自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

世界100都市以上で自転車シェア・サービスを展開している「Lime」。自転車から電動自転車、電動スクーターのシェアへとビジネスを拡大させてきたが、昨年末に自動車をシェアする「Lime Pod」をワシントン州シアトル市にて開始した。すでに大手自動車企業2社がシェア・サービスを展開している同市において「Lime」に勝算はあるのか?


自転車シェアの技術を採用 QRコードで簡単に車のドアロックを開閉

 ライム色の自転車が目印の「Lime」は、「乗りたいときに乗りたい分だけ乗り、どこでも乗り捨てできる自転車シェア・サービス」を提供する、サンフランシスコに本拠地を持つスタートアップ企業だ。アメリカには自転車シェア・サービスを提供する企業や自治体は山ほどあるが、同社は世界100都市以上で自転車シェア・サービスを展開中だ。そんな彼らが昨年末、ワシントン州シアトル市で自動車シェア「Lime Pod」を開始した。

 「Lime Pod」の車両には、おしゃれでスポーティーなイタリア車のFiatを採用。小さな車だが4人乗りで、小回りが利くため路上駐車もしやすい。現状はまだ電気自動車ではないが、徐々に電気自動車に移行していきたいとのこと。また、大手自動車会社が運営する自動車シェア・サービスでは専用アプリにその都度、個別コードを入力してドアのロックを開閉しなければならないのに対し、「Lime Pod」では車体に貼られたQRコードをスマホにかざすだけで簡単にドアの鍵が開閉できるのが特徴だ。これは同社が培った自転車シェア・サービスで使用しているQRコードと同じシステムで、大手競合他社と大きく異なるセールスポイントだという。この「Lime Pod」の利用法がわかる映像はこちら。

大手企業2社を相手に勝算はあるのか?

 シアトル市は交通渋滞を減らすことに繋がる事業に協力的なため、すでに大手企業が運営する自動車シェア・サービス、「Car2Go」と「ReachNow」の2社がビジネスを展開している。「Car2Go」はメルセデスベンツのダイムラー社、「ReachNow」はBMW社が所有するサービスで、両社とも市内に約700台の車両があり、「Car2Go」はシアトル市内だけでも12万8千人もの会員がいる。しかも、この2社は自動車シェア・サービス事業を合併する予定を発表しており、合併後は電気自動車の充電ステーションやアプリの共有、配車サービスのプランなどを協力して進めていくようだ。

 「Lime Pod」の料金は1分の走行につき、40セント(約40円)と競合二社よりも5セント安いが、ドアの鍵を開けるときに1ドル(約100円)が加算される。これは乗車時間によっては競合より高くなる可能性がある。また、事業は車両台数500台からのスタートだ(年内に1,500台を目指す予定)。Lime社にとっては、なかなか厳しい戦いになりそうだが、時代が求めるシェアリング・サービスが増えることは、消費者にとってはプラスになりそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


民泊の米Airbnb、殺人事件を受けて民泊先でのパーティー禁止

民泊の米Airbnb、殺人事件を受けて民泊先でのパーティー禁止

民泊ビジネスを世界各国に広めた米Airbnb。誰でも気軽に利用できる民泊の手軽さが大きく支持されている中、宿泊とは異なる目的でレンタルする利用者がいることが以前から問題になっていた。そんな中、家主に「宿泊」と偽ってレンタルした家で開催したハロウィン・パーティーで銃撃事件が起きてしまった。


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング