ミレニアル世代は瓶より、缶入りワインが好き?

ミレニアル世代は瓶より、缶入りワインが好き?

ワインといえば、コルク栓がついた瓶をイメージするのが一般的だが、アメリカのワイン売り場には缶ワインが増えている。高級ワイナリーで缶入りのワインを作り始めたり、スーパーマーケット・チェーンがオリジナル缶ワインを出したりと、ワイン市場に新風が吹いている。


缶入りワイン、1年で売り上げ43%増

 これまでは、その珍しさで注目されていた缶入りのワインが、アメリカのワイン市場で急成長している。2017年から2018年の1年間で43%の売り上げ増、45ミリオンドル(約5億円)の市場に拡大した。

 瓶入りのワインが主であるワイン市場の中で、缶入りワインは現状約0.2%という極小さなシェアしかないが、ニールセン社の調査によると、最も成長が著しい商品だという。

 また、フルボトルに比べて量が少なく値段も安い缶ワインなら、消費者にいろんなワインを試してもらえるというメーカー側の利点もある。ここ数年で、缶ワインを作っているメーカーは100社を超え、フランシス・コッポラなど値の張るワインも作っているワインメーカーや、トレーダージョーズなど全米規模のスーパーマーケット・チェーンも市場に参入している。米北西海岸地域最大の個人経営ワイン企業、「House Wine」では、すでに同社で生産するワインの約半分が缶入りワインにシフトした。

カジュアルなライフスタイルには缶ワインが合う

 缶ワインを支持する消費者の大多数は、ミレニアル世代だ。統計によると、この世代はビールよりもワインを好む人が多いが、年齢的に高いワインには手が出ない。そのため、375ml缶(約2.5杯分)で$5ほどでも買うことができる缶ワインが人気なのだ。

 また、瓶よりも缶入りの方が、ビーチやキャンプ、公園などにも持ち運びやすく、リサイクルもラクなので、若者たちのライフスタイルにも合う。なかでも特に缶入りが支持されている理由が、「ワインを飲んでいても、かっこつけているようには見えないこと」。バブル世代などの他世代と、ミレニアルたちのライフスタイルや価値観が大きく異なることが、缶ワインの売れ方に現れているようだ。

 瓶入りのワインでも、コルク栓ではなく、スクリューキャップの瓶に入った高級ワインも増え、ワインのパッケージ市場は明らかに変化している。缶ワインの成長はまだまだ続きそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


「限定」に弱いのは世界共通? やっぱり気になるご当地メニュー

「限定」に弱いのは世界共通? やっぱり気になるご当地メニュー

スナック菓子が好きなアメリカ人は、とにかく多い。ポテトチップスが学校給食に出るのはもちろん、ポテトチップスやトルティーヤ・チップス類を常備する家庭も多い。ドリトスなどのチーズ味やバーベキュー味のお菓子は子供だけでなく、大人のおつまみとしても人気が高い。そんなスナック菓子がハンバーガーとコラボした企画が話題だ。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者たちに大人気の電子タバコ、JUULとは?

アメリカの若者たちに大人気の電子タバコ、JUULとは?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちの間に急速に浸透したフレーバー入りの電子タバコ「JUUL」(ジュール)と、それにまつわる様々な問題について。






最新の投稿


有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

巨額の資産を持つドイツの令嬢になりすましてニューヨークの社交界に入り、高級ホテルの宿泊費やプライベートジェットのフライト代などを踏み倒して有罪判決を受けていた女性詐欺師、アナ・ソロキン。今月、同被告に4~12年の禁固刑が言い渡されたことで再び法廷での彼女の服装や、他の女性被告たちの服装に注目が集まった。


今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング