成功への選択「ラブの時間です!」2019年4月5日~4月11日

成功への選択「ラブの時間です!」2019年4月5日~4月11日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


質問を読み、2つの選択肢からあなたのインスピレーションに近い回答を選んでください。あなたがビジネスで成功するためのヒントをアドバイスします。

質問

一生に一度、燃えるような恋をするなら、次のどちらを経験したい?

1)異国の地で経験する3日間だけの秘めた恋
2)周囲の反対や逆行など、成就するまでに長く困難を強いられるようなドラマチックな恋

開運を運ぶ格言

Love does not dominate; it cultivates
愛は何をも支配しない、愛は育てるもの
            Goethe(ゲーテ)

4月5日~4月11日の週のキーワード

 4月5日の牡羊座の新月で始まる今週は、1にも2にも、愛について考えたい一週間になりそうです。この愛は、子供への愛や家族愛ではなく、恋愛・情愛等に限定されます。仕事に忙しくて、「浮かれた気持ちになる暇がない」という人でも一歩踏みとどまり、人生を時に彩り、あなたを狂わすこともある「愛」の意味について、見つめ直してみると良いでしょう。愛はあなたを語る重要な物語の一部でもあります。その物語は終わってしまったものかもしれないし、これから始まるものなのかもしれません。しかし、それがどんなものであっても、今週は少しだけ「愛」に向けて思考を逃避行させることは、すべての物事をプラスに運ぶためにも必要になるでしょう。

選択肢1:「異国の地で経験する3日間だけの秘めた恋」を選んだあなたへ

 今週のあなたの日常は、きわめて穏やかに流れていきそうです。時間にもゆとりが生まれ、たとえ忙しくとも気持ちに余裕が生まれるでしょう。そんなあなたに今週ご縁のある人は、古い友人。特に、希薄になってしまった縁を復活させることが、あなたの人生に大きな幸運を呼ぶきっかけになりそうです。ソーシャルメディアなどを使って、名前だけは覚えているけれど、連絡が途絶えてしまった学生時代の友人などを探してみると良いかもしれません。以前住んでいた街をブラブラしてみるのも吉。懐かしい思い出そのものが、あなたにプラスを運んでくれるでしょう。

選択肢2:「周囲の反対や逆行など、成就するまでに長く困難を強いられるようなドラマチックな恋」を選んだあなたへ

 今週はスケジュールに少しアップダウンがありそうです。予定が狂って瞬きもできないほど忙しくなることもあれば、予定が突然なくなってボーっとしてしまうというようなことも。こうした時は、その時の状況に流されてしまいがちですが、忙しい時にはゆっくりとお茶を、予定が飛んでしまった時には用事がなくても外出をという具合に、今週はあえて目の前の状況に「逆行」した行動をとってみましょう。早寝早起きすることも、今週の開運ポイント。朝はいつもより1時間早く起きて、遠回りして仕事に向かうと、心躍るような良いことが起こるかも知れません。

この記事の寄稿者

運命鑑定士の家系に生まれ、幼少期より算命学、数秘術、占星術などを学ぶ。米国ロサンゼルス在住。大学を卒業後、両親の顧客であった著名人の運命鑑定を引き継いだことをきっかけに依頼が増え、現在は長期契約の顧客のみを鑑定しながら、シンボル・アートの制作に力を入れている。日本にも住んでいたことがある。

関連するキーワード


ビジネス 開運 占い

関連する投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?


成功への選択「エイプリール・フール」2019年3月29日~4月4日

成功への選択「エイプリール・フール」2019年3月29日~4月4日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?






最新の投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、政敵トランプ大統領に対し国税庁を使って追い詰めようとしている民主党のやり方について、保守派の見解を披露する。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング