知らない人を結婚式に招待! 〜アメリカのオープンウェディングとは?〜

知らない人を結婚式に招待! 〜アメリカのオープンウェディングとは?〜

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は多様なアメリカで広がり始めた、新しいタイプの結婚式をご紹介。


結婚式参加者を一般に呼びかけ

 きらびやかなドレスに身をまとった新婦。白とゴールドがテーマのデコレーション。親友からの手紙に涙する参列者。一見、普通に見えるこの結婚式だが、ひとつだけおかしな点がある——参列者のほとんどが新郎新婦を知らない赤の他人なのだ。

 これは私がニューヨークで最近参加した、「オープン・ウェディング」の一幕。最初に友達に誘われた時は「え? なにそれ?」と思ったのだが、新郎新婦がイベントページに載せたメッセージとオープン・ウェディングというコンセプトに心を掴まれた。オープン・ウェディングというのは、RSVP(参加することを事前登録)すれば誰でも参加できる結婚式のことで、特に決まりや常識はない。

 私の参加したオープン・ウェディングはフェイスブックのイベントページで拡散され、Eventbriteというイベントのチケットなどをオンラインで予約できるウェブサイトを通じて出席できる仕組みだった。イベント案内として書かれていたのは、

• イスラム教には結婚文化の伝統に “Walima” (祝福)というものがあり、家族と友達、そしてご近所さんが招待される
• 新郎新婦はその「ご近所さん」をニューヨーク市全体に広げた
• 式への出席は無料
• 洋服は派手なものを着てくること

おおまかに言えば、条件はこの4つだった。

祝福の形にも多様化の波

 イベントはホテルの会場で行われ、食事から始まり、新郎新婦の入場、パフォーマンス(余興)、親友・両親からの手紙の朗読、そして新郎新婦のスローダンスというアメリカの一般的なウェディング・レセプション、日本でいう披露宴と同じような流れだった。新郎がイスラム教で新婦がラテン系であること、そしてニューヨークというロケーションもあってか、参加者はとても多様だった。他の参加者にこのイベントに来た理由を聞くと、「結婚式に参加したことがないから」、「おしゃれをする理由づくり」、「ただ面白そうだったから」というような声が多かった。

 新郎新婦を知らなくても、幸せな家族の始まりを見ることや、愛の溢れる空間を体感できる点は他の結婚式と変わらない。人種や宗教が違っても愛の形は人それぞれで、カップルによって結婚式の形も異なるのだろう。確かにちょっと不思議な形ではあるが、こうした式はこれからもっと主流になるかもしれない。多様な愛の祝福のあり方に、これからも目が離せない。

この記事の寄稿者

1997年生まれ、21歳。東京都出身。青山学院初等部・中等部を卒業後、米国バージニア州の女子校、St. Margaret’s Schoolに2年通う。2015年にコネチカット州のWestminster Schoolに転校し、卒業。現在はニューヨークにあるコロンビア大学・バーナードカレッジにて都市計画と国際関係、教育を専攻し、国際貢献の分野を志している。

関連する投稿


「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。ハーバード大学やスタンフォード大学――誰もが知る名門校だが、合格しても、このような名門大学には行きたくない人もいるらしい。


ロサンゼルス発 キャンピングカーで泡パーティーを!

ロサンゼルス発 キャンピングカーで泡パーティーを!

結婚式などのお祝いをはじめ、パーティーシーンで欠かせないのが、シャンパンやプロセッコなどスパークリング系ワイン。楽しいひと時をより楽しくしてくれるだけでなく、インスタ映えする新しいパーティー・サービスとは?


学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

アメリカでは多くの子供たちが学校には通わず、親が自宅で教える「ホームスクール」で勉強している。こうしたホームスクールの多くは、オンライン教育を上手に取り入れており、数あるオンライン・プログラムの中には、『ハリー・ポッター』がテーマの科学の授業などもあり、人気を呼んでいる。


リサイクルよりも環境に優しい店がNYに登場! 容器持参で食材を買う

リサイクルよりも環境に優しい店がNYに登場! 容器持参で食材を買う

食材の買い物には、持参したエコバックを使用する人が増えたが、それでも店が用意したビニールの買い物袋を使用する人は後を絶たない。また、買い物袋だけでなく、パッケージ容器などのプラスティック製品はリサイクルできないものが多く、ゴミはなかなか減らない。そんな現状を変えるべく、さらに環境に優しい店が登場し、話題を呼んでいる。


【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は下院リベラル派の新人女性議員、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス氏が全米の注目を浴びていることについて。






最新の投稿


「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。ハーバード大学やスタンフォード大学――誰もが知る名門校だが、合格しても、このような名門大学には行きたくない人もいるらしい。


成功への選択「素直な心」2019年2月22日~2月28日

成功への選択「素直な心」2019年2月22日~2月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


ロサンゼルス発 キャンピングカーで泡パーティーを!

ロサンゼルス発 キャンピングカーで泡パーティーを!

結婚式などのお祝いをはじめ、パーティーシーンで欠かせないのが、シャンパンやプロセッコなどスパークリング系ワイン。楽しいひと時をより楽しくしてくれるだけでなく、インスタ映えする新しいパーティー・サービスとは?


大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、保守派が多く住むと言われるテキサス州で、人々はどのように軍人を見ているのかがわかるニュースにまつわる話。


学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

アメリカでは多くの子供たちが学校には通わず、親が自宅で教える「ホームスクール」で勉強している。こうしたホームスクールの多くは、オンライン教育を上手に取り入れており、数あるオンライン・プログラムの中には、『ハリー・ポッター』がテーマの科学の授業などもあり、人気を呼んでいる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング