自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

自転車シェアのLIME、カー・シェアリングへ参入

世界100都市以上で自転車シェア・サービスを展開している「Lime」。自転車から電動自転車、電動スクーターのシェアへとビジネスを拡大させてきたが、昨年末に自動車をシェアする「Lime Pod」をワシントン州シアトル市にて開始した。すでに大手自動車企業2社がシェア・サービスを展開している同市において「Lime」に勝算はあるのか?


自転車シェアの技術を採用 QRコードで簡単に車のドアロックを開閉

 ライム色の自転車が目印の「Lime」は、「乗りたいときに乗りたい分だけ乗り、どこでも乗り捨てできる自転車シェア・サービス」を提供する、サンフランシスコに本拠地を持つスタートアップ企業だ。アメリカには自転車シェア・サービスを提供する企業や自治体は山ほどあるが、同社は世界100都市以上で自転車シェア・サービスを展開中だ。そんな彼らが昨年末、ワシントン州シアトル市で自動車シェア「Lime Pod」を開始した。

 「Lime Pod」の車両には、おしゃれでスポーティーなイタリア車のFiatを採用。小さな車だが4人乗りで、小回りが利くため路上駐車もしやすい。現状はまだ電気自動車ではないが、徐々に電気自動車に移行していきたいとのこと。また、大手自動車会社が運営する自動車シェア・サービスでは専用アプリにその都度、個別コードを入力してドアのロックを開閉しなければならないのに対し、「Lime Pod」では車体に貼られたQRコードをスマホにかざすだけで簡単にドアの鍵が開閉できるのが特徴だ。これは同社が培った自転車シェア・サービスで使用しているQRコードと同じシステムで、大手競合他社と大きく異なるセールスポイントだという。この「Lime Pod」の利用法がわかる映像はこちら。

大手企業2社を相手に勝算はあるのか?

 シアトル市は交通渋滞を減らすことに繋がる事業に協力的なため、すでに大手企業が運営する自動車シェア・サービス、「Car2Go」と「ReachNow」の2社がビジネスを展開している。「Car2Go」はメルセデスベンツのダイムラー社、「ReachNow」はBMW社が所有するサービスで、両社とも市内に約700台の車両があり、「Car2Go」はシアトル市内だけでも12万8千人もの会員がいる。しかも、この2社は自動車シェア・サービス事業を合併する予定を発表しており、合併後は電気自動車の充電ステーションやアプリの共有、配車サービスのプランなどを協力して進めていくようだ。

 「Lime Pod」の料金は1分の走行につき、40セント(約40円)と競合二社よりも5セント安いが、ドアの鍵を開けるときに1ドル(約100円)が加算される。これは乗車時間によっては競合より高くなる可能性がある。また、事業は車両台数500台からのスタートだ(年内に1,500台を目指す予定)。Lime社にとっては、なかなか厳しい戦いになりそうだが、時代が求めるシェアリング・サービスが増えることは、消費者にとってはプラスになりそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。


手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

デジタル化が普及してからは、手書きで手紙やカードを書く機会が明らかに減ってきた。しかし、その「手書きの特別感」に気づいたミレニアル世代たちの間で、いくつかの便利なアプリが人気を博している。


MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

米マサチューセッツ工科大学(MIT)傘下の名門研究所MITメディアラボの所長を務めていた伊藤穣一氏が、少女への性的虐待疑惑で起訴された刑務所で自殺した米富豪ジェフリー・エプスタイン氏との関係を表す証拠メールが公表された直後、メディアラボ所長を辞任した。


世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港が、8月20日から空港内における使い捨ての飲料水入りペットボトルの販売を禁止することを発表した。世界的にプラスチック製ゴミの問題が大きくなる中、それを減らすために市をあげて取り組む姿勢だ。


こんなに違う! アメリカの「就活」常識

こんなに違う! アメリカの「就活」常識

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届け。今回は日本とは異なる、アメリカの「就活」の常識について。






最新の投稿


待望のUNDER ARMOURの宇宙服、公開!初の宇宙旅行は来年

待望のUNDER ARMOURの宇宙服、公開!初の宇宙旅行は来年

いよいよ「90分の宇宙飛行」の開始を来年に予定するヴァージン・ギャラクティック社が、スポーツウェア・ブランド「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」と提携して開発した宇宙服を発表した。その画期的なデザインとは?


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング