくなる中、それを減らすために市をあげて取り組む姿勢だ。


こんなに違う! アメリカの「就活」常識

こんなに違う! アメリカの「就活」常識

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届け。今回は日本とは異なる、アメリカの「就活」の常識について。


アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカでは、夏の行楽シーズンや、卒業・学年末などのシーズンになると「SignUpGenius(サインナップ・ジニアス)」というサイトを使ったEメールが頻繁に飛び交う。学校やサークル、ボランティア活動、様々な集会などに欠かせない便利なツールの具体的な使われ方とは?


【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領が来年11月に予定されている次期大統領選への立候補を正式表明したことについて。


アメリカらしい新ビジネス、社会貢献を定期購入?

アメリカらしい新ビジネス、社会貢献を定期購入?

アメリカでは社会貢献活動が生活の一部に根付いている。寄付やボランティア活動など、多くの人が何らかの形で定期的に社会や地域を良くするための活動を支援しているが、そんなアメリカにおける文化的な慣習に目をつけた、ちょっと変わった新しいビジネスが登場して話題になっている。






最新の投稿


【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はタイム誌の「共和党はアメリカを白人共和国にするためにトランプを支持し、アメリカを破壊しようとしている」という記事について。


世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港が、8月20日から空港内における使い捨ての飲料水入りペットボトルの販売を禁止することを発表した。世界的にプラスチック製ゴミの問題が大きくなる中、それを減らすために市をあげて取り組む姿勢だ。


今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

先月開催されたアマゾン・ドットコム社による恒例の大バーゲン、アマゾン・プライムデー。毎年、たった1日で爆発的に売れた商品がいくつか出現するので、話題になる。今年アメリカで飛び抜けて売れた商品を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アメリカで家を新築するのはなかなか大変

アメリカで家を新築するのはなかなか大変

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は長年住んだアーカンソー州から、同じく南部のケンタッキー州へ引っ越した話。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング