インディアナ州では1ドルで家が買える?

インディアナ州では1ドルで家が買える?

若者たちが都会に職を求め、高齢化が進んだ日本の過疎地では、廃墟と化した家がタダ同然で売られているが、アメリカにも似たようなケースがある。インディアナ州ゲイリー市が「都市の再生」を掲げて打ち出した秘策は、「1ドル住宅プログラム」。あなたはこれらの家を買いたいと思うだろうか?


販売価格は1ドル、ただし取得は条件つき

 人口流出が止まらない過疎地などで、住む人がいなくなった家の老朽化が進んでしまうのは、万国共通。アメリカでも数年前からインディアナ州ゲイリー市が「1ドル住宅プロジェクト」を実施している。今年も11軒の1ドル住宅を用意して、その購入者を募ったところ応募者が殺到。これから7ケ月をかけて申込者を審査するそうだ。

 販売される家の所有権は、現状、同市が所有している。家はすべて大規模な修繕が必要で、市の安全基準などを満たしていないものも多い。一軒の販売価格は1ドルだが、申し込むためには日本円で約380万円の年収があることや、180日以内に家の外部分についての市の安全基準を満たすように修繕すること、1年以内に内装を人が住める状態に修繕すること、そして5年間はその家に住み続けることを了解しなければいけない。家の権利が購入者に完全譲渡されるのは入居から5年後だ。同プラグラムの詳細は同市ホームページに記載されている。

1ドルで家が買える夢、そして厳しい現実

 ゲイリー市は鉄鋼業で栄えた土地だったが、1960年を境に鉄鋼業が衰退。それと共に人口が減少し、現在、市の人口は最盛期の半分以下だ。主を失った家はそのまま放置されてしまうことも多く、現在、市内の3分の1は空き家だという。

 衰弱化する経済活動と比例するように、同市では犯罪率も増加した。たとえば破壊行為や放火などが繰り返された学校は使いものにならなくなり、販売に出されているような状況だ。学校を維持するためにかかった1億ドルもの累積債務を返済するには、新たな買い手を探すしか方法はないという。

 1ドルで家を購入し、修繕をして住めるようにしても、ゲイリー市自体が住む土地として相応しいか否かは別問題ということになる。また1ドルで売られる家の老朽化はかなり深刻で、最低でも2万〜3万ドルの修繕費を見積もらねばならない現状のようだ。1ドルで購入可能なマイホームの現実は甘くなさそうだ。

 しかし、ミシガン州デトロイト市のように、自動車産業衰退後、一時はギャングによる犯罪が横行し、2013年には財政破綻宣言までしたが、「アート」で再生をはかりつつあるポジティブな例もあるため、ゲイリー市は「1ドル住宅プログラム」が、新しい街づくりのための大きなきっかけになることを期待しているそうだ。新しい人たちによって作られる新しい空気によって、街に再び命が注がれる――ゲイリー市の挑戦は、まだ始まったばかりだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(2)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(2)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第2回目は、新築よりも中古物件の方が人気ある理由を解説しよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回から3回連続で、アメリカで家を買いたい方や、不動産投資を考えている方々にも参考になる「アメリカでの家探し」について解説しよう。


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。


MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

米マサチューセッツ工科大学(MIT)傘下の名門研究所MITメディアラボの所長を務めていた伊藤穣一氏が、少女への性的虐待疑惑で起訴された刑務所で自殺した米富豪ジェフリー・エプスタイン氏との関係を表す証拠メールが公表された直後、メディアラボ所長を辞任した。






最新の投稿


【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は「アメリカには、なぜトランプが必要だったのか?」という米メディア記事について。


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング