テキサス人はなぜハーバード大学を嫌うのか?

テキサス人はなぜハーバード大学を嫌うのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派で知られる有名女優らを含む金持ちの親たちが、自分の子供をハーバードやイェールなどの有名大学に裏口入学させていたことが判明して逮捕された件について。


裏口入学がまかり通る米上層社会

 先月12日、有名女優二人を含む約34人の金持ちが、子どもをスタンフォード大学、イェール大学、ハーバード大学、南カリフォルニア大学、ジョージタウン大学などの有名大学に裏口入学させた容疑で逮捕された。

 裏口入学を斡旋したウィリアム・リック・シンガーという男に親たちが支払った総額は約2,500万ドル。シンガーは大学のスポーツ・コーチや職員を買収し、全くスポーツの経験のない子どもを一流選手だと偽ったり、大学進学適性試験の点数に何百点も上乗せするなどの手段を講じて約40人の高校生を一流大学に裏口入学させた。特に、この二人の女優がかねてから、富の再分配とアファーマティヴ・アクション(入学入社・昇進などでの少数派優遇政策)を支持し、トランプと共和党が推進する能力主義を批判していたことと、逮捕された親の多くが民主党政治家へ多額の献金をしていたことも手伝って、テキサス州でもこのスキャンダルは大きな話題になっている。

 しかし、テキサス人はこのスキャンダルよりも、むしろ合法的裏口入学システムと言っても過言ではない「レガシー・プログラム」や「大口寄付者優遇制度」の方が大きな問題だと思っている。後者は、文字通り「大口の寄付をしてくれる富豪や政治家の子どもを優先的に入学させる制度」で、今、話題になっているのは南カリフォルニア大学に7,000万ドルも寄付したミュージシャン、Dr. Dreの娘が同大学に入学した例だろう。

 レガシー・プログラムとは卒業生の子孫を優先的に入学させるシステムで、MITやカリフォルニア工科大学など、ごく一部の大学を除く有名大学のほとんどが実施している。公平な入学制度を求める非営利団体の調査によると、「親が卒業生である入学希望者の合格率は、そうではない志願者の合格率の5倍以上」で、「大学進学適性試験の点数に換算すると160点を上乗せしたのと同じ計算になる」という結果が出ている。

リベラル派と讃えられる有名大学が裏口入学を受け入れている現実

 ハーバード大学のアジア人応募者差別(アジア人の数を抑えるために人格審査でアジア人に低い点数をつけ、黒人とヒスパニックに高い点数を与えている)は、今まさに最高裁で討議されている最中だが、人種的な多様性を重視するリベラル・エリートの総本山であるハーバード大学の学生の約3割はレガシー・プログラムの入学者で、彼らの9割は上流階級の白人だ。

 ハーバード大学のローレンス・トライブ教授やキャス・サンスタイン教授(オバマ政権のアドバイザー)、ハーバード卒のオバマ夫妻やサマンサ・パワー(サンスタイン夫人、オバマ政権の国連大使)が、相続税を上げて農場や牧場が子孫に受け継がれることを阻止し、富の再分配を目指していたことも忘れてはならない。彼らは、農場や牧場でこつこつと働いた祖先が開拓した土地を、子孫に相続させることには大反対しているが、ハーバード大学の入学権という計り知れない富を子孫に受け継がせることには何の疑問も抱いていないようだ。

 テキサス人には、努力して好成績を収めた人間が報われるという能力主義の社会こそが真に平等な社会だと信じている人が多い。そのため、レガシー・プログラムという合法的な裏口入学を平然と実施しているハーバードの偽善に我慢ならないのである。

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、政敵トランプ大統領に対し国税庁を使って追い詰めようとしている民主党のやり方について、保守派の見解を披露する。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

【Red vs. Blue】あのシェル石油がパリ協定を支持! 米国のロビー支援をやめると発表

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は世界的な大企業のシェル石油が気候変動抑制を支持し、長年の米国でのロビー活動をやめると発表したことについて。


アメリカ史上最大規模の大学入試スキャンダル

アメリカ史上最大規模の大学入試スキャンダル

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。先月12日に明らかにされたアメリカの複数の名門大学への不正入学に絡む贈収賄事件。この事件の問題のひとつとされる「レガシー・プログラム」に関する記事は当サイトでも既に公開しているが、アメリカのこの現状に物申すリベラル派アメリカ人ライターは、これはトランプ大統領のせいだと言う。その根拠はいかに?






最新の投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、政敵トランプ大統領に対し国税庁を使って追い詰めようとしている民主党のやり方について、保守派の見解を披露する。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング