人気記事一覧


シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

海に投棄されたプラスチック製のゴミによる環境汚染が大きな問題となるなか、米西海岸ワシントン州シアトル市が7月1日より、市内のすべての飲食店で使い捨てのプラスチック製ストローとプラスチック製スプーンやフォークなどの提供を禁止する措置に踏み切った。


シリコンバレー・エンジニアって、どんな人たち?

シリコンバレー・エンジニアって、どんな人たち?


空への夢の始まり 最終回 — とうとう旅客機のパイロットに!

空への夢の始まり 最終回 — とうとう旅客機のパイロットに!

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の著者が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』の最終回。何年も教官として働きながらも旅客機のパイロットとして勤務する夢を諦めず、念願の夢を手にいれた道のりとは?


いらないものは何でもお金に変える! アメリカ・不用品処分トリビア

いらないものは何でもお金に変える! アメリカ・不用品処分トリビア

アメリカ人は総じて商魂たくましい。「売れるものは何でも売る」のはアメリカで生活する人間の鉄則だ。では、どんな方法で不用品をお金に変えるのか? 今日はアメリカの不要品処理の仕方に迫ってみよう!





経営者たちがテキサスを好む陰の理由

経営者たちがテキサスを好む陰の理由


アメリカの食卓を通して考える、日本の食文化の素晴らしさ

アメリカの食卓を通して考える、日本の食文化の素晴らしさ

オーガニックワインや野菜の生産で有名なシアトル近郊、Woodinville。その街を代表する農場「21エーカース」の料理人、サリバン夫妻が語るサステイナブルな食とは? 『地球に優しく世界を食べよう!』。「アメリカの食」は多様性に富んでいる。それを通して見える「日本の食文化」の素晴らしさとは、何であろうか?



アメリカの性病感染数は1億1千万

アメリカの性病感染数は1億1千万


スピーチが上手いアメリカ人たち

スピーチが上手いアメリカ人たち


南部では、トランプ大統領は嫌われていない

南部では、トランプ大統領は嫌われていない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、長年アメリカを二分する「人工妊娠中絶手術問題」を、南部在住の著者が一般人目線で、ご近所さんの意見をまとめてみた。


【Red vs. Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

【Red vs. Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回はニューヨークで「最も予約が取れないレストラン」に名前が挙がる高級寿司店の日本人オーナーシェフの発言について。


空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。アメリカの大学で航空学などを学びながら、フライト・スクールで実技を学ぶ生活にも慣れて来た頃、その日は突然やってきた。


通訳者が悲鳴 トランプ大統領の演説は直訳できない

通訳者が悲鳴 トランプ大統領の演説は直訳できない

引用元『Trump in translation: president's mangled language stumps interpreters』:https://www.theguardian.com/us-news/2017/jun/06/trump-translation-interpreters



大人の社会科見学!アメリカ省庁探訪

大人の社会科見学!アメリカ省庁探訪

 アメリカの政府関連施設は、一般に内部を公開している機関も少なくない。施設見学に加えて、その機関ならではの「不思議なお土産」に出会えるのも魅力のひとつだ。その一部を紹介しよう。


人種差別を作り出す真犯人とは?

人種差別を作り出す真犯人とは?


空への夢の始まり12――いよいよ空へ! 初めての体験操縦

空への夢の始まり12――いよいよ空へ! 初めての体験操縦

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。待ちに待った体験飛行。初めて本物の飛行機を操縦することに。そこで感じたのは喜びだったのか、恐怖だったのか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング