今どきのファッションはレンタルが主流!?

今どきのファッションはレンタルが主流!?

アメリカではオンライン・ショッピングが主流となり、名門デパートや専門店が惜しまれながらもその看板を下ろすケースが増えている。それでも景気が良いと言われるアメリカで、突如として頭角を現したショッピング・トレンドが、「レンタル」だ。流行のデザインや色の移り変わりが速いファッション分野に合うこのトレンドが今後の主流となるのか?


アメリカの「レンタル・ブーム」に有名ブランドも参入

 世界中の若者を魅了した「H&M」などに代表されるファスト・ファッションは、毎日のように新しく入荷されるデザインの服を安価で入手でき、飽きたら捨てるという気軽さが受けた。しかし、そのファスト・ファッションのブランドを脅かす新ショッピング・トレンドが「レンタル」だ。

 アメリカでは最近、「レンタルすること」がブーム化している。たとえば先日、ユニコーン・ステイタス(非上場のスタートアップ企業で10億ドル以上の価値ある企業)を達成した「Rent the runway社」は、2009年にウエディングやフォーマル・ドレスのレンタル会社として旗揚げした企業だ。フォーマル着だけでなく、オフィスなどでも着用できるデザイナーズ・ブランドの服もレンタルできる会費制(サブスクリプション・スタイル)事業をオンラインで開始したところ、新たにFranklin Templeton社やBain Capital社などの機関投資家らから$125ミリオン(約125億円)の投資が集まった。それまでの投資額を含めると$337ミリオン(約337億円)、企業価値も$1 ビリオン(約1000億円)まであがり、がぜん注目を集めている。同社CEOのジェニファー・ヘイマン氏はニューヨークタイムス紙に、「レンタル業界のアマゾン・プライムを目指す」と話し、ファッション・アイテムだけでなく、若い世代に人気の家具ブランド「West Elm」と提携して家具のレンタル事業も拡大させるそうだ。

若者たちのファッションに対する価値観の変化

 先日の記事「アメリカでタイダイ柄がカムバック」でも触れているが、アメリカの若者たちのファッションに対する見方や価値感が変わりつつある。例えばソーシャルメディアを中心に名を馳せ、億万長者にもなれてしまうインフルエンサーと呼ばれる若者たちの多くは、ハイエンドのブランドを愛用している。そんなインフルエンサーたちを見ている若者たちは、自分も彼らと同じような高額な服やバッグを身に付けたいと当然思う。しかし「借金してでもブランドを持つ」という選択を、今の若者はすることはない。値段的に手が出なければ、高額なアイテムはレンタルすればいいからだ。彼らは身の丈を知っているし、合理的だともいえる。レンタルならば高級品を身につけて出かけることも、写真を撮ってSNSに投稿することもできるだろう。まさに今の若者たちのニーズにマッチしたサービスだ。

 このレンタル・ブームにいち早く目をつけたのは、ファスト・ファッションの「アメリカン・イーグル」。彼らは最近、1カ月$49.95(約5000円)の会費制で同社の服のレンタル・サービスを立ち上げたばかりだ。ほかにも多くのブランドがレンタルの準備を進めているらしく、トレンドが進むことは間違いなさそうだ。ファッション業界で以前から語られているように、ついにファスト・ファッションの終焉がおとずれたのだろうか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?


それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は「ハウジング・ブーム」、つまり不動産ブームに沸く南部における、驚きの家の探し方をご紹介しよう。


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?


全米にじわじわと広がる「食べられるスプーン」ムーブメント

全米にじわじわと広がる「食べられるスプーン」ムーブメント

「食べられるスプーン」がアメリカで人気が出始めている。環境保護の観点から、プラスチック・ストローの使用を違法とする州なども増え、食にまつわる常識が変わりゆくアメリカ。食べられるスプーンは時代のニーズ的にも合っているようだ。






最新の投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、政敵トランプ大統領に対し国税庁を使って追い詰めようとしている民主党のやり方について、保守派の見解を披露する。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング