リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

トランプ大統領が唯一、フェイクニュースと呼ばないテレビ局としても知られる「FOXニュース・チャンネル」が、米ケーブル局の視聴率調査でCNNなどの大手局を抑えて、堂々たる1位を継続中だ。なぜ、FOXニュースはこれほど人気が高いのだろうか?


ぶっちぎりの視聴率 この人気の秘密は?

 FOXニュース・チャンネルは、米ケーブル放送局として1996年に開局したニュース専門放送局で、保守派・共和党寄りのニュース報道をすることで知られている。トランプ大統領も「FOXニュースだけは観る」、「FOXニュースだけが本物の報道局だ」等、同局を支持する発言を繰り返しており、トランプ大統領の支持者の多くが「FOXニュースしか見ない」とも言われている。

 そのFOXニュース・チャンネルが、先月の米ケーブルTVネットワークの月別の視聴率競争で1位を獲得した。しかも、32週連続で1位を独走中だ。視聴率調査のニールセン社のデータによると、先月の統計では、1日に平均して約150万人がFOXニュース・チャンネルを視聴し、プライムタイムの時間帯では1日260万人が視聴。また25歳〜54歳の年齢層の調査でも1位を獲得している。

 アメリカではケーブルTVに入らないと地上波も映らない地域が多く、必ずしもケーブル局が地上波局より視聴率が低いとは言えない。また、インターネットでニュースを見ない年配層には1日中、ケーブルTVをつけている人も多いと言われている。ケーブルTV専門のニュース局には、CNNやMSNBC(NBC局のケーブルTV版)などの大手局が他にもあるが、その中で「右寄りなのは、FOXだけ」という立ち位置が、結果として一人勝ちを生んでいるようだ。

来年の米大統領選に向けて、さらに視聴率が上がるか

 そのFOXの一人勝ちに待ったをかけようとしているのが、CNNと並んでリベラル派色が強いといわれるMSNBCだ。なかでも、リベラル派の辛口政治コメンテーター、レイチェル・マドウ女史を冠する番組「Rachel Maddow Show」は、先月ケーブル局で最も視聴率が高かった番組だった。これまで1位を継続していたFOXの人気ナンバーワン番組を率いるショーン・ハニティー氏とは極めて対照的なマドウ女史の番組との1位争いの行方が注目されている。

 ニールセンによると、先月のFOXの視聴率が高かった理由のひとつが、トランプ大統領の2019年一般教書演説の生中継放送だった。同局の高視聴率がトランプ大統領に直接紐づけられるならば、米大統領選が控えている来年に向けて、さらに視聴率があがる可能性が高い。大統領選に向けた各社の政治報道がそろそろ本格的に始動するが、今回はどのような報道合戦になるのだろうか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

米トランプ大統領の顔の色が、「オレンジ色に見える」と思ったことはないだろうか?アメリカでは、彼が大統領に立候補した頃から徐々にオレンジ色が濃くなっていることや、その理由を知りたがる声が継続的にトークショー番組やSNSを賑わせているが、小麦色の肌を手にいれたいのはトランプ大統領だけではないようだ。


自分の子供を愛せない子供を愛せるか

自分の子供を愛せない子供を愛せるか

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。日本よりも養子縁組や里親制度などが社会に浸透しているアメリカ。ふと見渡せば、養子や里親がいるという人も多いが……。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

米トランプ大統領の顔の色が、「オレンジ色に見える」と思ったことはないだろうか?アメリカでは、彼が大統領に立候補した頃から徐々にオレンジ色が濃くなっていることや、その理由を知りたがる声が継続的にトークショー番組やSNSを賑わせているが、小麦色の肌を手にいれたいのはトランプ大統領だけではないようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング