「限定」に弱いのは世界共通? やっぱり気になるご当地メニュー

「限定」に弱いのは世界共通? やっぱり気になるご当地メニュー

スナック菓子が好きなアメリカ人は、とにかく多い。ポテトチップスが学校給食に出るのはもちろん、ポテトチップスやトルティーヤ・チップス類を常備する家庭も多い。ドリトスなどのチーズ味やバーベキュー味のお菓子は子供だけでなく、大人のおつまみとしても人気が高い。そんなスナック菓子がハンバーガーとコラボした企画が話題だ。


スナック菓子が大好きなアメリカンが待ち望んだ商品とは?

 1948年にアメリカで誕生し、現在では日本を含め、世界40カ国以上で販売されている人気スナック菓子「チートス」(Cheetos)。袋に手を突っ込んで食べると、指先がオレンジ色になってしまうパウダー・チーズの味が強烈な、アメリカでは大人気のスナック菓子だ。

 メキシカン系ファストフード・チェーンの「Taco Bell」(タコベル)では、そのスナック菓子「チートス」を、ブリトーやタコスに挟んだ商品を開発。これらは定番メニューに組み込まれるほどの人気を呼んだ。また、大手チェーンの「バーガーキング」でも、アメリカのソウルフードともいわれるマカロニ&チーズにチートスの粉をかけた「Mac n’ Cheetos」を販売し、大当たりした。その人気振りを見たKFC(ケンタッキー・フライドチキン)は、先日「チートス・チキンバーガー」($4.79、約500円)という商品を販売。スナック菓子が大好きなアメリカ人たちの注目を集めたが、この商品はノースカロライナ州、バージニア州、ジョージア州内の一部の店舗でしか購入不可能な限定商品(ケンタッキー州発祥のKFC「ケンタッキー・フライドチキン」が、なぜケンタッキー州では新メニューの試験運用を行わないのかは気になるところだ)。しかも、今月24日までの期間限定販売だったこともあり、多くのファンが残念がった。しかし市場の反応が良かったため、アメリカ全土の店舗で新メニューとして登場する可能性があると噂されている。

期間限定やご当地ものが受けるのは日本だけではない

 日本のファストフードは、アメリカの同じ企業のものとは味が異なることが多い。例えば、日本のマクドナルドでフライドポテトを食べたアメリカ人が「日本のマクドナルドのポテトは、なんでこんなに美味しいのか?」と歓喜の声を上げたという話をよく耳にするが、これは揚げ油の違いだとか、材料が日本のジャガイモだからと言われている。日本のマクドナルドの定番メニューである「テリヤキ・マックバーガー」は、アメリカの同社のメニューにはない日本マクドナルドのオリジナル・メニューで、海外からの旅行者が喜ぶ「ご当地メニュー」としても知られている。

 マクドナルドは、アメリカ国内でもご当地メニューを出している。たとえばアラスカ州では同州が誇る北米最高峰の山、デナリ山(旧:マッキンリー山)にちなんで、ビッグマックより分厚いクォーターパウンドのパティを二枚挟んだ「デナリ・バーガー」があったり、今秋に期間限定で販売される「マック・リブ」などはすでに宣伝が開始されている。

 スターバックス社も、日本では桜や抹茶関連メニューのドリンクがご当地もの人気を誇っているだけでなく、アメリカでも期間限定の夏のユニコーン・フラペチーノや秋のパンプキン・ラテなどを出しているので、「限定」といわれる商品が好きなのは日本もアメリカも同様だ。次回のアメリカ旅行の際には、アメリカならではの限定メニューにチャレンジしてみたらどうだろう?

この記事の寄稿者

関連する投稿


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。


キワモノ・アイスクリーム対決! ホットドッグが調味料には負けられない!

キワモノ・アイスクリーム対決! ホットドッグが調味料には負けられない!

アメリカ人はアイスクリームが好きだ。子供たちだけでなく、ティーンエイジャーも大人も高齢者も、食後のデザートやおやつにアイスクリームを食べる。だからと言って、ホットドッグ味やマスタード味のアイスクリームをわざわざ食べたいと思う人がいるのだろうか?


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング