ディズニーの21世紀フォックス買収が完了

ディズニーの21世紀フォックス買収が完了

ウォルト・ディズニー社が映像業界大手の21世紀フォックス社との合併交渉を締結、約7兆9,000億円を支払ったことが業界最大の変化の到来だと話題を呼んでいる。この買収により、ディズニー社は大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」などを持つ21世紀フォックスをはじめ、人気映画の権利や、Foxアニメーションの映画部門やテレビ部門も獲得した。


交渉開始時より2兆円以上値上がりしたが……

 今月21日(現地時間20日)、ウォルト・ディズニー社が21世紀フォックス(以下Fox社)の買収を終了させた。これによりディズニーは大人気映画「ボヘミアン・ラプロディ」などで知られる21世紀フォックス、「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」などのFox 2000ピクチャーズ、フォックス・サーチライトの3会社およびFoxアニメーションの映画部門や「ザ・シンプソンズ」などを持つテレビ部門などを獲得した。

 映像コンテンツが一気に増えたディズニー社だが、Fox社への交渉を開始した15カ月前よりも、結果的に約20ビリオン・ドル(2兆円強)も値上がりした71.3ビリオン・ドル(約7兆9,000億円)を同社に支払った。これほど高額な金額を払ってでもディズニーがFOXを欲しがった理由は、今後の展開にはコンテンツがいくらあっても足りない事情があるからだ。

ストリーミング・ビジネスは万年コンテンツ不足

 ディズニー社は今年の下半期に独自のコンテンツ・ストリーミングサービス「Disney+」を立ち上げる準備を進めており、傘下Lucasfilmによる「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ作品や、同じく傘下Marvel Studiosのシリーズなどを独占配信する予定である。今回の買収により、このDisney+のラインナップがより充実するのは確実だ。Fox傘下にあったストリーミング・ビジネスのリーディング・ブランドのひとつ「Hulu」も、同社の所有権をディズニーが入手したことで、ディズニーが60%のシェアを持つことになった。これにより同業界に大きな変化が生まれるとみられている。

 この買収は、関連企業の雇用者にも大きな影響を与えている。フォックス・ニュース、フォックス・ブロードキャスト・ネットワーク、フォックス・スポーツを含むフォックスのニュース・スポーツ部門は、新会社としてスピンアウトを決定。これにより4000人超が解雇される見込みで、この大型合併に伴う大勢の従業員のリストラの行方も話題になっている。

参考記事
https://www.adweek.com/tv-video/disney-completes-its-71-3-billion-purchase-of-fox-massively-transforming-the-industry/

この記事の寄稿者

関連する投稿


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?


それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は「ハウジング・ブーム」、つまり不動産ブームに沸く南部における、驚きの家の探し方をご紹介しよう。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

毎度お騒がせのドナルド・トランプ大統領が、「彼とディナーを一緒に食べたい人」を募集している。来年の大統領選挙での再選に備えたPR活動の一環だ。公式HPで応募がスタートされるや否や、ネット上は大騒ぎになっている。


国境警備員の仕事は子守じゃない! 民主党が招いた不法移民激増の危機

国境警備員の仕事は子守じゃない! 民主党が招いた不法移民激増の危機

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回はメキシコ国境があるテキサス州の住人だからこそ見える国境警備隊と不法移民たちの日常と、保守派は不法移民の激増をどう見ているのかについて。


デートを盛り上げる小道具が定期的に送られてくる宅配とは?

デートを盛り上げる小道具が定期的に送られてくる宅配とは?

「デートがマンネリ化している…」と思ってはいても、毎回、次のデートのアイデアを考えて、その準備をする時間が作れる人は、そう多くはないだろう。そんな悩みを抱えるアメリカのカップルたちに代わって、次回のデートを盛り上げる企画を考え、それに伴うグッズを宅配してくれる変わったサービスがある。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング