アメリカの巻き髪女性の秘密兵器は「魔法の杖」

アメリカの巻き髪女性の秘密兵器は「魔法の杖」

ファッション系や美容系インフルエンサーたちのインスタグラムでは、新しい化粧品や洋服の写真はもちろん、ヘアスタイルやヘアケア商品の写真も多く見られる。なかでも長い髪の毛をドライヤーで巻いて「巻き髪」にした写真は定番のひとつ。その巻き髪を作るためのドライヤーも日々進化を続けているが、今、注目の商品は「魔法の杖」らしい。


ドライヤーも進化 クリップ式はもう古い?!

 ファッション系や美容系のインフルエンサーたちのインスタグラムでは、巻き髪にした本人の写真はもちろん、巻き髪のチュートリアル・ビデオや、ヘア・エクステンションをつけた“ビューティー・デー・レポート”などがよく見かけられる。そして、そんなインフルエンサーたちの下には、「何を使ったのか?」、「どこで買ったのか?」、「何色なのか?」などと、それは細かい質問が次から次へと押し寄せる。

 長年にわたって支持されているゴージャスな巻き髪でも、外国人風だとして数年前から流行っている“ビーチ・ウェーブ”でも、巻き髪の人気は高く、インフルエンサーたちが髪を巻いていないと、「どうして巻かないのか?」と質問されることもある。なかには「今日は巻き髪にしていない理由」を最初に説明するインフルエンサーもいるほどだ。

 そんな彼女たちは、こぞって「カーリング・ワンド」と呼ばれる棒状のヘア・アイロンを使っている。これは髪を巻き付けるタイプのもので、クリップの要領で髪を挟んでから巻いていく従来のヘアカール・アイロンとは異なる。アメリカの若者に人気の「ULTA」や「Sephora」などの美容グッズ専門店のヘアアイロン・セクションでも、従来タイプよりも、この「カーリング・ワンド」が売り場を占領していることからも、トレンドの移行がわかる。

完璧な巻き髪を作る「カーリング・ワンド」とは?

 「カーリング・ワンド」なら、ただ髪を巻き付けるだけなので、クリップの隙間に髪が引っかかったり、切れ毛ができることもない。また、毛先を残して巻きつけるスタイルの“ビーチ・ウェーブ”も、クリップ跡が付かないと支持されているようだ。

 RANK&STYLEによる今年の「カーリング・ワンドTOP10」

 「カーリング・ワンド」の種類は豊富だが、さらに工夫がされている商品も出ている。昨年10月に、掃除機で有名な大手ダイソン社から発売された「Airwrap」(エアーラップ)もワンド式カーリング・ドライヤーだが、ダイソン社ならではの技術を使用し、風力で髪がワンドに巻き付くという優れものだ。超高温で髪に巻きクセをつけるアイロンとは異なり、風力を利用して低温で巻き髪をつくるため髪が傷みにくい。付属品にはクルクル・ドライヤー風になるロールブラシ、ストレート用ブラシがあり、$499~$599(約5万円〜6万円)という高額にもかかわらず、発売当初からどの正規販売店でも売り切れ状態が続く、大人気商品だ。

 アメリカ国内では、この「Airwrap」をAmazon.comで、なんと$929.99(10万円弱)というプレミアム価格で販売している小売業者もあるほど。ドライヤーにプレミア価格がつくということだけでなく、そこまでして完璧な巻き髪を手にいれたい人がこれほど多いことも話題になっている。

この記事の寄稿者

関連する投稿


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。


「吸血鬼フェイシャル」施術を受けてHIV感染が明らかに

「吸血鬼フェイシャル」施術を受けてHIV感染が明らかに

数年前に有名タレントがその美容効果を絶賛したことから話題になった「バンパイア・フェイシャル」。まるで吸血鬼のように顔を血塗れにする美容フェイシャルの施術がHIVなどの血液感染症を生む可能性を指摘されていたが、調査の結果、この施術を受けた女性2名がHIVウイルスに感染していたことが判明し、美容業界に不安が拡がっている。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


米最大手スーパーのウォルマートが、ドリュー・バリモアと提携

米最大手スーパーのウォルマートが、ドリュー・バリモアと提携

世界最大手のスーパーマーケット、ウォルマート社が、これまでの同社のイメージを向上する戦略に力を入れている。アメリカでは同社のコアファンである客層そのものが同店のイメージとして定着している感が強いが、これまで店に足を運ばなかった客層を取り込むべく、有名女優がデザインするインテリア・ラインを立ち上げるなど新展開を開始した。






最新の投稿


有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

巨額の資産を持つドイツの令嬢になりすましてニューヨークの社交界に入り、高級ホテルの宿泊費やプライベートジェットのフライト代などを踏み倒して有罪判決を受けていた女性詐欺師、アナ・ソロキン。今月、同被告に4~12年の禁固刑が言い渡されたことで再び法廷での彼女の服装や、他の女性被告たちの服装に注目が集まった。


今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング