【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

【Red vs. Blue】右派には悪夢 左派が熱狂するアレクサンドリア・オカシオ=コルテス

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は下院リベラル派の新人女性議員、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス氏が全米の注目を浴びていることについて。


 昨年11月の米中間選挙では民主党が下院で圧勝し、野党から与党に返り咲いた。さらに下院では、女性議員数が過去最多の102人(そのうち89人が民主党)となった。中でも最も注目を浴びているのが、女性として最年少で議員となったニューヨーク州選出のアレクサンドリア・オカシオ=コルテス氏(29)だ。民主社会主義者として立候補し、公約には「富裕層の所得税率を最高70%に引き上げる」、「国民皆保険の実現および無料化」、「大学の無料化」などを掲げ、リベラル派からは大きな賛同を、保守派からは批判を浴びている。米メディアで引っ張りだこのオカシオ=コルテス氏の登場を、アメリカのリベラル派と保守派の一般人はどう見ているのだろうか?

RED: オカシオ=コルテスは、悪夢ではなく単に不愉快なだけ

Alexandria Ocasio-Cortez is not a nightmare she is simply obnoxious

 リベラル派たちは、こぞってオカシオ=コルテスを絶賛している。今やキング牧師の再来、あるいはケネディ元大統領の再来だなどと感嘆の声をあげている有様だ。かくいう私も、思わず感嘆の声を上げてしまいそうだ。なぜなら、彼女が放つ言葉があまりに規格外だからだ――そう、悪い意味で。

 よくぞ、ここまで無知をさらけ出せるものだと感心してしまう。バカさ加減はアッパレと言ってよい。彼女は一見すると時代の旗手のように見えるかもしれないが、民衆はその無知に引っ張られてはならないのだ。リベラル派たちは、社会主義の行く末を学び直すべきだろう。オカシオ=コルテスを支持する人は恐らく、旧ソ連との間にあったかつての冷戦や、社会主義政権下で起こっているベネズエラの経済危機などに関心がない。確かに「富裕層への税率を最高70%まで引き上げよう」とか、「メディケアと大学を無料にしよう」という、常識を逸脱した大胆な物言いやアイデアは世間の目を引くが、それを本気で実現してほしいと言う人は、小学校から学び直した方がよいだろう。そして、社会主義者だと自称するオカシオ=コルテスも、かつて衰退した社会主義国家の政策を並べて自分の発言と照らし合わせて検証すべきだろう。社会主義の末は破滅であることを、歴史は知っている。

 保守派は、オカシオ=コルテスを脅威とは思っていない。だから、彼女の躍進は悪夢にはなりえない。ただ、彼女の教養に欠ける発言が不愉快であることは間違いない。

Blue: アレクサンドリア・オカシオ=コルテスは未来の代弁者

Alexandria Ocasio-Cortez Is the Voice of the Future

 歴史は、革新的アイデアを中傷されながらも、最終的には米社会へ貢献したことが記憶されている進歩主義の人々の話で溢れている。非白人のアメリカ市民の権利が体系化されて、まだ50年も経たないが、今ではマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の誕生日はアメリカの祝日になっている。100年前、女性は投票することを許されなかったが、今は選挙候補者の政治生命は、その能力が女性やマイノリティーの有権者にアピールするかどうかにかかっている。それにもかかわらず、男女平等憲法修正条項案による女性の権利は未だに国内法令に含まれていない。

 アメリカは建国以降、わずか10年前まで、政府のトップレベルは白人男性で占められてきた。米最大手企業のトップも同様だ。バラク・オバマがアメリカの人種と権力の関係式をひっくり返した時、国民の半分はそれを祝い、半分は激怒した。オバマは中道派だったものの、多くの白人アメリカ人には黒人が国のリーダーであることを受け入れるのは困難であることが証明された。ドナルド・トランプが米国民に対し、ハワイ生まれのオバマ氏が本当にアメリカ人と言えるか疑問を呈するように促したことは記憶に新しい。

 民主社会主義者として出馬し、議員の座を獲得した大人気のヒスパニック系女性、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス。これまで、パワーを握った共和党は減税して連邦政府の財政赤字を増幅させてきたが(オバマ大統領が任期を終えて以降、約2兆ドルになる)、オカシオ=コルテスは富裕層に対する増税を主張している。所得の70%は高すぎるように思えるかもしれないが、この率はアメリカン・ドリームが健在だった1960年代の最高率91%よりもずっと低い。その後、右派が最高税率を引き下げたため、それに伴って中産階級が縮小してきたのだ。

 オカシオ=コルテスの考えは、途方もないものではなく歴史的な先例に基づいたものだ。つまりそれは、皮肉にも共和党が好きな「古き良き時代」を反映するものでもある。共和党員の彼女の登場に対する反応――感情的な大量の個人攻撃広告――は、彼女の主張の正しさを証明したにすぎない。共和党の攻撃は、彼女が女性だからなのか、それとも彼女が正しくて怖いからだろうか。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者

1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント

1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

この記事の寄稿者

「市民の声」を分かりやすくお届けする公式企画。分断が進むアメリカで、対立する思想を持つ市民はひとつのニュースをどう読むのか?
 対立する思想を持つ市民たちによって深まるアメリカの「分断」。アメリカには二大政党の共和党(保守)と民主党(リベラル)があるが、それぞれの政党支持者は、どれだけ考え方が異なるのだろう?人口で見ると保守派、リベラル派の比率は約半々で、両者のものの考え方は、水と油ほど異なると言われている。日本からはあまり分からない「普通」のアメリカ人たちの思想の傾向。
 この連載では保守派共和党の公式カラーである赤、リベラル派民主党の青をタイトルに、アメリカ国内で報道された「ひとつの記事」に対して、保守派(赤)とリベラル派(青)のアメリカ人がそれぞれのどんな見解を示すかを対比するBizseedsイチオシの連載・特別企画!

関連する投稿


トランプ大統領の弾劾を叫ぶ民主党を保守派があざ笑う理由

トランプ大統領の弾劾を叫ぶ民主党を保守派があざ笑う理由

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は現在進行形の「トランプ大統領を弾劾するべきか否か」問題にについて。


米大統領選ガイド(3) 「間接選挙:選挙人投票の仕組みと問題点」

米大統領選ガイド(3) 「間接選挙:選挙人投票の仕組みと問題点」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


トランプが軽視する、弾劾と真実の重み

トランプが軽視する、弾劾と真実の重み

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、職権乱用や政治倫理が問われる“ウクライナ疑惑”で、トランプ大統領を弾劾したい民主党と、弾劾はされないとの余裕を見せる大統領について。


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。


保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがここ2カ月間に報道したニュースの中で、多くの保守派が「フェイク・ニュース」だと断言しているニュースの「ワースト5」を紹介しよう。






最新の投稿


米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


トランプ大統領の弾劾を叫ぶ民主党を保守派があざ笑う理由

トランプ大統領の弾劾を叫ぶ民主党を保守派があざ笑う理由

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は現在進行形の「トランプ大統領を弾劾するべきか否か」問題にについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング