日本人が提案するヴィーガン食にアメリカ人も夢中!

日本人が提案するヴィーガン食にアメリカ人も夢中!

アメリカでは現在、「こんまり」こと近藤麻理恵の「ミニマリズム」が大ブームだ。彼女が提案するライフスタイルに魅了されるアメリカ人が続出し、今やその名前を聞かない日がないほど。しかし、その「こんまり」よりも、ずっと以前からアメリカで活動を続け、昨今のヴィーガン・ブームの火付け役の一人となった日本人女性がいる。その人物とは?


人気スーパー、トレーダー・ジョーズでも大人気の「MIYOKO」

 その女性の名はMiyoko Schinner(ミヨコ・スキナー)、ブランド名は「MIYOKO」だ。東京出身の彼女は、現在、完全菜食「ヴィーガン」主義を提唱するシェフとして、全米のライフスタイル系のメディアで引っ張りだこの存在だ。キャリアは30年強というベテランで、メディアでのヴィーガン啓蒙活動のほか、作家、トークショー、レストラン向けにヴィーガン料理のコンサルテーション、自らの名を冠にしたヴィーガン・ブランド「MIYOKO」の展開と、大活躍中である。

 「MIYOKO」ブランドでは、主に乳製品の代替商品を扱っているが、どの商品も乳製品が一切使われていないとは信じられないほど、クリーミーでコクが深い味わいだ。取り扱い商品は(乳製品ではない)バター、クリームチーズ、ハーブ風味やスイス風のチーズまでと幅広い。これらの商品の一部は、日本人にもよく知られている人気スーパーマーケット「トレーダーズ・ジョーズ」でも取り扱われており、同スーパーの人気商品だ。

 Miyokoとはどんな女性なのか。彼女のヴィーガン・シェフとしての横顔を伺える映像はこちら。

ビヨンセら、ハリウッドセレブもヴィーガンに夢中

 アメリカでのヴィーガン人口は、増え続けているといえる。昨年発表された『Top Trends in Prepared Food in 2017 report』をみると、2014年には人口のたった1%だったヴィーガン人口が、2017年には6%に増加していることが分かる。同レポートによると、この増加傾向は当分続くことが予測されているという。

 ヴィーガン人口の加速は、ハリウッドのセレブリティたちが、こぞってヴィーガン主義に移行していることも大きな後押しとなっている。ヴィクトリア・ベッカムやキャメロン・ディアスなどは早くからヴィーガンだったが、最近で最も注目を集めるヴィーガン主義者と言えば、ビヨンセだろう。

 ビヨンセはヴィーガンに切り替えたことで、30キロ以上の減量に成功したこともあるというが、そんな彼女が今月に入ってから、1カ月間ヴィーガン生活を続けたファンの中から抽選で1名に、本人と夫でラップ歌手、ジェイ・Zのライブに、30年間招待し続けるというプレゼントを用意したニュースが大きくメディアを賑わせたばかり。応募資格は18歳以上の米国在住者で、植物由来の食べ物を摂取することで健康と地球環境を改善しようというプロジェクトの一環だそうだ。

 ビヨンセのこうした活動などは、ヴィーガン人口増加にさらなる拍車をかけるきっかけになるだろう。そして、ヴィーガン人口が増えれば、それだけ家庭で安心して食べられるヴィーガン食のニーズも増えるはず。前述の「MIYOKO」は、乳製品代替品として最も有名な商品のひとつだが、今後も様々な用途に使えるヴィーガン商品が登場するだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

巨額の資産を持つドイツの令嬢になりすましてニューヨークの社交界に入り、高級ホテルの宿泊費やプライベートジェットのフライト代などを踏み倒して有罪判決を受けていた女性詐欺師、アナ・ソロキン。今月、同被告に4~12年の禁固刑が言い渡されたことで再び法廷での彼女の服装や、他の女性被告たちの服装に注目が集まった。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?






最新の投稿


奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ大統領に対抗するリベラル派の大統領候補や政治家たちが「過去の奴隷制に対して賠償金を払うべき」と訴えていることについて、保守派の見解を解説する。


今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング