トランプ大統領のゴルフ仲間はどんな人たちなのか?

トランプ大統領のゴルフ仲間はどんな人たちなのか?

安倍首相とゴルフをしながら会合をしたトランプ大統領のゴルフ好きは世界的にも知られているが、大統領就任から2年少々の間に174回もゴルフをしていることがニュースになっている。どんな人たちとコースを回っているのだろうか?


自分の所有するゴルフ・コースに1日2度行くことも

 米NBC放送によると、トランプ大統領は就任以来すでに分かっているだけでも174回もゴルフ・コースを回っているらしい。ホワイトハウスのすぐそばにある自身が所有するゴルフ・コースを使用することが多いようだが、所有するコースは各地にある故、遊説先や出張先などでも回っており、ときには1日2回、回ることもあるという。トランプ大統領の顔の色がオレンジ色なのは、高級日焼けブースに通った結果ではなく、ゴルフ焼けなのかもしれないが、もちろんホワイトハウスはそんなことを公表しないので実際のところは分からない。

トランプ大統領がゴルフをした人たちの一部を公開

 日本人にとって最初に名前が挙がるのが日本の安倍晋三首相だろう。有名アスリートでは、NFLの元名クォーターバックであるペイトン・マニングや現役クォーターバックのカーク・カズンズ、ゴルフ界のレジェンド、ジャック・ニクラス、プロゴルファーのタイガー・ウッズとダスティン・ジョンソン、メジャーリーグヤンキースの元選手ポール・オニール、そして大統領選挙の際にトランプを応援したミュージシャンのキッド・ロックなどが、同大統領とゴルフを楽しんでいる

 また、トランプ大統領が唯一「フェイクニュース」だと言わないトランプ支持のメディア、FOXニュースのブレット・ベイヤーとショーン・ハニティー、政治家では元ニューヨーク市長でトランプ大統領の顧問弁護士、ルドルフ・ジュリアーニや、サウスカロライナ州選出のリンゼー・グラム上院議員、ジョージア州選出のデビッド・パーデュー上院議員、ケンタッキー州選出のランド・ポール上院議員(共和党)らが誘われて一緒にプレーしているようだ。

 安倍首相が訪問したことがあるトランプ大統領のフロリダの別荘「マール・ア・ラーゴ」の近くにある、アメリカ沿岸警備隊の管区に所属する隊員たちとも大統領はゴルフを楽しんだことがあるそうだ。多くの人たちと大統領が交流を図るのは結構なことかもしれないが、今年2月に発表された報告書(a new Government Accountability Office (GAO) report )によると、それを問題視する声が上がることも否めない。何と2017年2月3日〜3月5日の約1カ月間にトランプ大統領が「マール・ア・ラーゴ」へ4回も行き、その警備などのコストが$13.6ミリオン(約15億円)もかかっているというのだ。国民の税金を使って、自身が所有するリゾートの別荘に毎週のように行くことも、あのオレンジ色の顔の理由かもしれないとするならば、それは歓迎される行為とは必ずしも言いにくいだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカ史上最大規模の大学入試スキャンダル

アメリカ史上最大規模の大学入試スキャンダル

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。先月12日に明らかにされたアメリカの複数の名門大学への不正入学に絡む贈収賄事件。この事件の問題のひとつとされる「レガシー・プログラム」に関する記事は当サイトでも既に公開しているが、アメリカのこの現状に物申すリベラル派アメリカ人ライターは、これはトランプ大統領のせいだと言う。その根拠はいかに?


トランプを嫌い過ぎて、常軌を逸した米大手メディアたち

トランプを嫌い過ぎて、常軌を逸した米大手メディアたち

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ政権が嫌い過ぎた故に、「自作自演でヘイト・クライムの被害者を演じた、リベラル派の俳優」が起こした事件について。


リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

トランプ大統領が唯一、フェイクニュースと呼ばないテレビ局としても知られる「FOXニュース・チャンネル」が、米ケーブル局の視聴率調査でCNNなどの大手局を抑えて、堂々たる1位を継続中だ。なぜ、FOXニュースはこれほど人気が高いのだろうか?


トランプ大統領、保守派も唖然としたタブー発言で人気高騰

トランプ大統領、保守派も唖然としたタブー発言で人気高騰

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ポリティカル・コレクトネスに反するとして、歴代の米大統領たちが「演説や発言では使わなかった三文字」をトランプ大統領が頻繁に使うことについて。


賛否両論? ユニバーサル・スタジオのおならショー

賛否両論? ユニバーサル・スタジオのおならショー

フロリダのユニバーサル・スタジオで、ちょっと下品なショーが物議を醸している。問題になっているのは、ドリームワークスの人気アニメーション『トロールス』のトロールたちのダンスショー。日本でも人気のアニメだが、小さな子供を持つ親たちは少々困惑しているようだ。






最新の投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、政敵トランプ大統領に対し国税庁を使って追い詰めようとしている民主党のやり方について、保守派の見解を披露する。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング