やっぱり強い、日本のキャラクター

やっぱり強い、日本のキャラクター

世界に日本が誇れるものの一つは、何といってもアニメのキャラクターだろう。アニメ好きは万国共通で、アメリカでもコミックマーケット「コミケ」は花盛りだが、このコミケを彩るのも日本生まれのキャラクターのオンパレードだ。中でも日本が生んだ史上最強のキャラクターと言えば、やはりあの二頭身キャラクターたちだろう……


ポケモンの実写版、5月に全米公開へ

 知らない人は皆無と言って良い日本生まれのキャラクターの代表は、何といってもポケットモンスターだろう。アメリカにポケモンが上陸したのは1996年。すでに20年近く経つというのに、その人気は衰えることを知らない。そんなポケモンが、この5月に実写版として公開される。製作段階からかなりの話題を呼んでいるが、黄色い可愛らしい二頭身キャラは、実写版でも健在だ。全米公開は5月10日金曜日。タイトルは“POKÉMON Detective Pikachu”だ。話題騒然のトレイラーはこちら。

大行列のハロー・キティーカフェ

 同じく日本生まれのキャラクターで、世界的スーパースターにまで上り詰めたのは、キティちゃんことハロー・キティだろう。大人から子供まで、年齢問わず大人気のこのキャラクターだが、カリフォルニア州のアーバイン市に昨年10月に全米一号店としてオープンした「Hello Kitty Cafe」は、週末ともなると長蛇の列が出来るほどの大人気だ。アメリカは早ければ6月上旬から夏休みが始まる学校も多く、全米中からキティ・ファンが押し寄せることも予測されており、同店ではそんな夏休み商戦と顧客対応への準備に追われていること間違いなしといったところだろう。

 サンリオらしいポップでキュートな内装は細部までこだわりが見られ、「トイレまでインスタグラム映えする」という話題ぶり。子供も大喜びだろうが、このカフェには予約客限定のサロンスペース「Bow Room」という隠れ家的な部屋があり、昼間はアフタヌーンティー、夜は21歳以上の顧客対象のカクテルを楽しめるバーになるのだ。

 全米、いや世界中を虜にしている日本生まれの2つのキャラクター。どちらも「二頭身キャラ」だが、アメリカで人気のあるキャラクターを見ていると、どうも「二頭身」、あるいは「極端に頭が大きい」ということがヒットの要因のようだ。かのディズニーでさえ、キャラクターグッズとして販売しているおもちゃの人気商品、ドアラブル(Doorables)シリーズ、アニメーターシリーズなどは、ずばりこの要素に当てはまる。キャラクター絡みで全米を狙う商品開発するのであれば、しばらくこの傾向を意識すると良いかもしれない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。Netflixが発表した新作の子供向けアニメシリーズ『Super Drags』が、波紋を呼んでいる。その驚愕の内容とは?






最新の投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

国税庁を味方にトランプ大統領を窮地に追い込む民主党

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、政敵トランプ大統領に対し国税庁を使って追い詰めようとしている民主党のやり方について、保守派の見解を披露する。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング