住宅事情に関する記事


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(2)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(2)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第2回目は、新築よりも中古物件の方が人気ある理由を解説しよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回から3回連続で、アメリカで家を買いたい方や、不動産投資を考えている方々にも参考になる「アメリカでの家探し」について解説しよう。


アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

米アップル社が、本社のあるカリフォルニア州の住宅供給危機の緩和に向け、25億ドル(日本円で約2,700億円)という巨額の資金を拠出することを発表した。同州では企業家や大企業従事者とそうでない人たちとの収入の格差が拡大し、それ以外にも様々な要因が重なって、これまで長年住んでいた家のローンやアパートの家賃が払えない人が続出。ホームレスも増加している。


アメリカで家を新築するのはなかなか大変

アメリカで家を新築するのはなかなか大変

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は長年住んだアーカンソー州から、同じく南部のケンタッキー州へ引っ越した話。


アマゾン・ドットコムで家が買える時代に

アマゾン・ドットコムで家が買える時代に

アメリカン・ドリームと聞いて多くの人がイメージするのは、「広い庭やプールがついた大きな家」。しかし時代の流れと共にこうした考え方は変わりつつあり、「必要最低限のものがあれば生活できる。家も小さい方が良い」と考える人がアメリカでも増えつつある。そんな時代の変化を象徴するのが、アマゾン・ドットコムで売られている家かもしれない。


それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

それって不法侵入では?! アメリカでの驚きの家探し

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は「ハウジング・ブーム」、つまり不動産ブームに沸く南部における、驚きの家の探し方をご紹介しよう。


アメリカでは月収がいくらあれば一軒家が借りられるのか?

アメリカでは月収がいくらあれば一軒家が借りられるのか?

アメリカの大都市では不動産が年々高騰し、ニューヨークやサンフランシスコのような大都市では一軒家の家賃は驚くほど高額になった。とはいえ、50州ある広大なアメリカでは各州の物価が大幅に異なるため、「こんな金額の家賃を払えるのか?」と驚愕する州もあれば、「これなら払えそう」というような州もある。各州の平均家賃の現状とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング