成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?


「心のまま」でいることが問われる時代に

 2019年は、最初から特別な1年です。木星に入った射手座の影響が色濃く出る今年は、「真の自分」や「なぜ自分は生まれてきたのか」など、あなたが人生の根本に向き合うように押し進めます。あるべき自分を卒業して、あるがままでいたいという欲求や、ずっと胸に秘めていた何かを形にしたいと行動に出たくなるのが、今年の特徴です。

 そのような中で変わる元号は、とても特別な意味を持つことになるでしょう。西洋式ホロスコープの動きを見ても、数秘的にみても、今後、時代は物質的な豊かさよりも、精神的な豊かさを価値の中心に置く人が急増する時代に変化していきます。

 「令和」は日本語から英語に訳すと「Beautiful Harmony(美しい調和)」となることを、日本の外務省が発表しましたが、これはまるでこれからの時代を表すような意味と言えるでしょう。「令和」という元号は、まさに時代に選ばれたものであると言ってよいと思います。

 今までは地位やお金などが幸せの尺度になった時代でしたが、これから私たちが目指さねばならないのは、心の平安です。そして、その心の平安を得るために必要なことこそが家族、友人、地域や社会とのつながり、そして自分自身が無理せず「心のまま」であることです。こうした価値観の変化は緩やかに訪れるのではなく、かなりスピーディーに今年いっぱいかけて進んでいくはず。一気に世の中の様子が変わって行く――そんな時代の激変を、私たちは目の当たりにして行くでしょう。

元号が変わる前後は、少し気を引き締めて!

 ただし、ここ数か月間は少しだけ注意が必要になることもあります。特にこの4月は、「平成」から「令和」への移行期間。日本に限らず、1000年ごとにやってくる時代の節目や、国王や王朝が変わる前後というのは、それまでの時代が抱えた問題が最後の膿出しのように表に出る場合が多いものです。これは日本の場合だけが例外ではないはずなので、少しだけ心の準備をしておきましょう。

 新元号のお祝いムードに水を差すかもしれませんが、たとえ何か驚くようなことが起こったとしても、「出来る限り平常心を失わず、日々を過ごす」ということを大事にしましょう。

 4月25日に冥王星が第二室で逆行を始めますが、この逆行からしばらくの間は、特に注意が必要になります。世界的に自然災害が猛威を振るうようなこともあるかもしれませんし、今まで「取り繕って何とか凌いできた」というような問題を抱える個人や企業は、その取り繕いがしきれずに一気に何かが崩壊してしまうこともありそうです。また、5月19日の満月前後にも、驚きを隠せないような、世の中の見方が変わってしまうような何かが起こる可能性もあります。

 もしも、あなたの手の平から何かがこぼれていくことを見送らねばならないことが起こっても、それには何らかのプラスにつながる意味があります。これから先は、「心の時代」。あらゆる出来事に対する意味付けも、あなたの心のあり方次第であることを忘れないでいてください。

この記事の寄稿者

運命鑑定士の家系に生まれ、幼少期より算命学、数秘術、占星術などを学ぶ。米国ロサンゼルス在住。大学を卒業後、両親の顧客であった著名人の運命鑑定を引き継いだことをきっかけに依頼が増え、現在は長期契約の顧客のみを鑑定しながら、シンボル・アートの制作に力を入れている。日本にも住んでいたことがある。

関連する投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は「ハウジング・ブーム」、つまり不動産ブームに沸く南部における、驚きの家の探し方をご紹介しよう。


成功への選択「ラブの時間です!」2019年4月5日~4月11日

成功への選択「ラブの時間です!」2019年4月5日~4月11日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?






最新の投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、政敵トランプ大統領に対し国税庁を使って追い詰めようとしている民主党のやり方について、保守派の見解を披露する。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング