ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


ミレニアル世代がアメリカを変えていく?

 「アメリカ人は子供の頃から自立心が強い」という印象があるかも知れないが、実際には日本の子供の方が、ある意味で自立している。日本では子供だけで行動している様子を目にすることは珍しくないだろうが、アメリカではそうした光景を見るのは稀だ。例えば保護者なしに公園で児童を遊ばせていた親が通報されてしまうことも頻繁に起きるほど、子供は社会のものだと考えられている。筆者の住むワシントン州では、児童を乗せた停止中のスクールバスを追い越した車には罰金419ドルが課される可能性がある(アメリカでは通学用のバスを追い越すことは、子供の安全を守るために法律違反とされる)。つまり、アメリカでは未来を担う子供の安全対策と法律が密に連携しているのだ。

 こうした背景から、アメリカの子供には意外にも自由が少ないと指摘する海外からの声がニューヨーク・タイムズ紙にも届くほどであり、「伸び伸びと育った自立心が強いアメリカの子供たち」というイメージは過去のものになりつつある。

 とはいっても、こうした環境で育ち、時代の変化をあらわず代表と言われるミレニアル世代は、自分の権利を強く主張して従来の型にはまらない世代としても知られている。LGBTQ や #MeToo ムーブメントを始め、平等や多様性を当たり前のように理解し、インターネットと共に育った彼らはSNSを利用して、社会的な課題を世界中に拡める役割を担った世代とも言うことができるだろう。

ミレニアル世代で社会主義が人気?

 しかし近年、彼らの間で興味深い動きが起きている。ミレニアル世代が資本主義よりも社会主義に傾倒しているというのである。個人の自由を享受する彼らが、自由とは対照的な社会主義になぜ興味を示しているのだろう?

 資本主義のシステムを信頼できないという彼らは、単一支払者制度の国民皆保険、公立大学の学費無償化などを支持する「デモクラティック・ソーシャリズム(社会民主主義)」に好感を寄せているのだ。最近では社会主義色の濃いミレニアル世代の米下院議員が何かと物議を醸している。

 そんな彼らのことを責任転嫁や、あらゆる制度からの保護に慣れすぎた世代と批判する声もある。しかし、来年の米大統領選に向けて、そんな批判をものともせず、あらゆる情報の拡散に長けたミレニアル世代が今後さらに自己主張していく機会は増えていきそうだ。

この記事の寄稿者

東京都出身。インターナショナル・スクール、日本での普通教育を経て、1992年に渡米。シアトルで写真や美術史などを学んだのち、ニューヨーク州ロングアイランド大学で社会科学を専攻。在学中にはジプシー女性の社会的立場、低所得層のインド女性の人権などに関する研究に力を入れた。大学卒業後は日系新聞社、大手IT企業などで専任翻訳、ビジネス・コーディネーターを務め、その後、独立。現在はシアトルで翻訳家として活動を続けている。得意分野はテクノロジー関連の翻訳。趣味は写真、読書など幅広く、音楽はクラッシックや80年代までのパンク、ヒップホップやトリップホップ、初期のレスター・ヤングなどを好む。

関連する投稿


手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

デジタル化が普及してからは、手書きで手紙やカードを書く機会が明らかに減ってきた。しかし、その「手書きの特別感」に気づいたミレニアル世代たちの間で、いくつかの便利なアプリが人気を博している。


火蓋を切った米大統領選挙、リベラルと保守は共存できるか

火蓋を切った米大統領選挙、リベラルと保守は共存できるか

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。引っ越しが決まった。首都D.C.のすぐ横、バージニア州だ。先日、家探しで久しぶりに東海岸に戻って感じたアメリカの希望とは。


【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領が来年11月に予定されている次期大統領選への立候補を正式表明したことについて。


フェイスブックに政治観を明記するか否か

フェイスブックに政治観を明記するか否か

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。フェイスブックのプロフィール・ページの基本データの中にある「政治観」という欄。ここに「保守派」と堂々と書ける人とは?


他人と会話が続かない人が増えている?

他人と会話が続かない人が増えている?

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は、ユーザーの質問に答えるAI 搭載の電子機器がアメリカの日常生活に浸透する一方で、他人と会話のキャッチボールができない人が増えていることについて。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング