ビジネス

ビジネス

日本にはあり得ないような珍ビジネスから、世界や業界を先取りする新しいビジネスに至るまで、知っておきたいアメリカのビジネス情報をお届けする

ビジネスに関連するキーワード

日本企業 地方経済 業界(IT業界、飲食業界、他 企業 ビジネス 新サービス ビジネス・スキル
>>ビジネスに関連するキーワード一覧

ビジネスの記事一覧

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

米ヘルシー朝食トレンド旋風に乗るダンキン・ドーナツ

「甘いドーナツとコーヒー」の組み合わせは、アメリカの定番朝食メニューのひとつ。しかし最近のヘルシー志向の影響を受け、ドーナツ屋でさえも、ドーナツ以外の異なるメニュー開発に力を注いでいる。世界展開をするドーナツ・チェーン、「ダンキン・ドーナツ」でも、健康的な「ブレックファスト・ボウル」なるメニューを開始して話題を呼んでいる。


「吸血鬼フェイシャル」施術を受けてHIV感染が明らかに

「吸血鬼フェイシャル」施術を受けてHIV感染が明らかに

数年前に有名タレントがその美容効果を絶賛したことから話題になった「バンパイア・フェイシャル」。まるで吸血鬼のように顔を血塗れにする美容フェイシャルの施術がHIVなどの血液感染症を生む可能性を指摘されていたが、調査の結果、この施術を受けた女性2名がHIVウイルスに感染していたことが判明し、美容業界に不安が拡がっている。


米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

米FDAが警鐘 豊胸手術でリンパ癌になる確率高まる

整形大国のアメリカにおいて、「整形したい部位の手術ランキング」のトップに君臨する豊胸手術。年に約40万人ものアメリカ人が豊胸手術を受けている中、米食品医薬品局(FDA)が、人口乳房の埋め込み手術を受けた人が珍しい癌にかかる割合が高いと注意を換気する公聴会を開き、患者や整形外科業界を中心に波紋を呼んでいる。


死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

死んだら肥料になる? ホラーな法案がワシントン州で成立間近

アメリカには不思議な法律がいろいろ存在するが、ワシントン州で思わず首をかしげたくなるような「ホラーな法案」が承認され、この5月1日から施行されようとしている。かなり気味が悪い法律の全貌とは?


再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

再生紙はもはや常識? 環境に優しいファストフード

アメリカのファストフード企業の多くは、このところ環境配慮を全面に押し出したマーケティングを行っている。環境配慮の一環としてパッケージに再生紙を利用し、プラスチック・ストローを廃止し、パッケージのリサイクルなどを行うだけでなく、商品を包むパッケージの全てを「堆肥化可能なもの」にしたという企業も現れた。


ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

ストリーミング市場を制する米ネットフリックス、加入者数が歴代最大

世界最大の動画ストリーミング配信企業、米ネットフリックスが、今年の第1四半期の業績を発表し、加入者数は前年同期比8%増で歴代最大の1億4,890万人だと明らかにした。アップルとディズニーの参入で競争が激化するストリーミング市場で今後の伸び悩みが懸念される同社だが、他社との差別化で躍進を続ける構えだ。


米最大手スーパーのウォルマートが、ドリュー・バリモアと提携

米最大手スーパーのウォルマートが、ドリュー・バリモアと提携

世界最大手のスーパーマーケット、ウォルマート社が、これまでの同社のイメージを向上する戦略に力を入れている。アメリカでは同社のコアファンである客層そのものが同店のイメージとして定着している感が強いが、これまで店に足を運ばなかった客層を取り込むべく、有名女優がデザインするインテリア・ラインを立ち上げるなど新展開を開始した。


寝るのが好きな人、集まれ? NASAが不思議なバイトを募集して実験中

寝るのが好きな人、集まれ? NASAが不思議なバイトを募集して実験中

四六時中ベッドで寝転がりたい人にとっては、夢のようなアルバイトをNASAが募集した。最短60日、最長70日の短期バイトだ。以前にも募集したことがあるというこの仕事、今回は24人の人が集まった。あなたなら応募したいだろうか?


ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ニューヨークの名物、ベーグル。リング状の形をしたこの固めのパンは文化の一部なんだと言えるほど、ニューヨーカーのベーグルに対する想いは熱い。そんなニューヨークで、セントルイスの出身者がニューヨークとは異なるベーグルの食べ方を自信満々に紹介したツイートが炎上。単なる「ベーグルの切り方の違い」なのだが、まだ騒ぎは収まらないようだ。


やっぱり強い、日本のキャラクター

やっぱり強い、日本のキャラクター

世界に日本が誇れるものの一つは、何といってもアニメのキャラクターだろう。アニメ好きは万国共通で、アメリカでもコミックマーケット「コミケ」は花盛りだが、このコミケを彩るのも日本生まれのキャラクターのオンパレードだ。中でも日本が生んだ史上最強のキャラクターと言えば、やはりあの二頭身キャラクターたちだろう……


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?


全米にじわじわと広がる「食べられるスプーン」ムーブメント

全米にじわじわと広がる「食べられるスプーン」ムーブメント

「食べられるスプーン」がアメリカで人気が出始めている。環境保護の観点から、プラスチック・ストローの使用を違法とする州なども増え、食にまつわる常識が変わりゆくアメリカ。食べられるスプーンは時代のニーズ的にも合っているようだ。


トランプ大統領のゴルフ仲間はどんな人たちなのか?

トランプ大統領のゴルフ仲間はどんな人たちなのか?

安倍首相とゴルフをしながら会合をしたトランプ大統領のゴルフ好きは世界的にも知られているが、大統領就任から2年少々の間に174回もゴルフをしていることがニュースになっている。どんな人たちとコースを回っているのだろうか?


ディズニーの21世紀フォックス買収が完了

ディズニーの21世紀フォックス買収が完了

ウォルト・ディズニー社が映像業界大手の21世紀フォックス社との合併交渉を締結、約7兆9,000億円を支払ったことが業界最大の変化の到来だと話題を呼んでいる。この買収により、ディズニー社は大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」などを持つ21世紀フォックスをはじめ、人気映画の権利や、Foxアニメーションの映画部門やテレビ部門も獲得した。


「限定」に弱いのは世界共通? やっぱり気になるご当地メニュー

「限定」に弱いのは世界共通? やっぱり気になるご当地メニュー

スナック菓子が好きなアメリカ人は、とにかく多い。ポテトチップスが学校給食に出るのはもちろん、ポテトチップスやトルティーヤ・チップス類を常備する家庭も多い。ドリトスなどのチーズ味やバーベキュー味のお菓子は子供だけでなく、大人のおつまみとしても人気が高い。そんなスナック菓子がハンバーガーとコラボした企画が話題だ。


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


ミレニアル世代は瓶より、缶入りワインが好き?

ミレニアル世代は瓶より、缶入りワインが好き?

ワインといえば、コルク栓がついた瓶をイメージするのが一般的だが、アメリカのワイン売り場には缶ワインが増えている。高級ワイナリーで缶入りのワインを作り始めたり、スーパーマーケット・チェーンがオリジナル缶ワインを出したりと、ワイン市場に新風が吹いている。


アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はアマゾン・ドットコム社が、ニューヨークに第2本社を建設する計画を突然取りやめると発表した件について、リベラル派の意見を述べる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング