アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


政治情勢がファッションにも影響するアメリカ

 トランプ政権下のアメリカで、懐かしのタイダイ柄(絞り染)が“Myself”(自分自身)を表現する自由のシンボルとしてカムバックの兆しを見せている。

 ベトナム戦争下の1960年代のアメリカでは、ヒッピー文化が大流行し、まるでユニフォームであるかのようにヒッピーたちは、「タイダイ柄」のTシャツを着ていたものだ。当時は自由や個人を表現するカウンターカルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、右派政策を強く押し出しているトランプ政権下で、再び流行り出した。

 R13デニムの創始者クリス・レバ氏は Harper’s Bazaarのインタビューにて「平和を主張するタイダイ柄は、保守派へのプロテスト(抗議)としての見方もできる」と語っている。さらに同氏は、「60年代の反保守・学生運動が起こったニクソン大統領政権下の時代の背景と、トランプ政権の今が似たような状況である」とし、トランプ政権下では女性や移民、LGBTQコミュニティーの人々が自らの権利のために戦っていると話している。

 このトレンドは単に反政治体制だけではなく、アメリカの女優たちが「プロテストを表す黒いドレス」を着て2018年のゴールデングローブのレッドカーペットを歩いた影響で流行った“黒”を身に着けることでプロテストをするというブームや、#Metoo運動へのリアクションでもあるという。

 黒や暗い色の服を着るのがメッセージだと皆がんばっていたが、ニューヨークに本社があるトレンド傾向を予測する WSGN catwalks のディレクター、リジー ・ボウリングによると、「世論は極端から極端へと変わりやすい。自分が伝えたいメッセージのために黒ばかりを着続けられない」と、Business Insiderに語っている

低価格なファスト・ファッションもタイダイ柄を発売

 また、このトレンドは、大量生産で低価格なファスト・ファッションへの「反逆」としても捉えられるようだ。アメリカ国内では「環境を破壊しない生活を送ること」、「環境保全に対する意識が年々高くなっていること」などから、今までよりも中古品やリサイクル品、洋服やバッグなどのファッション・アイテムをレンタルするサービスが増える方向に進みつつある。

 皮肉にも、そういう非難の対象にもされているZARAやH&Mなどのファスト・ファッション大手メーカーも、今季はタイダイ柄の服を打ち出している。インテリア業界も、今年は“色”(カラフルなもの)が来ると明言している人たちが多い。政治情勢が荒れているアメリカだが、それに伴ってファッション・トレンドも荒れそうな雰囲気だ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、アメリカ中が注目する「スーパー・チューズデー」の「何がそんなにスーパーなのか?」について。


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。


「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

アメリカ西海岸にはリベラルな州が集中しているが、なかでもワシントン州は圧倒的にリベラル派が多く住む土地だ。同州在住で、トランプ大統領と共和党の政策にまっこうから反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤が「トランプを支持しない人たちの声」をお届けする。今回は声を上げずに隠れている共和党の政治家たちについて。


MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

米マサチューセッツ工科大学(MIT)傘下の名門研究所MITメディアラボの所長を務めていた伊藤穣一氏が、少女への性的虐待疑惑で起訴された刑務所で自殺した米富豪ジェフリー・エプスタイン氏との関係を表す証拠メールが公表された直後、メディアラボ所長を辞任した。






最新の投稿


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領による渡航禁止令で混乱するアメリカ、事前警告がなかったと困惑するEUの件などについて。


12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。星座が織りなす神秘のメッセージが、あなたを幸せへと導きます!


スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、アメリカ中が注目する「スーパー・チューズデー」の「何がそんなにスーパーなのか?」について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング