トランプ大統領の自伝の共著者、「自己破壊的言動のルーツはトランプの過去にある」

トランプ大統領の自伝の共著者、「自己破壊的言動のルーツはトランプの過去にある」


 トニー・シュワルツ氏は、ベストセラーとなったトランプ現大統領の最初の本『The Art of the Deal』の共著者だ。シュワルツ氏はコンサルティング会社、エネルギー・プロジェクトの創設者兼CEOで、1980年代に同本の執筆のため1年近くトランプ大統領に密着取材をした。その取材中、トランプ現大統領の言動を 間近で見聞したシュワルツ氏は『ワシントン・ポスト』紙への寄稿で、「FBI長官を突然クビにしたり、ロシアの役人に国家的な機密情報を話してしまうトランプの言動には驚かない」と、現大統領と過ごした経験からなる感想をまとめた。
 シュワルツ氏は、トランプ現大統領にとって人生は、勝者になるか負け犬になるかの生存競争でしかなく、小学生になった頃には既にこうした価値観を身につけており、「そこで成長が止まっている」と総括。莫大な金額を喪失した自身のビジネスも、トランプ現大統領は当時、それを「素晴らしい成功だった」と話していた。トランプ大統領の背景を暴露する記事に対して、RedとBlueはそれぞれどう応じるか?

参考『The Washington Post』
元記事「I wrote ‘The Art of the Deal’ with Trump. His self-sabotage is rooted in his past」
https://www.washingtonpost.com/posteverything/wp/2017/05/16/i-wrote-the-art-of-the-deal-with-trump-his-self-sabotage-is-rooted-in-his-past/


ひとりのジャーナリストが心理学者を装い、アメリカの大統領を分析
「Journalist pretends he is a psychologist and analyzes the President of the United States.」

 心理学者としてのトニー・シュワルツ氏の見解には全く価値がない。それは、なぜか? 
 そもそも彼は訓練を受けた心理学者ではないからだ。在籍していたミシガン大学でも、彼は心理学調査の入門クラスさえ受けたことがないと、賭けてもいい。この無名のジャーナリストは、『ニューヨーク・ポスト』誌のコラムニストとして目覚ましい活動を始める前に、ようやくアメリカ研究で学士号を取得している。
 公平に言えば、確かに彼は『The Art of the Deal』をドナルド・トランプ氏と共著しているし、大統領に対する彼自身の好き嫌いについて意見を述べる権利はある。しかし、『ワシントン・ポスト』紙に掲載した同記事は、シュワルツ氏が現職アメリカ大統領の人格の本質と行動動機に対して、うがった評価をする資格があるかのように受け取れる。これはトランプ氏の心理状態や人の行動動機に対する無学な憶測と、トランプ氏の人物像に対するシュワルツ氏の強い思い込みに過ぎない(彼が大統領を好きではないことは公表されている)。

 つまり、このリベラルなジャーナリストは、単に「ドナルド・トランプという人物が好きではない」ということだ。リベラル派のそのような発言には、今さら驚かないが。


喋るだけなら金はかからないが、核兵器はそうはいかない
「Talk is Cheap. Nuclear Weapons Are Not.」

 ある人物に近い人が、その人の秘密をメディアに暴露するのは褒められることではない。しかし、その秘密がアメリカの核兵器をコントロールする人物に関わるものであり、その人物がその仕事における能力不足で、危険な状態であることを示唆する場合には、礼節を重んじるには及ばない。
 トランプ大統領の著書『The Art of the Deal』のライターであるシュワルツ氏は、トランプ氏がアメリカ大統領候補になったことを知った時に、ライターとしてよい仕事をし過ぎてしまったと感じたのだろう。1987年にベストセラーとなった同書では、トランプ氏がカリスマ的なディール・メーカーとして描かれている。しかもトランプは当時メディアに、この本は自分がひとりで書いたと得意げに語っている。
 2016年にトランプ氏が共和党の大統領候補になった時、トランプ氏と1年も一緒に過ごしたシュワルツ氏は、同書は事実に対して「豚に口紅を塗っている(華美し過ぎている意)」ことを公にしなければならない必要性に駆られた。『ニューヨーカー』誌のインタビューで、「今なら、この本の題名を何にするか」と聞かれた同氏は、「ソシオパス(社会病質者)」と答えている。

記事トピックスは過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

この記事の寄稿者

関連する投稿


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


南部では、トランプ大統領は嫌われていない

南部では、トランプ大統領は嫌われていない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、長年アメリカを二分する「人工妊娠中絶手術問題」を、南部在住の著者が一般人目線で、ご近所さんの意見をまとめてみた。


【Red vs Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

【Red vs Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。先日、人気司会者のオプラ・ウィンフリーがゴールデン・グローブ賞で披露した感動的なスピーチが全米の話題をさらったが……?


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、不法移民の親に連れられてアメリカに渡り、アメリカで育った子供たち「ドリーマーズ」に対する保守派の意見






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング