アメリカで今、最も有名な日本人「こんまり」のメソッドが炎上中?

アメリカで今、最も有名な日本人「こんまり」のメソッドが炎上中?

日本で2010年に出版された『人生がときめく片付けの魔法』が100万部を超えるベストセラーになった“片付けコンサルタント”の近藤麻理恵さん。アメリカでの人気が高まり、Netflixの冠番組も大反響を呼んでいるが、フォロワーの賞賛意見と共に、「こんまりの言うことなど聞くな」という反対意見も飛び交い、SNSを賑わせている。


“Does it spark joy?” 日本人がアメリカに起こしたセンセーション

 “Does it spark joy?” (トキメキますか?)が流行語にもなりそうな勢いでアメリカに旋風を巻き起こしている。これは、日本では100万部を超えるベストセラー『人生がときめく片付けの魔法』を出版した“片付けコンサルタント”として既に知られている近藤麻理恵さんのセリフ。同書の翻訳版はアメリカでもベストセラーとなり、『タイム』誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれたことがある近藤さんは、「Konmari」(こんまり)メソッドの提唱者としてアメリカでも認知されつつあったが、自らの名を冠したNetflixのオリジナル・シリーズ「Tidying Up with Marie Kondo」が放映されると大反響を呼び、今まさに時の人となっている。

 この番組は日本のNetflixでも今年から配信が開始されているのでご存知の方も多いだろう。アメリカでは同番組はプロのインテリア・デザイナーから一般家庭の主婦たちにまで幅広い人々に影響を与えており、放映の翌日に職場で「妻が僕の大切なコレクションを見せながら、Does this spark joy?(これにトキメキ感じるか?)と聞いてきた」とか、「家族が急に家中の片付けを始めた。掃除の人を解約できたから良かったが、何があったのだろう?」という世間話が飛び交うほどだ。

 また、放映の翌日には、番組に感化された大勢の人々が家を片付けて、いろんなものを寄付するために赤十字やGood Willのような大規模なスリフトショップ(中古品販売所※)に持ちこむため、寄付をするために並ぶ順番待ちの列ができる。その様子をとらえた写真がインスタグラムなどのSNSで拡散され、逆に「スリフトショップで掘り出し物を探すなら今が狙いどき!」という声も上がっているとか。そんな番組放映後のサイドエフェクトも話題になり、「Konmari」の名前とメソッドは、なお一層アメリカ社会で広まりを見せている。

片付けメソッドが受け入れられないのは、外国人恐怖症だから?

 同番組では、出演者家族の奥深いドラマもあり、片付けることによって忘れていた大切なものを思い出したり、絆を深めたりするシーンも描かれる。そのため、近藤さんは、片付けコンサルタントという顔だけではなく、メンターのような役割も果たしている。視聴者はそれに共感したり、感動した余韻に浸ることで、つい自分も周囲を片づけたくなってしまうのだろう。

 近藤さんはまず初めに正座をして目を閉じ、家に挨拶をする。この様子はどこか禅などの東洋のスピリチャルなものを彷彿させるが、日本人である彼女の丁寧な対応や所作と相まって、異文化として意外にも多くのアメリカ人にすんなりと受け入れられているようだ。また、ものを捨てる際に「ありがとう」とお礼を言うあたりは、「今あるものに感謝する」というクリスチャンの信仰とも合致しているため、「そういえば今までは家や物に感謝を表したことがなかった」と共感する人も多いという。

 しかし、人気が出れば当然、それに異議を唱える人も大勢出てくる。例えば近藤さんが提唱する内容と実際には異なる「本を30冊しか持てない説」などには、怒る意見がSNSに踊り、炎上している。また、そうした議論を発端に「アメリカ人は他人から指図されたくないのだ」とか、「こんまりに賛同できないのは外国人恐怖症だから」などと、「片付けメソッド」を大きく飛び越えて、さまざまな議論が展開していることもニュースになっている。

 これほど話題になる番組が何シリーズまで続くのか、行方が楽しみだ。

スリフトショップ(※)
中古品特価販売所。一般から寄付されたものを販売した売り上げ金が貧困層の教育費などの寄付に当てられる。

この記事の寄稿者

関連する投稿


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?


それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は「ハウジング・ブーム」、つまり不動産ブームに沸く南部における、驚きの家の探し方をご紹介しよう。


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?


全米にじわじわと広がる「食べられるスプーン」ムーブメント

全米にじわじわと広がる「食べられるスプーン」ムーブメント

「食べられるスプーン」がアメリカで人気が出始めている。環境保護の観点から、プラスチック・ストローの使用を違法とする州なども増え、食にまつわる常識が変わりゆくアメリカ。食べられるスプーンは時代のニーズ的にも合っているようだ。






最新の投稿


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は世界的な大企業のシェル石油が気候変動抑制を支持し、長年の米国でのロビー活動をやめると発表したことについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング