今どきのファッションはレンタルが主流!?

今どきのファッションはレンタルが主流!?

アメリカではオンライン・ショッピングが主流となり、名門デパートや専門店が惜しまれながらもその看板を下ろすケースが増えている。それでも景気が良いと言われるアメリカで、突如として頭角を現したショッピング・トレンドが、「レンタル」だ。流行のデザインや色の移り変わりが速いファッション分野に合うこのトレンドが今後の主流となるのか?


アメリカの「レンタル・ブーム」に有名ブランドも参入

 世界中の若者を魅了した「H&M」などに代表されるファスト・ファッションは、毎日のように新しく入荷されるデザインの服を安価で入手でき、飽きたら捨てるという気軽さが受けた。しかし、そのファスト・ファッションのブランドを脅かす新ショッピング・トレンドが「レンタル」だ。

 アメリカでは最近、「レンタルすること」がブーム化している。たとえば先日、ユニコーン・ステイタス(非上場のスタートアップ企業で10億ドル以上の価値ある企業)を達成した「Rent the runway社」は、2009年にウエディングやフォーマル・ドレスのレンタル会社として旗揚げした企業だ。フォーマル着だけでなく、オフィスなどでも着用できるデザイナーズ・ブランドの服もレンタルできる会費制(サブスクリプション・スタイル)事業をオンラインで開始したところ、新たにFranklin Templeton社やBain Capital社などの機関投資家らから$125ミリオン(約125億円)の投資が集まった。それまでの投資額を含めると$337ミリオン(約337億円)、企業価値も$1 ビリオン(約1000億円)まであがり、がぜん注目を集めている。同社CEOのジェニファー・ヘイマン氏はニューヨークタイムス紙に、「レンタル業界のアマゾン・プライムを目指す」と話し、ファッション・アイテムだけでなく、若い世代に人気の家具ブランド「West Elm」と提携して家具のレンタル事業も拡大させるそうだ。

若者たちのファッションに対する価値観の変化

 先日の記事「アメリカでタイダイ柄がカムバック」でも触れているが、アメリカの若者たちのファッションに対する見方や価値感が変わりつつある。例えばソーシャルメディアを中心に名を馳せ、億万長者にもなれてしまうインフルエンサーと呼ばれる若者たちの多くは、ハイエンドのブランドを愛用している。そんなインフルエンサーたちを見ている若者たちは、自分も彼らと同じような高額な服やバッグを身に付けたいと当然思う。しかし「借金してでもブランドを持つ」という選択を、今の若者はすることはない。値段的に手が出なければ、高額なアイテムはレンタルすればいいからだ。彼らは身の丈を知っているし、合理的だともいえる。レンタルならば高級品を身につけて出かけることも、写真を撮ってSNSに投稿することもできるだろう。まさに今の若者たちのニーズにマッチしたサービスだ。

 このレンタル・ブームにいち早く目をつけたのは、ファスト・ファッションの「アメリカン・イーグル」。彼らは最近、1カ月$49.95(約5000円)の会費制で同社の服のレンタル・サービスを立ち上げたばかりだ。ほかにも多くのブランドがレンタルの準備を進めているらしく、トレンドが進むことは間違いなさそうだ。ファッション業界で以前から語られているように、ついにファスト・ファッションの終焉がおとずれたのだろうか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。


アメリカのデキるビジネスウーマンはスーツを着ない

アメリカのデキるビジネスウーマンはスーツを着ない

これまでアメリカでは、ビジネスにおける女性たちの服装はスーツ・スタイルが主流で、「パワー・スーツ」という言葉が浸透していた。それが近頃では、企業のトップに立つような女性たちはスーツではなく、ワンピースを好む傾向が高くなっているという。


MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

米マサチューセッツ工科大学(MIT)傘下の名門研究所MITメディアラボの所長を務めていた伊藤穣一氏が、少女への性的虐待疑惑で起訴された刑務所で自殺した米富豪ジェフリー・エプスタイン氏との関係を表す証拠メールが公表された直後、メディアラボ所長を辞任した。


アメリカで電子タバコ製品が買えなくなる? サンフランシスコで規制

アメリカで電子タバコ製品が買えなくなる? サンフランシスコで規制

日本でも需要が高まる電子タバコ。アメリカでは、電子タバコは若い世代、特にティーンエイジャーたちの間で圧倒的に支持されている。そんな中、未成年者をニコチン中毒から守るために、カリフォルニア州のサンフランシスコ市が先月、電子タバコの販売を禁止する法案を可決した。


こんなに違う! アメリカの「就活」常識

こんなに違う! アメリカの「就活」常識

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届け。今回は日本とは異なる、アメリカの「就活」の常識について。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング