アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


政治情勢がファッションにも影響するアメリカ

 トランプ政権下のアメリカで、懐かしのタイダイ柄(絞り染)が“Myself”(自分自身)を表現する自由のシンボルとしてカムバックの兆しを見せている。

 ベトナム戦争下の1960年代のアメリカでは、ヒッピー文化が大流行し、まるでユニフォームであるかのようにヒッピーたちは、「タイダイ柄」のTシャツを着ていたものだ。当時は自由や個人を表現するカウンターカルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、右派政策を強く押し出しているトランプ政権下で、再び流行り出した。

 R13デニムの創始者クリス・レバ氏は Harper’s Bazaarのインタビューにて「平和を主張するタイダイ柄は、保守派へのプロテスト(抗議)としての見方もできる」と語っている。さらに同氏は、「60年代の反保守・学生運動が起こったニクソン大統領政権下の時代の背景と、トランプ政権の今が似たような状況である」とし、トランプ政権下では女性や移民、LGBTQコミュニティーの人々が自らの権利のために戦っていると話している。

 このトレンドは単に反政治体制だけではなく、アメリカの女優たちが「プロテストを表す黒いドレス」を着て2018年のゴールデングローブのレッドカーペットを歩いた影響で流行った“黒”を身に着けることでプロテストをするというブームや、#Metoo運動へのリアクションでもあるという。

 黒や暗い色の服を着るのがメッセージだと皆がんばっていたが、ニューヨークに本社があるトレンド傾向を予測する WSGN catwalks のディレクター、リジー ・ボウリングによると、「世論は極端から極端へと変わりやすい。自分が伝えたいメッセージのために黒ばかりを着続けられない」と、Business Insiderに語っている

低価格なファスト・ファッションもタイダイ柄を発売

 また、このトレンドは、大量生産で低価格なファスト・ファッションへの「反逆」としても捉えられるようだ。アメリカ国内では「環境を破壊しない生活を送ること」、「環境保全に対する意識が年々高くなっていること」などから、今までよりも中古品やリサイクル品、洋服やバッグなどのファッション・アイテムをレンタルするサービスが増える方向に進みつつある。

 皮肉にも、そういう非難の対象にもされているZARAやH&Mなどのファスト・ファッション大手メーカーも、今季はタイダイ柄の服を打ち出している。インテリア業界も、今年は“色”(カラフルなもの)が来ると明言している人たちが多い。政治情勢が荒れているアメリカだが、それに伴ってファッション・トレンドも荒れそうな雰囲気だ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?


それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は「ハウジング・ブーム」、つまり不動産ブームに沸く南部における、驚きの家の探し方をご紹介しよう。


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?


全米にじわじわと広がる「食べられるスプーン」ムーブメント

全米にじわじわと広がる「食べられるスプーン」ムーブメント

「食べられるスプーン」がアメリカで人気が出始めている。環境保護の観点から、プラスチック・ストローの使用を違法とする州なども増え、食にまつわる常識が変わりゆくアメリカ。食べられるスプーンは時代のニーズ的にも合っているようだ。






最新の投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、政敵トランプ大統領に対し国税庁を使って追い詰めようとしている民主党のやり方について、保守派の見解を披露する。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング