テックなガジェットで糖尿病を改善

テックなガジェットで糖尿病を改善

人口の推定7.2%が糖尿病を患っているといわれるアメリカで、自宅で簡単に血糖値をチェックできるガジェットが販売され、注目を集めている。開発会社のビジネス・スローガンは「日々のチェックで、アメリカの糖尿病人口を減らそう!」というものだ。さて、その商品とは?


iPhoneで簡単、血糖値チェック

 アメリカ疾病予防管理センターが昨年発表したデータ『Statistics About Diabetes』によると、アメリカには現在、推定で2,310万人の糖尿病患者がいるとされている。これは全人口のおよそ7.2%。しかも、患者数は年々増加の傾向にある。

 糖尿病は言うまでもなく、健康な食生活や生活習慣を心がけることで「予防」することが大切だ。そして、すでに疾患がある人にとっては、血糖値を健全な状態に近づけ、それを維持することが最も重要だと言われている。血糖値の測定は病院で行うのが一般的で、場合によっては専用の機材を購入して自分で測る方法を選ぶ人もいるが、ニューヨークに拠点を置くDarioHealth(ダリオヘルス)社が開発した血糖値を調べるガジェットは、iPhoneのアプリに接続するだけという、他に類を見ない手軽さがウケ、評判も上々らしい。このガジェットを紹介した映像はこちら。

利用するにはオーディオ・ジャックに差し込むだけ

 ガジェットはポケットサイズで持ち運びも簡単。ガジェット自体を充電する必要はないし、ケーブルなどに接続する必要もない。iPhoneのオーディオ・ジャックに接続するスタイルになっており、ケースについた針で少量の血液をカートリッジに採取した後ガジェットに差し込めば、6秒で結果が出る仕組みだ。

しかも、ガジェット自体は無料。専用アプリを定期サブスクリプション(定期購入)するビジネスモデルでサービス展開している。変え針とカートリッジなどの消耗品は別料金で、それらが含まれていないプランであれば、1カ月のサービス料はわずか25ドルからだ。

 日本では、糖尿病の推計が4,5年毎に行われており、前回行われた2016年の調査では、糖尿病が疑われる成人の推計が1,000万人を超えたことが大きな話題になった。全世界的に増加傾向にある糖尿病だが、日本でも他人事では済まされない問題だろう。こうした手軽なガジェットの普及で、糖尿病人口が減るきっかけが出来るのは、どの国にとっても望ましいことかもしれない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


アメリカにピクルス・ブーム到来? ピクルスで挟むサンドイッチ登場

アメリカにピクルス・ブーム到来? ピクルスで挟むサンドイッチ登場

当サイトでも「どうやら今年のアメリカのトレンドはピクルスらしい」とお伝えしてきたが、それを裏付けるような面白いサンドイッチが登場した。パンの代わりのピクルスに具を挟んだサンドイッチだ。これまでは添え物にすぎなかったピクルスが、最近やけに存在感を増している。


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?


「使用済みのティッシュペーパー」を高額で販売?!

「使用済みのティッシュペーパー」を高額で販売?!

他人が使用したティッシュペーパーなど、触りたくもないと思う方が一般的な気がするが、米ロサンゼルスに、それを高値で販売している会社がある。なぜ、そんなものが売られているのだろう? そもそも、誰がわざわざ他人が使用したティッシュペーパーを購入するのだろうか?


アメリカで大ヒット中の「Kombucha」、アルコール入りも登場

アメリカで大ヒット中の「Kombucha」、アルコール入りも登場

アメリカ、特に西海岸のヘルスコンシャスな人たちの間で「コンブチャ」が流行り始めて既に数年が経つが、いよいよ本格的な「コンブチャ・ブーム」が到来。 一般のスーパーマーケットの棚にも様々なコンブチャ・ドリンクのボトルが並ぶようになり、今もっとも成長が速い商品と言われている。そんな中、なんとアルコール入りのコンブチャまで登場した。






最新の投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、政敵トランプ大統領に対し国税庁を使って追い詰めようとしている民主党のやり方について、保守派の見解を披露する。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング