リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

トランプ大統領が唯一、フェイクニュースと呼ばないテレビ局としても知られる「FOXニュース・チャンネル」が、米ケーブル局の視聴率調査でCNNなどの大手局を抑えて、堂々たる1位を継続中だ。なぜ、FOXニュースはこれほど人気が高いのだろうか?


ぶっちぎりの視聴率 この人気の秘密は?

 FOXニュース・チャンネルは、米ケーブル放送局として1996年に開局したニュース専門放送局で、保守派・共和党寄りのニュース報道をすることで知られている。トランプ大統領も「FOXニュースだけは観る」、「FOXニュースだけが本物の報道局だ」等、同局を支持する発言を繰り返しており、トランプ大統領の支持者の多くが「FOXニュースしか見ない」とも言われている。

 そのFOXニュース・チャンネルが、先月の米ケーブルTVネットワークの月別の視聴率競争で1位を獲得した。しかも、32週連続で1位を独走中だ。視聴率調査のニールセン社のデータによると、先月の統計では、1日に平均して約150万人がFOXニュース・チャンネルを視聴し、プライムタイムの時間帯では1日260万人が視聴。また25歳〜54歳の年齢層の調査でも1位を獲得している。

 アメリカではケーブルTVに入らないと地上波も映らない地域が多く、必ずしもケーブル局が地上波局より視聴率が低いとは言えない。また、インターネットでニュースを見ない年配層には1日中、ケーブルTVをつけている人も多いと言われている。ケーブルTV専門のニュース局には、CNNやMSNBC(NBC局のケーブルTV版)などの大手局が他にもあるが、その中で「右寄りなのは、FOXだけ」という立ち位置が、結果として一人勝ちを生んでいるようだ。

来年の米大統領選に向けて、さらに視聴率が上がるか

 そのFOXの一人勝ちに待ったをかけようとしているのが、CNNと並んでリベラル派色が強いといわれるMSNBCだ。なかでも、リベラル派の辛口政治コメンテーター、レイチェル・マドウ女史を冠する番組「Rachel Maddow Show」は、先月ケーブル局で最も視聴率が高かった番組だった。これまで1位を継続していたFOXの人気ナンバーワン番組を率いるショーン・ハニティー氏とは極めて対照的なマドウ女史の番組との1位争いの行方が注目されている。

 ニールセンによると、先月のFOXの視聴率が高かった理由のひとつが、トランプ大統領の2019年一般教書演説の生中継放送だった。同局の高視聴率がトランプ大統領に直接紐づけられるならば、米大統領選が控えている来年に向けて、さらに視聴率があがる可能性が高い。大統領選に向けた各社の政治報道がそろそろ本格的に始動するが、今回はどのような報道合戦になるのだろうか。

この記事の寄稿者





アクセスランキング


>>総合人気ランキング