アメリカ南部における恋人の見つけ方

アメリカ南部における恋人の見つけ方

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、都会と地方では結婚年齢の平均値に差があるアメリカで、南部地域住民は結婚時の平均年齢が比較的若いと言われる所以について。


なぜ南部では若いうちに結婚を決める人が多いのか?

 結婚する平均年齢がアメリカの他地域よりも比較的若いと言われる南部の人たちは、どこでお相手を探すのだろうか?

 アメリカにはクリスチャン(キリスト教徒)が多いが、特に南部や深南部地域には敬虔なクリスチャンが多い。彼らは、子供の頃から日曜日には午前と午後の1日2度、教会の礼拝へ行く。教会によって多少異なるものの、通常は日曜と水曜の週2回、教会ごとに「聖書の勉強会」がある。勉強会は年齢が近いグループ(たとえば幼児・ティーン・成人など)が集まって行われることが多く、教会を通しての野外活動や布教活動なども年齢が近いグループごとが多い。

 それだけ頻繁に集まっていると、特に多感なティーンたちには、教会の活動を通して誰かと恋に落ちる可能性が高い。敬虔なクリスチャンは結婚するまで性交渉は許されないので、結婚式の前日もそれぞれの家か別の部屋で過ごすほどだが(南部で暮らし始めた頃は、そのことを知って驚いた)、その教えを忠実に守れずに妊娠した場合は、その二人は結婚することになる。なぜなら、キリスト教では中絶は殺人と同じだと判断されるからだ。結婚年齢が若いカップルは、少なからずこのパターンであることが多い。

 ティーンを卒業し20代に入っても、教会を通じてのソーシャル・イベントは数が多いため、若者たちはそこで知り合ったのがきっかけで結婚することも多い。また、意外とたくさんあるクリスチャン専用のオンライン出会い系サイトで知り合って結婚したというケースもよく耳にする。

重要なのは価値観が同じであること

 なぜ、クリスチャンは結婚相手にクリスチャンを探すのか。それは、お互いの思想が聖書に基づいていれば、もし結婚生活で何か困難に突き当たっても、教えに基づいてお互いにそれを乗り越える努力が出来ると考える人が多いからだ。もしくは自分たちが通う教会の神父や牧師が間に入って結婚カウンセリングなどをして、問題の解決に向かえることなども理由のようだ。

 アメリカのスーパーマーケットや図書館の入口には、よく「ベビーシッターをします」、「〇〇を教えます」などの求人広告が貼られているが、南部ではその自己紹介の文言にも「私はクリスチャンです」という記述がよく見られる。渡米直後は、なぜそんなことを書く必要があるのかと不思議に思ったが、「クリスチャンならば安心してお願いできる」という信頼を抱く人が多いからだそうだ。南部に長く住むうちに、私もなんとなくそのあたりが理解できるようになってきた。

 南部に住み始めた頃は、食事の前にする「お祈り」も難しかった。お祈りと言っても、それほど堅苦しくなく、日本で神社に行って神様にお願いごとや感謝をするのと同じような感じではある。しかし、食卓に家族全員が揃うと家長が祈りを捧げ、祈り終わってから食べ始めることが毎日繰り返される習慣に馴染むまでには時間がかかった。

 夕食に招待されたときなど、たまに「あなたがお祈りを捧げてくれませんか?」と言われることがある。最初は何を言えば良いかが分からずタジタジしたが、今はそれを頼まれるときは、神社に行った時のことを思い出してお祈りを捧げている。祈りが終わらないと食事に手をつけられないので、最もタブーなのは、食事の前のお祈りの言葉が長いことだ(笑)。そんなことが言えるようになった私は、もう南部人なのだろうか。

この記事の寄稿者

 東京都出身。アメリカ人航空機パイロットの婚約者の米本土転勤に伴い、一般企業を退職。K-1 Visa にて渡米したのち結婚。現在、アメリカ南部アーカンソー州在住。移住後はパイロットを夫に持つ婦人の会や、日本語補習学校を通じての活動、現地日本人や移民•マイノリティーへの支援、生活アドバイス、ネット上でのアメリカ生活に関する相談・コンサルテーション、翻訳、通訳、観光案内など、国際線パイロットの夫のスケジュールに翻弄されながらも、さまざまなボランティア活動に力を注いでいる。

関連する投稿


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?


それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は「ハウジング・ブーム」、つまり不動産ブームに沸く南部における、驚きの家の探し方をご紹介しよう。


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?






最新の投稿


有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

巨額の資産を持つドイツの令嬢になりすましてニューヨークの社交界に入り、高級ホテルの宿泊費やプライベートジェットのフライト代などを踏み倒して有罪判決を受けていた女性詐欺師、アナ・ソロキン。今月、同被告に4~12年の禁固刑が言い渡されたことで再び法廷での彼女の服装や、他の女性被告たちの服装に注目が集まった。


今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング