自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

世界100都市以上で自転車シェア・サービスを展開している「Lime」。自転車から電動自転車、電動スクーターのシェアへとビジネスを拡大させてきたが、昨年末に自動車をシェアする「Lime Pod」をワシントン州シアトル市にて開始した。すでに大手自動車企業2社がシェア・サービスを展開している同市において「Lime」に勝算はあるのか?


自転車シェアの技術を採用 QRコードで簡単に車のドアロックを開閉

 ライム色の自転車が目印の「Lime」は、「乗りたいときに乗りたい分だけ乗り、どこでも乗り捨てできる自転車シェア・サービス」を提供する、サンフランシスコに本拠地を持つスタートアップ企業だ。アメリカには自転車シェア・サービスを提供する企業や自治体は山ほどあるが、同社は世界100都市以上で自転車シェア・サービスを展開中だ。そんな彼らが昨年末、ワシントン州シアトル市で自動車シェア「Lime Pod」を開始した。

 「Lime Pod」の車両には、おしゃれでスポーティーなイタリア車のFiatを採用。小さな車だが4人乗りで、小回りが利くため路上駐車もしやすい。現状はまだ電気自動車ではないが、徐々に電気自動車に移行していきたいとのこと。また、大手自動車会社が運営する自動車シェア・サービスでは専用アプリにその都度、個別コードを入力してドアのロックを開閉しなければならないのに対し、「Lime Pod」では車体に貼られたQRコードをスマホにかざすだけで簡単にドアの鍵が開閉できるのが特徴だ。これは同社が培った自転車シェア・サービスで使用しているQRコードと同じシステムで、大手競合他社と大きく異なるセールスポイントだという。この「Lime Pod」の利用法がわかる映像はこちら。

大手企業2社を相手に勝算はあるのか?

 シアトル市は交通渋滞を減らすことに繋がる事業に協力的なため、すでに大手企業が運営する自動車シェア・サービス、「Car2Go」と「ReachNow」の2社がビジネスを展開している。「Car2Go」はメルセデスベンツのダイムラー社、「ReachNow」はBMW社が所有するサービスで、両社とも市内に約700台の車両があり、「Car2Go」はシアトル市内だけでも12万8千人もの会員がいる。しかも、この2社は自動車シェア・サービス事業を合併する予定を発表しており、合併後は電気自動車の充電ステーションやアプリの共有、配車サービスのプランなどを協力して進めていくようだ。

 「Lime Pod」の料金は1分の走行につき、40セント(約40円)と競合二社よりも5セント安いが、ドアの鍵を開けるときに1ドル(約100円)が加算される。これは乗車時間によっては競合より高くなる可能性がある。また、事業は車両台数500台からのスタートだ(年内に1,500台を目指す予定)。Lime社にとっては、なかなか厳しい戦いになりそうだが、時代が求めるシェアリング・サービスが増えることは、消費者にとってはプラスになりそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?


スターバックスも大迷惑? シアトルの薬物政策

スターバックスも大迷惑? シアトルの薬物政策

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。薬物依存は、アメリカにおける深刻な社会問題のひとつ。その薬物ユーザーを庇護するかのような政策を行ったシアトルの未来は?


それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は「ハウジング・ブーム」、つまり不動産ブームに沸く南部における、驚きの家の探し方をご紹介しよう。






最新の投稿


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は世界的な大企業のシェル石油が気候変動抑制を支持し、長年の米国でのロビー活動をやめると発表したことについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング