あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?


ミートなしのバーガー名は「インポッシブル・ワッパー」

 バーガーキングといえは、大きなハンバーガー“ワッパー(Whopper)”が有名だが、同社はそのワッパーの大きなビーフパテの代わりに、植物原料で作ったパテを挟んだ「インポッシブル・ワッパー」の販売を試験的に開始した。

 米西海岸シリコンバレーにあるインポッシブル・フーズ社と共同開発したこの植物原料のパテは、まるで本物の肉のような味わいがあると宣伝されており、こんがりとグリルされたパテは他のワッパー同様、レタス、トマト、オニオン、ピクルス、マヨネーズ、ケチャップがトッピングされて、ゴマ入りパンに挟んで提供されているという。この「インポッシブル・ワッパー」は、現在はセントルイス地域にある約60店舗のみでのテスト販売中だが、全米の店舗のメニューに加わることになれば、約17,000店舗で肉なしのハンバーガーが販売されることになる。

肉なしバーガーの流れは世界中に広がりつつある

 今回バーガーキングと組んだインポッシブル・フーズ社の競合のビヨンド・ミート社や、当サイトでも以前紹介したジャスト社などは、すでにアメリカで植物を原料にしてハンバーガーを販売している。アメリカではビーフに限らず、豚や鶏などの食肉の生産環境が悪いところが多いことや、食肉生産が環境に悪影響を及ぼすとの声が日に日に高まっていることもあり、肉なしハンバーガーをメニューに加える動きは、今後ファストフード業界で加速すると見られている。世界中でビジネスを展開するマクドナルド社も、大豆を使ったハンバーガーの開発を続けていることは、よく知られた話でもある。

 これまでファストフードのハンバーガーは、健康食というイメージから最も遠いため、4月1日に発表された同社のこのニュースは多くの人が「エイプリルフールの冗談」だと思ったそうだ。しかし、ファストフード店でも環境と健康に対応するメニューを加えなければならない流れになったことは間違いなさそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


「タコベル」づくしの高級ホテルでタコス三昧のバケーション

「タコベル」づくしの高級ホテルでタコス三昧のバケーション

日本にも進出している米ファストフード・チェーン「タコベル(Taco Bell)」。メキシカン・フードを代表するタコスを手軽な価格で販売する同チェーンが、カリフォルニア州にこの夏、タコベルをテーマにした高級ホテルをオープンするという。ファストフード・チェーンがプロデュースする高級ホテルとは、一体どんなホテルなのだろう?


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

「甘いドーナツとコーヒー」の組み合わせは、アメリカの定番朝食メニューのひとつ。しかし最近のヘルシー志向の影響を受け、ドーナツ屋でさえも、ドーナツ以外の異なるメニュー開発に力を注いでいる。世界展開をするドーナツ・チェーン、「ダンキン・ドーナツ」でも、健康的な「ブレックファスト・ボウル」なるメニューを開始して話題を呼んでいる。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年6月14日~20日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

毎度お騒がせのドナルド・トランプ大統領が、「彼とディナーを一緒に食べたい人」を募集している。来年の大統領選挙での再選に備えたPR活動の一環だ。公式HPで応募がスタートされるや否や、ネット上は大騒ぎになっている。


国境警備員の仕事は子守じゃない! 民主党が招いた不法移民激増の危機

国境警備員の仕事は子守じゃない! 民主党が招いた不法移民激増の危機

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回はメキシコ国境があるテキサス州の住人だからこそ見える国境警備隊と不法移民たちの日常と、保守派は不法移民の激増をどう見ているのかについて。


デートを盛り上げる小道具が定期的に送られてくる宅配とは?

デートを盛り上げる小道具が定期的に送られてくる宅配とは?

「デートがマンネリ化している…」と思ってはいても、毎回、次のデートのアイデアを考えて、その準備をする時間が作れる人は、そう多くはないだろう。そんな悩みを抱えるアメリカのカップルたちに代わって、次回のデートを盛り上げる企画を考え、それに伴うグッズを宅配してくれる変わったサービスがある。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング