愛を深める腕枕専用ピロー

愛を深める腕枕専用ピロー

映画やドラマのロマンチックなシーンでは、カップルがベッドの中で腕枕をして眠りにつく場面がよく出てくるが、腕枕は時間が経つと腕がシビレて、なかなか辛いものだ。腕枕をされる側も、必ずしも心地良いものとは言えないのが現実だろう。「それでも腕枕でくっついて寝たい!」、そんなカップルにぴったりな枕が登場した。


トンネル型のすごい枕

 一日の終わりに、愛するパートナーと寄り添って時間を過ごすことほど心が安らぐことはないだろう。付き合いはじめて日が浅い恋人同士なら特に、イチャイチャしながら腕枕をして眠りに落ちたいと思う人も多いはず。そんな恋人たちのベッドタイムをより快適にするための枕「The Coodle Pillow」が話題を呼んでいる。

 トンネル型をしたこの枕、空洞の部分に腕を通せるようになっており、腕にかかる頭の重さを軽減できる構造になっている。

爆睡必須、朝まで寄り添っても痛みナシ

 枕の内部には4つのプラスチック製のサポーターがあり、トンネルのアーチが潰れないようになっている。ありそうでなかったこの枕、米国特許庁で実用特許も取得している。

 この枕の生みの親は、ボブとシャーリーという一組の夫婦。この枕は発明好きの夫妻が、もともと副業で手掛けた商品だったという。二人は小さな結婚式を挙げるだけの資金をためた後、子供が出来て日々が忙しくなってしまい、枕の販売を一時止めていたが、子供が成長して手が離れたため、再び枕の販売に力を入れるようになったそうだ。夫妻はMeadeCom 社と独占販売契約を結び、再び枕の販売をスタートした。

 この商品のホームページには、アメリカの発明フォーラムでも「#1発明賞」を受賞していると書かれている。アメリカは小さな町にも大抵「発明愛好家」たちの勉強会や集いがある。こうした会では、自分のアイデアを披露しあうことよりも、むしろ特許の専門家たちや経験者から実用特許出願のための知識を学ぶことに重きが置かれていることが多いという。発明品は、権利の確保が必須。日曜発明家たちに最も必要だと指導されることでもある。

 権利の確保さえしておけば、自分たちが商品製造を行わなくても、この夫婦のように商品化の権利自体をライセンス販売することも可能になる。アメリカで日曜発明家を目指すのであれば、まずは腕のよい特許弁護士を味方につけるべきだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。ハーバード大学やスタンフォード大学――誰もが知る名門校だが、合格しても、このような名門大学には行きたくない人もいるらしい。


ロサンゼルス発 キャンピングカーで泡パーティーを!

ロサンゼルス発 キャンピングカーで泡パーティーを!

結婚式などのお祝いをはじめ、パーティーシーンで欠かせないのが、シャンパンやプロセッコなどスパークリング系ワイン。楽しいひと時をより楽しくしてくれるだけでなく、インスタ映えする新しいパーティー・サービスとは?


学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

アメリカでは多くの子供たちが学校には通わず、親が自宅で教える「ホームスクール」で勉強している。こうしたホームスクールの多くは、オンライン教育を上手に取り入れており、数あるオンライン・プログラムの中には、『ハリー・ポッター』がテーマの科学の授業などもあり、人気を呼んでいる。


【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は下院リベラル派の新人女性議員、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス氏が全米の注目を浴びていることについて。


賛否両論? ユニバーサル・スタジオのおならショー

賛否両論? ユニバーサル・スタジオのおならショー

フロリダのユニバーサル・スタジオで、ちょっと下品なショーが物議を醸している。問題になっているのは、ドリームワークスの人気アニメーション『トロールス』のトロールたちのダンスショー。日本でも人気のアニメだが、小さな子供を持つ親たちは少々困惑しているようだ。






最新の投稿


「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。ハーバード大学やスタンフォード大学――誰もが知る名門校だが、合格しても、このような名門大学には行きたくない人もいるらしい。


成功への選択「素直な心」2019年2月22日~2月28日

成功への選択「素直な心」2019年2月22日~2月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


ロサンゼルス発 キャンピングカーで泡パーティーを!

ロサンゼルス発 キャンピングカーで泡パーティーを!

結婚式などのお祝いをはじめ、パーティーシーンで欠かせないのが、シャンパンやプロセッコなどスパークリング系ワイン。楽しいひと時をより楽しくしてくれるだけでなく、インスタ映えする新しいパーティー・サービスとは?


大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、保守派が多く住むと言われるテキサス州で、人々はどのように軍人を見ているのかがわかるニュースにまつわる話。


学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

アメリカでは多くの子供たちが学校には通わず、親が自宅で教える「ホームスクール」で勉強している。こうしたホームスクールの多くは、オンライン教育を上手に取り入れており、数あるオンライン・プログラムの中には、『ハリー・ポッター』がテーマの科学の授業などもあり、人気を呼んでいる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング