リサイクルよりも環境に優しい店がNYに登場! 容器持参で食材を買う

リサイクルよりも環境に優しい店がNYに登場! 容器持参で食材を買う

食材の買い物には、持参したエコバックを使用する人が増えたが、それでも店が用意したビニールの買い物袋を使用する人は後を絶たない。また、買い物袋だけでなく、パッケージ容器などのプラスティック製品はリサイクルできないものが多く、ゴミはなかなか減らない。そんな現状を変えるべく、さらに環境に優しい店が登場し、話題を呼んでいる。


「PRECYCLE」なら、最初からゴミが出ない

 ニューヨークのブルックリンに出来た「PRECYCLE」。この店では商品を購入しても袋をくれないどころか、店頭に並ぶ商品はパッケージ容器に入っていない。客は自分で商品を入れる容器を持参するか、店で容器を購入して、そこの食材を入れて買うのである。野菜などは地元の農家から日々仕入れ、小麦粉や米、パスタ、豆、ナッツ類などをはじめ、油や洗剤、石鹸などはすべて量り売りされている。

 持参した容器に重さが表示されていない場合は、まず、店に設置された計量器で容器の重さを計る。そして、その容器に自分が欲しい食材を入れてレジへ行き、食材入りの容器の重さを計り、そこから容器の重さを引いて購入するシステムだ。

プラスティック製品のリサイクル問題

 コンビニやスーパーマーケットなどで商品を買うと入れてくれる使い捨てのビニール袋は便利だが、この「PRECYCLE」のホームページによると、プラスティック製品の33%が一度使用したら捨てられるものだという。また、プラスティック製品のほとんどの物質が土の中の水に染み込んでしまうことや、ストローのような小さなプラスティック製品が海へ流れて出て、それを微生物と共に魚や海の生物が食べてしまう問題も年々深刻になっていると書かれている。

 同店は、プラスティック製品のゴミ問題を早急に解決しないと、結果的にはプラスティックの毒性物質が入った食べ物が食卓にあがってしまうことになると警鐘を鳴らしている。袋や容器を減らすことは直接的に環境汚染を防ぐことになり、安全な食卓へと繋がる第一歩。日本でも昔は、誰もが家からボウルやタッパーウエアを持参して豆腐を買いに行っていた時代があったのだから、見方を変えれば「古き良き時代に戻ったような」感覚で環境を守れそうだと言えるかもしれない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はアマゾン・ドットコム社が、ニューヨークに第2本社を建設する計画を突然取りやめると発表した件について、リベラル派の意見を述べる。


ニューヨーカーが恋する「アワ・シュワ」カクテル

ニューヨーカーが恋する「アワ・シュワ」カクテル

トレンドに敏感で、味には厳しいニューヨーカーたち。そんな彼らの間で話題になった不思議な形状で楽しめるカクテルがある。パーティーを盛り上げること間違いなしのカクテルを紹介しよう。


知らない人を結婚式に招待! 〜アメリカのオープンウェディングとは?〜

知らない人を結婚式に招待! 〜アメリカのオープンウェディングとは?〜

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は多様なアメリカで広がり始めた、新しいタイプの結婚式をご紹介。


アメリカでは月収がいくらあれば一軒家が借りられるのか?

アメリカでは月収がいくらあれば一軒家が借りられるのか?

アメリカの大都市では不動産が年々高騰し、ニューヨークやサンフランシスコのような大都市では一軒家の家賃は驚くほど高額になった。とはいえ、50州ある広大なアメリカでは各州の物価が大幅に異なるため、「こんな金額の家賃を払えるのか?」と驚愕する州もあれば、「これなら払えそう」というような州もある。各州の平均家賃の現状とは?


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。






最新の投稿


今どきのファッションはレンタルが主流!?

今どきのファッションはレンタルが主流!?

アメリカではオンライン・ショッピングが主流となり、名門デパートや専門店が惜しまれながらもその看板を下ろすケースが増えている。それでも景気が良いと言われるアメリカで、突如として頭角を現したショッピング・トレンドが、「レンタル」だ。流行のデザインや色の移り変わりが速いファッション分野に合うこのトレンドが今後の主流となるのか?


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング