「使用済みのティッシュペーパー」を高額で販売?!

「使用済みのティッシュペーパー」を高額で販売?!

他人が使用したティッシュペーパーなど、触りたくもないと思う方が一般的な気がするが、米ロサンゼルスに、それを高値で販売している会社がある。なぜ、そんなものが売られているのだろう? そもそも、誰がわざわざ他人が使用したティッシュペーパーを購入するのだろうか?


誰が買うの? 8千円以上もする「使用済みティッシュ」

 アメリカで「使用済みのティッシュペーパー」が$79.99(約8,200円)という高値で販売されていることが話題だ。冗談のような話だが、理科の実験室などで使われるガラスのペトリ皿に入った「他人が鼻をかんだ後のティッシュペーパー」が、おしゃれな箱に入って販売されているのである。

 その「使用済みのティッシュペーパー」は北欧コペンハーゲン生まれ。商品の名は「VaevTissue」という。米ロサンゼルスにあるVAEV社が、インフルエンザの予防グッズとして、このティッシュを販売しているのだ。その商品のCM映像はこちら。

アンチ予防接種派が支持、それホント?

 この季節は日本と同様、アメリカでもインフルエンザが流行する。かかる前に予防するために通常は予防接種を受けるが、アメリカでは近年、予防接種によって喘息の悪化やアレルギー反応、副作用や効果への懸念が拡がっている。また、予防接種を通例化することで儲かる産業に対して不信感を抱く人たちも増えつつあり、そのような考えを支持する人たちは予防接種を受けていない。

 しかし予防接種反対派も、インフルエンザのように毎年流行して、しかも命にかかわるような病気にはなりたくないはずだ。同社の創業者であるオリヴァー・ニーセン氏(34歳)も、『タイム』紙の取材に対して、「予防接種の注射針や薬を使うよりも、誰かのくしゃみによって菌のついたティッシュペーパーで鼻をこする方が安全だ」と話しており、購入者は予防接種の代替品を模索して同商品に辿り着く20代の若い親が多いという。

 そして、この商品のキャッチフレーズは、「自分の都合のよい時に病気になれる」(get sick on your own terms)。旅行に行く前など、このティッシュで鼻をふいて先に風邪にかかって免疫をつけようということらしい。しかも同社によると、この商品がこれまでに1,000箱近く売れ、現在は売り切れ状態。確かに同社のサイトを見ると「Sold Out」と書かれている。

 しかし、アリゾナ大学の微生物学者であるガーバ教授や、ヴァンダビルド大学の感染症学者のシャフナー教授らは、この商品には効果がないどころか、危険だと警告している。ティシュペーパーについている菌は決して1種類ではなく、約200種類ほどの菌が付着しているはずだという。また、このニュースを報道したFOXニュースも、同社の販売実績について「これまでに実際いくつ売れたのかは明らかではないが、同社は売り切れで在庫がないと言っている」と含みのある表現でニュースを締めている。

 これを買うか、買わないかはともかく、病気になる時期を自分でコントロールするとか、政府機関の情報は信用せずに自分の身は自分で守るべきという宣伝文句は、いかにもアメリカらしいと言えるだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

「甘いドーナツとコーヒー」の組み合わせは、アメリカの定番朝食メニューのひとつ。しかし最近のヘルシー志向の影響を受け、ドーナツ屋でさえも、ドーナツ以外の異なるメニュー開発に力を注いでいる。世界展開をするドーナツ・チェーン、「ダンキン・ドーナツ」でも、健康的な「ブレックファスト・ボウル」なるメニューを開始して話題を呼んでいる。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。






最新の投稿


年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

年間180ドルで、世界の一流から学べる夢の授業

演技、歌、料理、映像制作など、世界で一流と言われるプロフェッショナルたちから学べるオンライン・プログラムがある。業界の第一線で活躍している夢のような講師陣が揃うだけでなく、その受講料金の安さで、アメリカで人気に火がついた。


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

毎度お騒がせのドナルド・トランプ大統領が、「彼とディナーを一緒に食べたい人」を募集している。来年の大統領選挙での再選に備えたPR活動の一環だ。公式HPで応募がスタートされるや否や、ネット上は大騒ぎになっている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング